2014年インタビュー

サプリを活用して合格した先輩たちの
合格体験記から、受験に役立つヒントが
きっと見つかります。

※ こちらは、スタディサプリの前身である「受験サプリ」を活用した人の記事です。
※ インタビュー当時の内容をそのまま掲載しています。最新のサービス内容とは一部異なる場合がございます。

憧れのスイスに行きたい。
大阪大学だけを受験して見事合格!

弘田 朱樹子 さん
出身:大阪府 大手前高校

大阪大学
外国語学部

合格した学校

  • 併願校なし

弘田先輩の、合格までの道のり

  • 4〜6月

    有数の進学校。でも合格までは程遠く

    中学の頃、大阪市の交換留学生に選ばれスイスで2週間ほどホームステイした影響で将来スイスに関わる仕事がしたいと考えるようになりました。そのためにドイツ語を学びたかったのですが、そうなると関西だと必然的に大阪大学の外国語学科へ行く必要があり、第一志望を決めました。しかし苦手科目は数学で、得意科目の国語も伸び悩んでいました。これではいけないと思い色々な予備校なども探しましたが、塾はかなりお金がかかりそうでしたし、何より自分に合わない気がしていました。そんな中、母から勧められた高3の春から受験サプリを始めてみることにしたんです。

  • 7〜9月

    オープンキャンパスに参加してモチベーションMAX!

    夏休みになってから大阪大学のオープンキャンパスに参加してみたら、自分が目指している大学をよく知ることができたのでモチベーションがかなり高まりました!この頃は受験サプリだけで受験勉強をすることにしていて、英語、世界史、現代文、数学の4科目を1日1講座のペースで受講していました。すると夏頃には学校の試験で文系トップ10に入るほど成績がアップして、その後の勉強もとても順調に進みました。やればやった分だけしっかり成績が伸びてきたので、モチベーションもかなり上がってきて嬉しかったのを覚えています。

  • 10〜2月

    悩んだ末に、大阪大学外国語学科一本に。

    10月からは国語の論述と阪大英語を強化するため塾に併用して通うことにしました。成績的にも阪大は見えてきたものの、センターが近づくとやはり不安になり、私立も含め志望校を広げようかと悩みました。ただ関西ではドイツ語が学べる学校が少なかったこともあり、阪大1本で勝負することに。今思うとかなりの決断でしたね(笑)おかげでセンター試験は緊張でガチガチになってしまい、結果も予想と違う難問が多くて思うように解けず、終わった後はかなり落ち込みました。たまたま全体の平均点も低かったので救われ、二次試験のどの科目で何点を取ればいいかを綿密に計算して勉強し、念願の大阪大学外国語学科へ合格することができました。

弘田先輩の受験サプリ
必勝活用法

オススメ講座

英文法(関先生)

もともと英語は得意でしたが、文法となるとあやふやな点が多かったり、感覚値になってしまったりしていました。受験サプリの講義で良かったのは、暗記ではなく文法を論理的に理解できたことで、いい意味で暗記の負荷が減ったこと。英語の得点が高いレベルで安定したのは関先生のおかげでした。

受験サプリのここが好き!

講義動画の倍速再生機能

受験サプリは、講義がわかりやすいところが一番好きでした。そして定着してきた知識を倍速機能でスピーディーに復習でき、自分のペースやそのときの学習状況に合わせて効率よく使いこなせるところが便利だなと感じました。おまけに何度も再生できるので、聞き逃しても安心ですしね。

得意な英語はさらに伸び、数学は苦手意識がなくなりました

英語は不得意な科目ではなかったのですが、英文法については感覚的に理解しているだけで本当の力はついていない。これでは成績は伸びないという自覚があったので、受験サプリではまず英文法の授業を受講。曖昧だった構文がシンプルに理解できたのですっとと頭に入り、英語力の土台を固めることができました。そして苦手な数学も受験サプリを利用し、授業が面白いので苦手意識そのものがなくなり、数学に前向きになれました。高3の前半には英語、世界史、現代文、数学の4科目の理解力をアップさせるために活用し、受験が近づくと、理解があやふやなところを、倍速で聞くなどしてとことん復習をしていました。

塾と受験サプリ、志望校の特徴に合わせて併用しました

阪大の外国語学科はやはり英語の入試レベルがとても高いため、秋からは受験サプリと併用して塾に通うことにしました。受験サプリにも慶應英語や早稲田英語など難易度の高い英語講義はあるのですが、阪大の英語は独特でさらに長い英語を読みこなさないといけないのです。そこで、阪大英語コースを持つ塾を選び、それ以外を受験サプリに頼る形で受験勉強を進めていきました。センター前にも過去問を利用したり。なかなか点数が上がらなかった世界史を何度も見るなりして、時々に受験サプリを使いながら、勉強のリズムを作っていった感じです。

「阪大を目指す人が2名、増えました!」の情報でモチベーションアップ!

勉強以外の場面では、受験サプリから送られてくる同じ大学を目指す人の情報もチェックしていましたね。「阪大を目指す人が2人増えました!」というメッセージが届くと、「いかん、もっと頑張らねば!」とモチベーションを高めていました。受験サプリには志望校の情報もあるので大学についての情報収集も一緒にやれたので良い気分転換になりました。やっぱりライバルがいるんだと思うと怠けていられない!と思えるので良かったですね。

受験生のみんなへ
応援メッセージ

計画を立てたら、後はひたすらやるだけ!

受験を成功させるには、早い段階で、いかにしっかりと計画を立てられるかが大切だと思いました。私の場合、高校に入った頃から母にエクセルを教わり、定期テストの時から勉強のスケジュールをつくっていました。横軸に科目、縦軸に日程を置き、マス目の中に、こなしていくテキストや演習などを記入していきます。それを遠目で見ると、科目毎にこなす勉強量の違いが見えてくるので、再調整をしたりする。
こうして、しっかり計画表ができたら後はひたすらこなす。この習慣は、受験のときにも活きて、何月までに何をどれだけやるか計画がしっかり出来ていれば後で不安になることなく勉強を進めていくことができます。面倒なのは最初だけなので、ぜひ試してみてください。

まずは無料ではじめてみよう!

14日間無料で、
4万本以上の授業動画を受講いただけます。