講師

URLコピー

※講座タイトルやラインナップは2018年現在のもので、実際の講座と一部異なる場合がございます。無料体験でご確認の上、ご登録お願いいたします。

講師紹介

この授業の
サンプルテキスト公開中!

※サンプルテキストは実際の講座と一部異なる場合がございます。無料体験でご確認の上、ご登録お願いいたします。

動名詞

ポイント

  1. 動名詞は「名詞」!
  2. 前置詞の目的語になる動名詞 → 熟語表現をマスターしよう!
  3. 不定詞 vs. 動名詞

1 動名詞の用法

【例題01】次の英文を,動名詞を使って書き直しなさい。

  1. 本を読むことは大切です。

    ・To read books is important.

    ・____ books is important.

  2. 彼の趣味は写真をとることです。

    ・His hobby is to take pictures.

    ・His hobby is ____ pictures.

  3. 私はテニスをすることが好きです。

    ・I like to play tennis.

    ・I like ____ tennis.

【Point01】動名詞

訳:~すること (例) run( 走る)→ running( 走ること)

  • 動名詞は文中で,主語(S),補語(C),動詞の目的語(O)の働きをする。
    1. 主語(S)Speaking French is difficult.
      (フランス語を話すことは難しい。)
    2. 補語(C)Her work is selling flowers.
      (彼女の仕事は花を売ることです。)
    3. 動詞の目的語(O)My father likes traveling abroad.
      (父は外国を旅することが好きです。)
  • 動名詞の作り方
語尾の形 ポイント
ふつう(原則) ingをつける play → playing
study→studying
-eで終わる eをとってingをつける make → making
use→using
〈短母音+子音字〉で終わる 子音字を重ねてingをつける run → running
sit→sitting
-ieで終わる ieをyにかえてingをつける die → dying
lie → lying

[例外]“see” は“e” で終わる動詞であるが,そのまま“ing” をつけて作る。→ “seeing”

2 動名詞が前置詞の目的語になる用法

【例題02】空欄に適するものを選択肢から選びなさい。

  1. Mike is good at(    ) Japanese.

    (マイクは日本語を話すのが得意です。)

    ア to speak

    イ speak

    ウ speaking

  2. Wash your hands before(    ) lunch.

    (昼食を食べる前に手を洗いなさい。)

    ア to eat

    イ eat

    ウ eating

【Point02】

  • 前置詞の目的語としての動名詞

    前置詞の後ろは動名詞にする。

    →at / for / in / to / after / before / without / about など

  • 前置詞+~ingが含まれる表現
表現 訳し方
be good at ~ing ~するのが得意だ
How about ~ing? ~するのはどうですか
Thank you for ~ing ~してくれてありがとう
look forward to ~ing ~するのを楽しみにする
be interested in ~ing ~することに興味がある
after ~ing ~したあとで
before ~ing ~する前に
without ~ing ~せずに

3 不定詞か動名詞か

【例題03】空欄に適するものを選択肢から選びなさい。

  1. We enjoyed(    ) in the sea.

    (私たちは海で泳ぐのを楽しんだ。)

    ア to swim

    イ swimming

  2. Kenji wants(    ) New York.

    (ケンジはニューヨークに行きたいと思っている。)

    ア to visit

    イ visiting

【Point03】

  • 不定詞か動名詞か

    動名詞と不定詞は「~すること」という意味で,動詞の目的語(O)になる。
    目的語(O)として動名詞をとるか,不定詞をとるか,いずれもとるかは動詞によって異なる。

1. 動名詞だけを目的語にとる動詞 enjoy(楽しむ), finish(終える),
stop(やめる), give up(あきらめる)
2. 不定詞だけを目的語にとる動詞 want(~したい), decide(決心する),
need(必要とする), hope(希望する)
3. 不定詞と動名詞の両方を目的語にとる動詞 like(好きだ), begin / start(始める)
  • stopの語法

    stop ~ ing
    「~するのをやめる」
    He stopped reading the map.
    (彼は地図を調べるのをやめた。)

    stop to ~
    「~するために立ち止まる」
    He stopped to read the map.
    (彼は地図を調べるために立ち止まった。)

    “to ~”は副詞的用法(目的)の不定詞

この続きは授業で!テキスト、演習問題のPDFが無料ダウンロードできる!

14日間無料体験!今すぐ会員登録

学年・科目を選択

14日間無料で、
4万本以上の授業動画を受講いただけます。