講師

URLコピー

※講座タイトルやラインナップは2018年現在のもので、実際の講座と一部異なる場合がございます。無料体験でご確認の上、ご登録お願いいたします。

講師紹介

この授業の
サンプルテキスト公開中!

※サンプルテキストは実際の講座と一部異なる場合がございます。無料体験でご確認の上、ご登録お願いいたします。

接続詞

ポイント

  1. 接続詞that → that節は名詞節を作る!
  2. 副詞節を導く接続詞の使い方 → “接続詞SV”のカタマリを意識する!
  3. 「時」「条件」を導く副詞節中の時制

1 接続詞that

【例題01】次の英文を(   )内の語句に続く形に書きかえなさい。

  1. Daisuke likes baseball.(I know that …)

    I know that ____ ____ ____ .

    (私はダイスケが野球が好きだということを知っています。)

  2. She is very kind.(I think …)

    I think ____ ____ ____ .

    (私は彼女はとても親切だと思います。)

【Point01】名詞節を導く接続詞that

  • 主語(S)+動詞(V)+ that S V.

    →動詞の目的語(O)の働き
    名詞節(名詞のカタマリ)を作る。

    know that SV「SがVするのを知っている」

    think that SV「SはVすると思う」

    say that SV「SはVすると言う」

    hear that SV「SがVすると聞く」

    believe that SV「SはVすると信じる」

    hope that SV「SがVすることを望む」

    understand SV「SがVするのを理解する」 など

  • 接続詞のthatは省略することができる。

2 副詞節を導く接続詞

【例題02】次の英文を和訳しなさい。

He lived in Hokkaido when he was a child.

= When he was a child, he lived in Hokkaido.

____________

【Point02】副詞節を導く接続詞

  • 副詞節を導く接続詞は「型」がポイント!
    1. (S)(V) when SV.
    2. When SV,(S)(V)
  • 「時」を表す接続詞
    1. when SV       「SがVするとき」
    2. before SV      「SがVする前に」
    3. after SV       「SがVした後に」
    4. as soon as SV   「SがVするとすぐに」
  • 「条件」を表す接続詞
    1. if SV         「もしSがVするならば」
  • 「原因・理由」を表す接続詞
    1. because SV     「SがVするので」
  • 「譲歩」を表す接続詞
    1. though SV
    2. although SV

      「SはVするけれども」

3 時・条件を導く副詞節中の時制

【例題03】次の英文の誤っている箇所を指摘し,正しく直しなさい。

If it will be fine tomorrow, I will go out.

誤:________ → 正:________

【Point03】時・条件を導く副詞節中の時制

  • 時・条件を導く副詞節中では未来のことでも現在形で表す。
  • 「時」を表す接続詞
    1. when SV      「SがVするとき」
    2. before SV     「SがVする前に」
    3. after SV      「SがVした後に」
    4. as soon as SV  「SがVするとすぐに」
  • 「条件」を表す接続詞
    1. if SV        「もしSがVするならば」

4 命令文, and SV / 命令文, or SV

【例題04】次の日本文に合う英文になるように,空欄に適する語を書きなさい。

  1. 一生懸命勉強をしなさい,そうすれば試験に合格できますよ。

    Study hard, ____ you will pass the examination.

  2. 早く起きなさい,さもないと学校に遅刻しますよ。

    Get up early, ____ you will be late for school.

【Point04】命令文, and SV / 命令文, or SV

  • 命令文, and S+V. 「~しなさい,そうすれば SはVする」

    →プラス内容

  • 命令文, or S+V. 「~しなさい,さもないと SはVする」

    →マイナス内容

この続きは授業で!テキスト、演習問題のPDFが無料ダウンロードできる!

14日間無料体験!今すぐ会員登録

学年・科目を選択

14日間無料で、
4万本以上の授業動画を受講いただけます。