講師

URLコピー

講師紹介

この授業の
サンプルテキスト公開中!

※サンプルテキストは実際の講座と一部異なる場合がございます。無料体験でご確認の上、ご登録お願いいたします。

不定詞の構文(2)

ポイント

  1. 動詞to ~
  2. 不定詞内容の否定「notの位置は…」
  3. 書きかえ

1 動詞to ~

【例題01】次の日本文に合う英文になるように,[   ]内の語(句)を並べかえなさい。

  1. 彼女は私にドアを開けるように言った。

    [ me / the door / she / to / told / open ].

    ____________

  2. 私は彼にその歌を歌うように頼んだ。

    [ asked / sing / him / I / to / the song ].

    ____________

  3. 私は医者になりたい。

    [ want / I / a doctor / be / to ].

    ____________

  4. 私は息子に医者になってもらいたい。

    [ a doctor / my son / be / want / I / to ].

    ____________

【Point01】動詞++to ~

  • tellto ~   「に~するように言う」
  • askto ~   「に~するように頼む」
  • wantto ~   「に~してもらいたい」

【例題02】次の日本文に合う英文にするためには,notをどこに入れればよいでしょう?

父は私に,ひとりでそこに行かないように言った。

My father ア told me イ to go there alone.

【Point02】不定詞の内容を否定する場合

不定詞の内容を否定するときは,“to ~”の直前に“not”を置く。

  1. tellnot to ~   「に~しないように言う」
  2. asknot to ~   「に~しないように頼む」

2 書きかえ

【例題03】次の英文がほぼ同じ内容を表すように,空欄に適する語を書きなさい。

  1. Our teacher told us to stand up.

    =Our teacher ____ to us, “ ____ ____ .”

  2. My father asked me to wash the car.

    =My father said to me, “ ____ ____ the car.”

  3. Do you want me to clean the room?

    = ____ ____ clean the room?

【Point03】書きかえ

  1. tellto ~ ⇔ say to, “命令文.”
  2. askto ~ ⇔ say to, “Please 命令文.”
  3. Do you want me to ~? ⇔ Shall I ~?

この続きは授業で!テキスト、演習問題のPDFが無料ダウンロードできる!

14日間無料体験!今すぐ会員登録

学年・科目を選択

14日間無料で、
4万本以上の授業動画を受講いただけます。