2018年 合格体験記

  • 近畿大学 経営学部

    商学科

    大阪府立かわち野高等学校 卒業

    菅 洋人 さん

  • 大阪府立かわち野高等学校 卒業

    菅 洋人 さん

    菅さんの受験プロフィールを表示
    基礎データ

    入試方式

    推薦入試

    部活動

    サッカー部

    スタディサプリを始めた時期

    高2の夏

    受講内容

    ベーシックコース

    受験勉強

    予備校と併用

    塾・予備校と併用

    2年生からサプリ開始

    ベーシックコース

    現役合格

    推薦入試

    文系

    運動部所属

    合格大学一覧(進学先以外)

    ・近畿大学 経営学部経営学科

    ・近畿大学 経営学部キャリアマネジメント学科

  • 勉強も部活も、バイトも
    全部がんばった!
    得意科目を最大の武器に現役合格

    先輩の受験記

    受験を目指したきっかけは兄の影響

    英検の勉強を高校1年生から始めていて、その延長で高校2年生の後半ぐらいから本格的に受験勉強を開始しました。通っていた高校は決して進学校ではなかったのですが、経済学部の商学科を目指そうと考えたのは、商社で働いている兄の影響が大きかったです。兄が英検の資格を持っていて、受験以外にもいろいろと有利だと聞いていたので試験を受けようと考え始め、高校1年生の冬から英検と受験勉強も兼ねて、徐々に英語の勉強を始めました。高校には検定部という「みんなで集まって検定取得を目指そう」という部活がありました。サッカー部との兼部でしたが、そこで単語帳を使ったりして、英検2級まで取得することができました。検定部には受験を控えている生徒もいたのですが、指定校推薦での受験か、就職する人が多かったです。受験勉強を始めた当初は、国立の大学も目指していました。

    菅洋人さん

    受験勉強で感じた
    課題の苦労や両立の難しさ

    今思えば受験勉強と部活、アルバイトの3つの掛け持ちが結構つらかったです。高校の先輩が塾でチューターをしていて、その塾にも通っていたのですが、家からも高校からも遠く、通う時間がとても無駄でもったいないと感じていました。高校と家との距離も遠く、自転車通学だったので通学中はスタディサプリが使えません。だから、単語カードを作って信号の待ち時間に見て勉強していました。高校と塾は通わないと勉強できないけど、スタディサプリは家でもどこでも勉強できるのがよかったです。高校の授業よりもスタディサプリで講義を先まで進めていたので、高校の授業の進捗具合にもどかしさを覚えることもありました。センター試験を受験する人がそもそも少なく、周りはほとんど就職が決まっている生徒が多かったので、授業中もなかなか集中できる環境ではなかったです。

    受験勉強のすすめ

    周りに流されず「自分」を貫く

    スーパーの鮮魚コーナーで週2日アルバイトをして、自分で塾の学費を払っていました。なので、絶対に合格するしかないと覚悟を決めていたんです。親が参考書を買ってくれたり、家族がサポートしてくれたりしたので、がんばれたんだと思います。周りの友達が進学や就職が決まって遊んでいるときでも、「自分は自分」と思えば影響を受けることは少なかったです。僕が単語帳を持っていると、たまに友達が問題を出して勉強の手助けをしてくれましたが、単語のスペルが読めずに手伝いにならないこともありました(笑)。友達はみんな受験に対して協力的で、すごく優しさを感じました。受験前に寄せ書きの色紙をくれたりしたのも嬉しかったです。とても励まされました。

    菅洋人さん

    試験前はいつも通りに過ごすことがカギ

    参考書を見返して総復習していました。特別に何かをやるということはなくて、あとはいつも通りに過ごしていたと思います。受験の前日よりも当日のほうが緊張しました。会場までは車で送ってもらったのですが、その最中に緊張でカタカタ震えていました。もし合格していなかったら、浪人はせずに就職していたでしょう。一般入試での合格は難しいと感じていたので、公募推薦に懸けていたんです。受験は人生における1つのターニングポイントになりました。

    受験を終えて

    受験は時間の大切さを知り、
    どう活かすかを学んだ期間

    勉強が1つの科目に偏り過ぎるのはよくなかったと思います。どうしても好きな科目に偏ってしまうので、全体的に均等にやっていくほうがいいです。もっとたくさんスタディサプリを観ていれば、均等に勉強できたかもしれません。振り返ってみて、僕は大学受験をしてよかったと思っています。受験を通じて時間の大切さを知り、無駄にしたくないと思う気持ちが強くなりました。何もしていない時間がもったいなく感じるようになり、少しの空き時間でもスタディサプリでわからない箇所を見直したりして覚えていました。

    将来は好きな英語を活かして
    貿易の仕事をしたい!

    将来は留学がしたいです。経営学部の講義で、英語のクラスがあります。TOEIC Bridgeテストを受けてクラス分けされた結果、アメリカに留学できるクラスに入れたんです。さらにTOEFLの結果が必要なので、すごく英語には力を入れて勉強しています。好きな英語だったからよかったですけど、ある意味、今のほうが勉強が大変です。おかげで、英語をより好きになりました。大学OBの兄に、「大学内に英語村というネイティブの方と話して英語が学べる施設がある」と聞いていました。そこでもしっかり勉強して、将来は英語を活かして貿易の仕事に就きたいです。

    教えて!Q & A

      • オススメの授業は?

        • 小柴先生の現代文

        マーカーを使った講義で、その勉強方法がハマりました。

      • オススメの使い方は?

        • ベッドで寝転びながら観る

        勉強のストレスをあまり感じることなく、リラックスして観ることができました。

      • オススメのリフレッシュ方法は?

        • 受験勉強しない日を作る

        あえて勉強しない日を作って、趣味の釣りをしてリフレッシュしました。

    後輩への応援メッセージ

    • 塾には、自分よりも偏差値の高い高校に通っている生徒がいると思います。しかし、受験をするうえでいえば、実際のところ大きな差はないということを知ってほしいです。受験は周りよりも自分との戦いなので、がんばりようによっては越えていけると思います。あと、時間を無駄にしないこと。受験だけではなく、就職でも就職先のことを調べて知ることが大切だと思います。大学受験は、自分のがんばり次第で結果が変わります。諦めずにがんばってください!

    ※ インタビュー当時の内容をそのまま掲載しています。最新のサービス内容とは一部異なる場合がございます。

他の合格者インタビューを見る

まずは無料ではじめてみよう!

14日間無料で、
4万本以上の授業動画を受講いただけます。