講師

URLコピー

※講座タイトルやラインナップは2018年現在のもので、実際の講座と一部異なる場合がございます。無料体験でご確認の上、ご登録お願いいたします。

講師紹介

この授業の
サンプルテキスト公開中!

※サンプルテキストは実際の講座と一部異なる場合がございます。無料体験でご確認の上、ご登録お願いいたします。

命令文

ポイント

  1. 命令文は「動詞の原形」で文を始める!
  2. 「呼びかけ」,「丁寧な命令文」は,前後に語句をつけるだけ!
  3. 禁止の命令文の原則:「Don’t+動詞の原形~.」!
  4. Let’s+動詞の原形~.も実は「命令文」!

1 命令文

【例題01】次の英文をそれぞれ和訳しなさい。

You open the window.

____

× Open the window.

____

【Point01】 

● 命令文

 動詞の原形 + ~. 「~しなさい」

2 いろいろな命令文(1)

【例題02】 

  1. 次の英文をそれぞれ和訳しなさい。

    Mike and Andy look at me.

    ____

    Mike and Andy, look at me.

    ____

  2. 次の英文を丁寧な命令文(依頼の文)に書きかえるとき,空欄に適する語を書きなさい。

    Open the door.

    ____ open the door.

    Open the door ____ .

【Point02】 

  • 呼びかけがつく命令文

    名前,命令文(動詞の原形)~. /命令文(動詞の原形)~,名前.

    文頭,文末のいずれかに呼びかける名前を置く。
    呼びかけとわかるようにカンマをつける。

  • 丁寧な命令文(依頼の文)

    Please + 命令文(動詞の原形)~. /命令文(動詞の原形)~,please.

    文末にpleaseを置くときは,直前にカンマをつける。

3 いろいろな命令文(2)

【例題03】次の英文を和訳しなさい。

You don’t play baseball here.

____

× Don’t play baseball here.

____

【例題04】次の英文を命令文に書きかえるとき,空欄に適する語を書きなさい。

You are quiet in the library.

(あなたは図書館では静かです。)

× ____ quiet in the library.

(図書館では静かにしなさい。)

【Point03】 

  • 命令文(禁止)

    Don’t +動詞の原形 ~. 「~するな,~してはいけません」

    「 ~しないでください」と丁寧な表現にする場合は,前後いずれかにpleaseをつける。

    (例) Please don’t play baseball here.(ここで野球をしないでください。)

  • be動詞の文の命令文

    Be ~.

    be動詞の原形である“Be” で文を始める。

    be動詞の命令文で「禁止」の命令文をつくるときも一般動詞と同様に文頭にDon’tを置く。

    (例) Don’t be noisy in the library.(図書館では騒がしくしてはいけません。)

4 Let’s ~.の文

【例題05】次の日本文を表す英文になるように,空欄に適する語を書きなさい。また,答えの文も2通り書きなさい。

公園でサッカーをしましょう。

____ play soccer in the park.

(答えの文) Yes, ____ . / No, ____ ____ .

【Point04】 

● Let’s ~.の文

 「~しましょう」と誘う文は“Let’s +動詞の原形 ~”. で表す。

〈答えの文〉 Yes, let’s.(はい,そうしましょう。)
No, let’s not.(いいえ,よしましょう。)

この続きは授業で!テキスト、演習問題のPDFが無料ダウンロードできる!

14日間無料体験!今すぐ会員登録

学年・科目を選択

14日間無料で、
4万本以上の授業動画を受講いただけます。