講師

URLコピー

※講座タイトルやラインナップは2018年現在のもので、実際の講座と一部異なる場合がございます。無料体験でご確認の上、ご登録お願いいたします。

講師紹介

この授業の
サンプルテキスト公開中!

※サンプルテキストは実際の講座と一部異なる場合がございます。無料体験でご確認の上、ご登録お願いいたします。

副詞・代名詞(1)

ポイント

  1. 「場所」「状態」「時」の副詞は原則文末に置く!
  2. very, too, soと「頻度の副詞」は修飾する語の前に置く!
  3. 再帰代名詞はよく使われる表現をおさえよう!

1 動詞を修飾する副詞(句)

【例題01】次の日本文に合う英文になるように,[   ]内の語(句)を並べかえ,全文を書きなさい。

  1. 私たちは毎日学校へ行きます。

    [ to school / go / every day / we ].

    ____________

  2. 私たちは放課後,友人たちと一緒にテニスをします。

    [ tennis / with my friends / we / after school / play ].

    ____________

【Point01】動詞を修飾する副詞(句)

  • 動詞を修飾する「場所」「状態」「時」の副詞は文末に置くことが多い。

    (例) I live in Tokyo.
    (私は東京に住んでいます。)

  • 複数の副詞がある場合の語順

    「場所」→「状態」→「時」の語順にして文末に置く。

  • 「場所」を表す副詞(句)

    ・1語の副詞や2語以上の副詞句

    there(そこで[に]),here(ここで[に]),home(家へ[で]),abroad(海外に[で]),all over the world(世界中で)

    ・to 場所(方向)
    「~へ」 to the station(駅へ),to school(学校へ)

    ・at+場所(一点)
    「~で」 at the library(図書館で)

    ・in+場所(包囲)
    「~で」 in the park(公園で),in Japan(日本で)

    ・near+場所
    「~の近くに」 near my school(私の学校の近くで)

    ・on+場所(接触)
    「~(の上)に」 on the table(テーブルの上に)

  • 「状態」を表す副詞

    ・1語の副詞

    fast(速く),slowly(ゆっくりと),hard(熱心に,一生懸命),well(上手に,よく),early(早く),late(遅く)

    ・with ~
    「~と一緒に」 with my family(家族と一緒に)

    ・by+乗り物(交通手段)
    「~で」 by car(車で),by bus(バスで)

  • 「時」を表す副詞

    ・1語の副詞や2語以上の副詞句

    today(今日),yesterday(昨日),tomorrow(明日),every day(毎日),after school(放課後)

    ・every ~
    「毎~」 every Monday(毎週月曜日に)

    ・on ~(曜日・日付)
    「~に」 on Sunday(日曜日に)

    ・in ~(月,季節)
    「~に」 in spring(春に),in September(9月に)

    ・at ~(時刻)
    「~時に」 at three(o’clock)(3時に)

2 形容詞や副詞を修飾する副詞

【例題02】次の日本文を表す英文にするとき,(   )内の語を入れるとしたらどこが適切ですか。

  1. あれはとても大きなイヌです。(very)

    That is ア a イ big ウ dog.

  2. このお茶は熱すぎる。(too)

    This tea ア is イ hot.

  3. そんなに速く歩かないでください。(so)

    Please ア don’t イ walk ウ fast.

【Point01】形容詞や副詞を修飾する副詞

副詞 位置
very( とても) 修飾する語の直前
too( ~すぎる)
so( そんなに)

基本的な意味は「強調」なので,強調したい語句の直前に置けばよい。

3 頻度の副詞

【例題03】次の日本文を表す英文にするとき,usuallyを入れるとしたらどこが適切ですか。

  1. 姉は,日曜日はたいてい暇です。

    My sister ア is イ free ウ on Sunday.

  2. 彼女はふつう11時に寝る。

    She ア goes イ to bed ウ at eleven.

【Point03】頻度の副詞

低い  ←頻度の程度→  高い
sometimes
(ときどき)
often
(よく,しばしば)
usually
(ふつう,たいてい)
always
(いつも)

● 頻度の副詞の位置:修飾する語の前に置く。

4 人称代名詞

【例題04】次の人称代名詞の表を完成させなさい。

  単数 複数
主格 所有格 目的格 所有代名詞 主格 所有格 目的格 所有代名詞
~は[が] ~の ~を[に] ~のもの ~は[が] ~の ~を[に] ~のもの
1人称 I              
2人称                
3人称 he              
she      
it    

【Point04】人称代名詞

  • ①主格:主語になるときの形 「~は,~が」

    (例) He is Takahiro.
    (彼はタカヒロです。)

  • ②所有格:“所有格+名詞”でワンセット! 「~の」

    (例) My name is Tom Smith.
    (私の名前はトム・スミスです。)

  • ③目的格:1.動詞の目的語になる。

    (例) That woman knew me well.
    (あの女性は私をよく知っていました。)

  • 2.前置詞の目的語になる。

    (例) Look at me.
    (私を見なさい。)

  • ④所有代名詞:“所有格+名詞”の意味 「~のもの」

    (例) Whose bag is this? — It’s mine.
    (これはだれのバッグですか。—私のです。)

【Point05】再帰代名詞

  • 動作の対象が動作を行う主体自身であるときに用いる人称代名詞の形。

    (例) She cut herself with a knife.
    (彼女はナイフでけがをした。)

[単数]

  主格 所有格 目的格 所有代名詞 再帰代名詞
~は[が] ~の ~を[に] ~のもの ~自身を[に]
1人称 I my me mine  
2人称 you your you yours  
3人称 he his him his  
she her her hers  
it its it  

[複数]

  主格 所有格 目的格 所有代名詞 再帰代名詞
~は[が] ~の ~を[に] ~のもの ~自身を[に]
1人称 we our us ours  
2人称 you your you yours  
3人称 they their them theirs  
  • 再帰代名詞を用いた表現
    1. say to oneself
      「ひとりごとを言う」「心の中で思う」
    2. introduce oneself
      「自己紹介をする」
    3. enjoy oneself
      「楽しく過ごす」 = have a good time
    4. help oneself to ~
      「~を自由にとって食べる」
    5. make oneself at home
      「くつろぐ」
    6. by oneself
      「自分の力で」「ひとりで」
    7. for oneself
      「自分の力で」「自分のために」

この続きは授業で!テキスト、演習問題のPDFが無料ダウンロードできる!

14日間無料体験!今すぐ会員登録

学年・科目を選択

14日間無料で、
4万本以上の授業動画を受講いただけます。