講師

URLコピー

※講座タイトルやラインナップは2018年現在のもので、実際の講座と一部異なる場合がございます。無料体験でご確認の上、ご登録お願いいたします。

講師紹介

この授業の
サンプルテキスト公開中!

※サンプルテキストは実際の講座と一部異なる場合がございます。無料体験でご確認の上、ご登録お願いいたします。

be動詞の過去形

ポイント

  1. be動詞の現在形は3つ(am, are, is)。過去形になると2つに!
  2. 否定文,疑問文は「be動詞中心!」
  3. 過去進行形はbe動詞の文!

1 be動詞の過去形

【例題01】次の英文を過去形の文にしなさい。

  1. I am a student at this school.

    (私はこの学校の生徒です。)

    I ____ a student at this school.

    (私はこの学校の生徒でした。)

  2. He is busy every Sunday.

    (彼は毎週日曜日忙しい。)

    He ____ busy last Sunday.

    (彼はこの前の日曜日は忙しかった。)

  3. We are in Tokyo now.

    (私たちは今,東京にいます。)

    We ____ in Tokyo yesterday.

    (私たちは昨日,東京にいました。)

【Point01】be動詞の過去形

〈現在形〉   〈過去形〉
am
is
 
     
are  

【意味】

  • 存在:「いた,あった」
  • 状態:「~でした」

【Point02】過去を表す副詞(句)

● 基本的に文末に置く。

  • 昨日:yesterday
  • そのとき:then[at that time]
  • 当時:in those days
  • 一昨日:the day before yesterday
  • last ~ :この前の~

    (例)last week(先週),last month(先月),last year(去年,昨年),
    last night(昨夜),last Sunday(この前の日曜日) など

  • ~ago:~前に

    (例)two years ago(2年前に),five days ago(5日前に),
    a month ago(1ヶ月前に),an hour ago(1時間前に) など

2 否定文

【例題02】次の英文を否定文にするとき,空欄に適する語を書きなさい。

  1. Nami was in Australia last year.

    Nami ____ ____ in Australia last year.

    (ナミは昨年オーストラリアにいませんでした。)

  2. John was late for school yesterday.

    ※be late for:~に遅刻する

    John ____ late for school yesterday.

    (ジョンは昨日学校に遅刻しませんでした。)

  3. We were busy three days ago.

    We ____ ____ busy three days ago.

    (私たちは3日前忙しくありませんでした。)

  4. These notebooks were mine.

    These notebooks ____ mine.

    (これらのノートは私のではありませんでした。)

【Point03】否定文

● be動詞(was/were)の後ろにnotを入れる。

現在形と同様be動詞を中心に考える。

〈短縮形〉
was not = wasn’t
were not = weren’t

3 疑問文

【例題03】次の英文の疑問文とその答えの文を完成させるとき,空欄に適する語を書きなさい。

  1. Your father was at the station then.

    ____ your father at the station then?

    —Yes, ____ ____ .

  2. The children were free last Sunday.

    ____ the children ____ last Sunday?

    —No, ____ ____ .

【Point04】疑問文

  • be動詞(was/were)を文頭に置き,文末に“?”をつける。
  • 答えの文:Yes, 主語(S)+be動詞. / No, 主語(S)+be動詞+not.

現在形と同様be動詞を中心に考える。

4 過去進行形

【例題04】次の文を過去進行形の文にしなさい。

They played soccer.

(彼らはサッカーをしました。)

They ____ ____ soccer.

(彼らはサッカーをしていました。)

【例題05】【例題04】でできた文を否定文・疑問文にし,疑問文の答えの文を完成させなさい。

(否定文)They ____ ____ ____ soccer.
(彼らはサッカーをしていませんでした。)

(疑問文)____ they ____ soccer?
(彼らはサッカーをしていましたか。)

(答えの文)Yes, ____ ____ . / No, ____ ____ .
(はい,していました。)     ( いいえ,していませんでした。)

【Point05】過去進行形

形:主語(S)+ + 現在分詞(-ing) ~.

was/wereは主語によって使い分ける。

訳:「~していた/~しているところでした」

《復習》現在分詞の作り方

語尾の形 ポイント
ふつう(原則) そのままingをつける play → playing
clean → cleaning
-eで終わる eをとってingをつける make → making
come → coming
短母音+子音字 子音字を重ねてingをつける run → running
swim → swimming
-ieで終わる ieをyにかえてingをつける die → dying
lie → lying

[例外]“see”は“e”で終わる動詞であるが,そのまま“ing”をつけて作る。→ “seeing”

● 否定文・疑問文はbe動詞のルールで文を作る。

否定文:be動詞(was/were)の後ろにnotを入れる。

疑問文:be動詞(was/were)を文頭に出して文末に“?”をつける。

答えの文:Yes, 主語(S)+be動詞. / No, 主語(S)+be動詞+not.

この続きは授業で!テキスト、演習問題のPDFが無料ダウンロードできる!

14日間無料体験!今すぐ会員登録

学年・科目を選択

14日間無料で、
4万本以上の授業動画を受講いただけます。