2018年 合格体験記

  • 早稲田大学 国際教養学部

    神奈川県立川和高等学校 卒業

    辻中 ひかり さん

  • 神奈川県立川和高等学校 卒業

    辻中 ひかり さん

    辻中さんの受験プロフィールを表示
    基礎データ

    入試方式

    一般入試

    部活動

    室内楽部

    スタディサプリを始めた時期

    高3の春

    受講内容

    合格特訓コース

    LIVE(夏期講習)

    受験勉強

    スタディサプリのみ

    サプリのみで合格

    3年生からサプリ開始

    合格特訓コース

    LIVE(夏期講習)

    早慶上智合格

    現役合格

    一般入試

    文系

    文化部所属

    合格大学一覧(進学先以外)

    ・上智大学 文学部英文学科

    ・明治大学 国際日本学部

    ・津田塾大学 学芸学部英語英文学科(センター利用)

    ・津田塾大学 学芸学部国政関係学科(センター利用)

    ・津田塾大学 総合政策学部総合政策学科(センター利用)

  • 高校入学時から決めていた志望校。
    大好きなサプリ講師陣のおかげで勝ち取った合格

    先輩の受験記

    進路の決め手は
    「国際色豊かなキャンパスへの憧れ」

    私が志望校を決めたのは割と早くて、高校1年生の頃。早稲田大学の国際教養学部に進学したいと考えていました。というのも、中学生のときに個人経営の塾に通っていたのですが、塾長の息子さんが早稲田大学の国際教養学部に進学されていたんです。留学をしなくてもキャンパスにいながらグローバルな雰囲気を体感できるとあって、いいなと思うようになりました。高校進学とほぼ同時に進路を決定。高校3年生までは予備校や塾には通わずに、勉強は学校の授業をメインにしていました。何か追加で勉強法を取り入れたほうがいいかもしれないと思っていたときに、母の友人の息子さんがスタディサプリで中央大学に受かったと聞いたんです。私は予備校や塾は費用が高いと感じていました。そこで、結果を出している人が身近にいたことから「スタディサプリがよいのでは」と考え、登録することにしました。

    辻中ひかりさん

    関先生の英文法、小柴先生の現代文で
    モヤモヤがすっきり!

    受験勉強のスタートは、スタディサプリを始めた高校3年生の4月。特に感動したのは、関先生の英文法の講義です。今まで理解できているのかどうかモヤッとしていた部分が、関先生の解説を聞くと「そういうことか!」と、すごくスッキリするんです。元々英語は得意だったので、英文法はトップレベルから取り組み、読解は難しいと感じたらハイレベルから始めることに。講義を受ければ受けるほど、自分の実力が高まっていくのを感じました。関先生の講義は、どのレベルでもわかりやすいと思います。また、現代文については高校まで困ったことがなく、すんなりと解答できていました。でも、高校になるとひっかけ問題にまんまとひっかかるようになってしまい、心もとなく感じていたんです。小柴先生の現代文の講義をスタンダードレベルから受け始めたところ、しっかりとしたロジックをもとに解答を選べるようになりました。スタディサプリの講義以外、特別な対策はしませんでした。

    受験勉強のすすめ

    日本史に苦戦するも、賀一先生の講座と
    オリジナルノートで理解が深まった

    理解を深めた英語と国語に対し、日本史は最後まで苦戦していました。歴史の流れは理解しているのに、語句が覚えられなかったんです。英語の偏差値は70、国語は60後半でしたが、日本史だけは50くらい。一問一答が本当に嫌いだったのも、理由のひとつかもしれません。でも、賀一先生の日本史を受講したことで、かなり実力がついたと思います。賀一先生は「文化史だけでいい」といっていましたが、私は全般的に苦手だったので資料集を切り取って、自分だけの参考書を作りました。友達から資料集を譲ってもらい、4冊くらい活用して作っていましたね。一問一答だと場所で答えを覚えてしまうし、単純作業すぎて面白くない。でも、参考書を作ることで歴史の流れが理解できるので、受験シーズンはフル活用して単語も覚えるようにしていました。

    辻中ひかりさん

    過去問正答率を気にしすぎないこと。
    音読は入試直前まで実施

    過去問は時間が足りなくて、早稲田大学国際教養学部しか着手できませんでした。過去問を解くときは、朝の5時半から7時半までと決め、本番さながらに集中して取り組むことにしたんです。英語は毎日、現代文と日本史は1日ごとに交互で解くようにしていました。高校3年生の夏休みに1回解いて、もう一度冬休みに入ったくらいに解き直しました。国語と日本史は、かなり解けるようになっていましたが、英語はなかなか8割に満たなかったので不安に感じるように……。でも、英語の肘井先生の「正答率は8割で受かる」という言葉を胸に、自分を落ち着かせていました。肘井先生のアドバイスのなかでも、とりわけ役に立ったのは音読です。音読は、本当に読解スピードが早くなります。最初は「本当かな」と半信半疑でしたが、10回読んでみると、1回目と10回目では明らかにスピードが違います。これを繰り返せば絶対に読むスピードが上がると感じ、音読は入試前日くらいまで取り組んでいたと思います。

    講師陣のアドバイスや
    教えの通りにやれば結果はでる

    私は講師の皆さんが大好きだったので、勉強方法についても素直に受け入れることができました。とにかく、講師陣の実力がすごい! アドバイスや教えを信じて地道にがんばれば、絶対に受かると思っていました。実際に模試の点数も上がり、結果が出るようになったので間違いないかなと。最終的に、英語と国語はS判定まで上げることができたんです。スタディサプリは自分のペースで取り組めるのが良いところで、学校の昼休みとかにも動画をダウンロードして講義を観ていました。私の計画の立て方でよかった点は、日本史を4月から9月までに終わらせたことです。日本史は50講義あったので、週に何講座、どの曜日にやるかを決めていました。今は自分で決めなくても、合格特訓コースでは学習プランをたてられる機能が追加されたので、「活用しない手はないよー!」と声を大にして言いたいです。

    受験を終えて

    大学入学後もスタディサプリで
    心残りの数学を受講

    スタディサプリは受験勉強の取っ掛かりであって、自分が手を動かさないと成果にはつながりません。演習や暗記も避けては通れず、合格するには自分の努力が必要です。その努力を苦に感じないような“学ぶ楽しさ”を与えてくれた、スタディサプリの講師陣に出会えたことはラッキーだと思います。ただ、高校生活を振り返ると実は少し後悔していることもあります。もし高校1年生からスタディサプリを始めていたら、国公立も狙えたんじゃないかなって。私は学校の授業についていけず、数学に苦手意識を持ってしまいました。もっと早くスタディサプリの講義を受けていれば、選択肢が増えたかもしれないなという思いがあります。だから、今は教養を身に付けるつもりで、スタディサプリで数学を勉強し直しているんです。高校受験だけではなく、社会に出てからもきっと必要になると感じています。

    教えて!Q & A

      • オススメの勉強法はありますか?

        • 眠気対策のスクワット×音読

        音読は眠くなるので、スクワットをしながら取り組んでいました。身体を動かしながらだと、気分転換にもなるのでおすすめです。あと、古文単語は1日50個、毎日違うものを布団に入って暗記するというルーティンを取り入れていました。

      • 高校3年生の夏休みはどう過ごしていましたか?

        • 1日の始まりはラジオ体操から

        朝起きてラジオ体操してから、必ず4kmのランニングをしていました。それからシャワー→朝御飯→午前中はスタディサプリの講義→お昼ご飯→昼寝→午後も講義を観る→演習の流れです。スタディサプリLIVEの夏期講習を取っていたので、午後は主にLIVEの講義を観ていました。

      • モチベーションが下がったときはどうしていましたか?

        • 寝る!

        どうしてもやる気が起きないときは、「今日は無理だ」と思って睡眠に充てました。その代わり、明日早く起きようと決めて、やる気の低下を翌日に持ち越さないようにしていました。

    後輩への応援メッセージ

    • スタディサプリを使っていなかったら、本当に受かっていなかったと思います。スタディサプリを観て講師の言っていることをきちんと守っていれば、必ず実力が身に付くと断言できます。同級生にスタディサプリを使っている人がいなかったのですが、不安を感じることはありませんでした。特に力になったのは、LIVE夏期講習で講師が生でメッセージをくれたことです。最後の質問コーナーで、チャットを通して悩みを吐き出して叱咤激励してくれたので、心が折れることなく受験を乗り切ることができました。私の言葉ではありませんが、受験生の皆さんには肘井先生がいっていた「after the rain」の訳をお伝えしたいと思います。直訳すると「雨のあとは虹が出る」となりますが、肘井先生は「雨が降っていないと、その後のよい景色が見られない」と訳していました。これは、まさに大学受験に当てはまります。がんばって結果が出るのは、世の中で勉強くらいではないでしょうか。大学受験は勉強した者勝ちなので、つらいときには「after the rain」を思い出してがんばって欲しいですね。

    ※ インタビュー当時の内容をそのまま掲載しています。最新のサービス内容とは一部異なる場合がございます。

他の合格者インタビューを見る

まずは無料ではじめてみよう!

14日間無料で、
4万本以上の授業動画を受講いただけます。