講師

URLコピー

※講座タイトルやラインナップは2018年現在のもので、実際の講座と一部異なる場合がございます。無料体験でご確認の上、ご登録お願いいたします。

講師紹介

この授業の
サンプルテキスト公開中!

※サンプルテキストは実際の講座と一部異なる場合がございます。無料体験でご確認の上、ご登録お願いいたします。

受動態(2)

ポイント

  1. by以外の前置詞を用いる受動態
  2. 助動詞がある場合は助動詞最優先!
  3. 熟語動詞は1つの動詞として考える!

1 by以外の前置詞を用いる受動態

【Point01】受動態にはby以外の前置詞を用いるものがある。

  • be interested in ~   「~に興味がある」

    (例) Jun is interested in French history.

    (ジュンはフランスの歴史に興味があります。)

  • be surprised at ~   「~に驚く」

    (例) He was surprised at the news.

    (彼はその知らせに驚きました。)

  • be pleased with ~   「~を気に入っている」

    (例) He was pleased with the gift.

    (彼はその贈り物を気に入っていました。)

  • be known to ~   「~に知られている」

    (例) She is known to everyone.

    (彼女はみんなに知られている。)

  • be covered with ~   「~に覆われている」

    (例) The mountains are covered with snow.

    (山々は雪で覆われています。)

  • be filled with ~   「~でいっぱいだ」

    (例) Her eyes were filled with tears.

    (彼女の目は涙でいっぱいだった。)

  • be made of ~(材料)   「~で作られている」

    (例) This desk is made of wood.

    (この机は木製です。)

  • be made from ~(原料)   「~から作られている」

    (例) Cheese is made from milk.

    (チーズは牛乳から作られます。)

  • be made into ~(製品)   「~になる」

    (例) Milk is made into cheese.

    (牛乳はチーズになります。)

  • be born(in ~)   「(~で[に])生まれる」

    (例) She was born in Japan in 1987.

    (彼女は1987年に日本で生まれた。)

2 助動詞を含む文の受動態

【例題01】次の英文(能動態)を,受動態の文に書きかえなさい。

Many people should read the book.

(多くの人々がその本を読むべきだ。)

The book ____ ____ ____ by many people.

(その本は多くの人々に読まれるべきだ。)

【Point02】助動詞を含む文の受動態

主語(S)+助動詞be+過去分詞(p.p.) + by ~.

→必ず原形の“be” を用いる。

※ 助動詞を優先して文を作る。

3 熟語動詞を含む文の受動態

【例題02】次の英文(能動態)を,受動態の文に書きかえなさい。

Everyone laughed at me.

(みんなが私を笑った。)

  •  I ____ ____ ____ by everyone.

    (私はみんなに笑われた。)

  • ×I was laughed by everyone.

【Point03】熟語動詞を含む文の受動態

熟語を1つの動詞としてとらえて,受動態の文を作る。

  • (例) The lady(S) spoke to(V) me(O) at the station.

    (その女性は駅で私に話しかけた。)

  • → I was spoken to by the lady at the station.

    (私は駅でその女性に話しかけられた。)

● 受動態で狙われる熟語動詞

  • laugh at ~   「~を笑う」
  • speak to ~   「~に話しかける」
  • cut down ~   「~を切り倒す」
  • take care of ~ = look after ~   「~の世話をする」
  • run over ~   「~をひく」

この続きは授業で!テキスト、演習問題のPDFが無料ダウンロードできる!

14日間無料体験!今すぐ会員登録

学年・科目を選択

14日間無料で、
4万本以上の授業動画を受講いただけます。