講師

URLコピー

※講座タイトルやラインナップは2018年現在のもので、実際の講座と一部異なる場合がございます。無料体験でご確認の上、ご登録お願いいたします。

講師紹介

この授業の
サンプルテキスト公開中!

※サンプルテキストは実際の講座と一部異なる場合がございます。無料体験でご確認の上、ご登録お願いいたします。

複数形(1)

ポイント

  1. 日本語は「あいまい」,英語は「ハッキリ」!
  2. 複数形につけるコトバ
  3. thisとthatにも複数形がある

1 複数形

【例題01】次の単語を複数形にするときに,空欄に適する語を書きなさい。

  1. (1つの)机 → 2つの机

    a desk → two ____

  2. (1つの)腕時計 → 3つの腕時計

    a watch → three ____

  3. (1つの)国 → 5つの国

    a country → five ____

【Point01】複数形の作り方

名詞の語尾の形 -s,-esのつけ方
原則 -sをつける cat → cats
o, x, sh, ch, s, ss -esをつける box → boxes
子音字 + y yをiにかえて-esをつける city → cities
f, fe f, feをvにかえて-esをつける life → lives
  • 不規則に変化するもの

    man(男性)→ men woman(女性)→ women child(子ども)→ children

  • 単数・複数で形が変わらないもの

    fish( 魚)

  • 常に複数扱いのもの

    people( 人々)

【Point02】-s, -es の発音

語尾の発音 -s,-esの発音
[f フ][k ク][p プ][θ ス] [s ス] books caps
[s ス][z ズ][ʃ シュ][ʒ ジュ][tʃ チ][dʒ ヂ] [iz ィズ] boxes classes dishes
上記以外のもの [z ズ] dogs apples pens boys

つづりが“t”の後ろの-s…[ts ツ] cats, students, sports など

つづりが“d”の後ろの-s…[dz ヅ] friends, birds など

2 複数形につく単語

【Point03】 

  • 数詞:数を表す言葉(基数)
1. one 2. two 3. three 4. four 5. five
6. six 7. seven 8. eight 9. nine 10. ten
11. eleven 12. twelve 13. thirteen 14. fourteen 15. fifteen
16. sixteen 17. seventeen 18. eighteen 19. nineteen 20. twenty
30. thirty 40. forty 50. fifty 60. sixty 70. seventy
80. eighty 90. ninety 100. a[one]hundred    
  • 形容詞

    many / a lot of「 たくさんの~」
    (例) many books( たくさんの本)  a lot of friends( たくさんの友だち)

  • some / any

    some:肯定文「いくつかの~」 (例) some books( 何冊かの本)

    any:疑問文「いくつかの~」
    (例) Do you have any CDs? (あなたは何枚かのCDを持っていますか。)

         :否定文 notとともに用いて「1つも~ない」
    (例) I don’t have any cars.  (私は1台も車を持っていません。)

3 theseとthose

【例題02】次の下線部の語を(   )内の語にかえて書きかえるとき,空欄に適する語を書きなさい。

  1. This is a bag. (these)

    ____ ____ ____ .

  2. That is my car. (those)

    Those ____ my ____ .

  3. This chair is nice. (these)

    These ____ ____ nice.

  4. That mountain is high. (those)

    Those ____ ____high.

【Point04】theseとthose

単数 複数
this(これは,この) these(これらは,これらの)
that(あれは,あの) those(あれらは,あれらの)

主語(S)が複数の場合,主語(S)の人称にかかわらず,be動詞は“are”を用いる。

【例題03】次の疑問文に対する答えの文を完成させるとき,空欄に適する語を書きなさい。

These are balls.

(否定文) These are not balls.

(疑問文) Are these balls?

(答えの文) Yes, ____ are. / No, ____ aren’t.

【Point05】否定文と疑問文

● 否定文・疑問文はbe動詞のルールで作る。

(否定文)be動詞(are)の後にnotを入れる。

(疑問文)be動詞(are)を文頭に移動させ,文末に「?(クエスチョンマーク)」をつける。

(答えの文) Yes, they are. / No, they aren’t.
theseやthoseは代名詞theyで受ける。

この続きは授業で!テキスト、演習問題のPDFが無料ダウンロードできる!

14日間無料体験!今すぐ会員登録

学年・科目を選択

14日間無料で、
4万本以上の授業動画を受講いただけます。