2018年 合格体験記

  • 上智大学 外国語学部

    英語学科

    東京都立大山高等学校 卒業

    社本 理江 さん

  • 東京都立大山高等学校 卒業

    社本 理江 さん

    社本さんの受験プロフィールを表示
    基礎データ

    入試方式

    推薦入試

    部活動

    英語部

    スタディサプリを始めた時期

    高2の春

    受講内容

    ベーシックコース

    夏期講習(旧:LIVE)

    受験勉強

    塾と併用

    塾・予備校と併用

    2年生からサプリ開始

    ベーシックコース

    夏期講習

    早慶上智合格

    現役合格

    推薦入試

    文系

    文化部所属

  • 高校入学直後に危機を感じ、
    必死に勉強!
    周囲に流されることなく
    つかんだ上智への切符

    先輩の受験記

    不良ばかりの高校で、
    入学翌日に大学進学を固く決意

    そもそも私は中学時代にまったく勉強をせず、大学どころか高校に行く気もありませんでした。かといって就職をしようと考えていたわけでもなく、将来に何のビジョンも持っていなかったんです。高校への進学を決めたのは中学3年の12月、親が涙ながらに「進学してほしい」と話すのを目の当たりにし、ショックを受けたから。その時点で行けるわずかな高校のなかから、推薦で行けるところに決まりました。その結果、入学したのは都立ワースト2位の不良で有名なギャル高校でした。大学受験への意識が芽生えたのは、高校入学翌日です。校内にいるたくさんの不良を目にして、自分は何がしたいのかと考えました。そのときに、まずは大学に入ろうと強く決意したんです。それまで勉強をしたことがなかったため、最初のうちはどうすればいいかわからず、とりあえずノートを丸々写すなど、ただがむしゃらに机に向かっていました。スタディサプリを始めたのは高校2年の春です。実際にスタディサプリを使って受験を乗り切った2歳上の姉に勧められたことをきっかけに、何度も繰り返して講義の動画を見られることや、1コマがあまり長くないことから自分のペースで進められると感じ、登録することにしました。

    社本理江さん

    自分で目標設定できることが、
    やる気の継続につながった

    スタディサプリを始めたばかりの頃は、自分のスイッチが入ったときにたくさん進めながら気楽に取り組んでいました。塾であれば時間が固定されていて、やらされている感覚もありますが、スタディサプリは「今日はこの範囲を完璧にするぞ」と自分で目標を決められるので、勉強が嫌にならずにできたんです。わからなかった部分は同じ動画を何度も見直し、最後にスタディサプリの確認テストでその日の学習内容が身に付いているかを確認するようにしていました。学校の先生も親身になって教えてくれ、わからないところを先生や姉に聞くこともありましたね。平日は最低でも6時間は勉強。毎朝5時に起きて自宅で2時間ほど勉強したあと、早めに学校に行って授業が始まるまでの1時間勉強し、放課後もすぐに帰宅して勉強に励みました。高校3年の6月までは休日を中心にアルバイトもしていましたが、アルバイトの前後の時間は勉強に費やしていました。夏休み明けには大半のクラスメイトの進路が決まっていましたし、受験直前にはさまざまな学校行事があるなど、大変なことも多かったです。でも、「自分は本当に大学に行きたいんだ」という意志を強く持ち、ぶれずに最後までやり切ることができたと感じています。

    受験勉強のすすめ

    夏休みは基本を徹底的に見直す

    高校3年の夏休みは、部活を引退して勉強一筋になれる時期。学校の授業がない分、自分の勉強時間を確保して集中できるので、基本から見直すのがおすすめです。私はスタディサプリのLIVE夏期講習を受け、英語の文法や現代文の語彙などを一から見直しました。LIVEは教える先生がいつも以上に生き生きとしていて緊張感もあり、こちらも新鮮な気持ちで楽しめたし、1回で理解しようと気合いが入りました。夏休み前は夏で差がついてしまうと焦っていましたが、LIVE夏期講習を終了する頃には初めて見た問題でもすらすらと解けるようになっていて、成長を実感できました。

    日本語訳の勉強は、
    英文をノートに書き写すところから

    スタディサプリで特におすすめなのは、英語の肘井先生の講義です。志望していた上智大学の入試では日本語訳が重視されるという話を聞いていたのですが、最初は日本語訳の勉強方法がまったくわかりませんでした。そこでスタディサプリで日本語訳を扱っている講義を見つけ、受けてみたらそれが肘井先生の授業で、とてもわかりやすいと感じたんです。日本語訳はテキストに直接書き込まず、英文を一度ノートに書き写してから、日本語訳や文法の要項などを書き込んで整理していました。英文をノートに書き写すときに4行程度空けて書くと、メモが十分に書き込めて使いやすいですよ。

    社本理江さん

    多様な形式の問題に触れ、
    どんな問題にも対応できる力を身に付ける

    私はテキストを買っていましたが、テキストのすべてをこなす必要はありません。自分の苦手や勉強が足りていない分野に合わせて、必要なセクションだけを選んでやるのもよい方法だと思います。志望校ではありませんでしたが、東京大学やそのほかの難関大学の対策テキストも役に立ちました。さまざまな問題形式に触れていたのが功を奏し、最終的にはどのような問題に直面しても動じない免疫を付けることができたと感じています。

    受験を終えて

    社本理江さん

    受験を通して、人間的にも成長できた

    大学はゴールではなくスタートです。なかには大学に行きたいと考えていても、何がしたいかが決まらずにモチベーションが上がらないという方もいるかもしれませんが、まずは大学に入学するだけでも大事なことだと思います。受験勉強では学力だけでなく、これから生かすことのできる力も身に付けることができます。将来は大学に入ってからでも考えられるので、とりあえず今は勉強をがんばってほしいですね。中学のときに何もやりたいことがなかった私も、今は東京オリンピックの通訳ボランティアを夢見て勉強しています。また、母が韓国人ということもあって私も韓国語が少し話せるので、ゆくゆくは韓国で英語を学びたいとも考えています。

    教えて!Q & A

      • リフレッシュ方法は?

        • 音楽を聴く、散歩、ランニング

        勉強が嫌になったときはとりあえず勉強をやめ、音楽を聴いたり、散歩やランニングをしたりしていました。走るのが好きなので、運動兼リフレッシュという形で、近所の公園を一周して気分転換していました。

      • 勉強はどこでしていた?

        • 自宅

        スタディサプリは主に自宅で取り組んでいましたが、学校の図書館や空いている教室、職員室なども使っていました。我ながら、学校の施設をうまく活用していたと思います。

      • 英語の日本語訳の勉強で、工夫していたことは?

        • 英字新聞や国連のスクリプトを読むこと

        この方法は自分で考えました。紙に印刷し、登下校の電車の中や朝起きてからなど、常に携帯して読み込んでいました。

    後輩への応援メッセージ

    • たとえ高校の偏差値が低かろうと、周りの友だちのモチベーションが低かろうと、そんなことを気にする必要はありません。自分を信じてあなたが本当に目指す道に突き進んでください。受験勉強をしている間は本当につらいですが、終わってみればあっという間です。そして、受験勉強で得た成長は今後にも必ず活きてきます。ぜひがんばってください!

    ※ インタビュー当時の内容をそのまま掲載しています。最新のサービス内容とは一部異なる場合がございます。

まずは無料ではじめてみよう!

14日間無料で、
4万本以上の授業動画を受講いただけます。