講師

URLコピー

※講座タイトルやラインナップは2018年現在のもので、実際の講座と一部異なる場合がございます。無料体験でご確認の上、ご登録お願いいたします。

講師紹介

この授業の
サンプルテキスト公開中!

※サンプルテキストは実際の講座と一部異なる場合がございます。無料体験でご確認の上、ご登録お願いいたします。

形容詞・副詞

ポイント

  1. 英語は数えられる名詞と数えられない名詞をキッチリ分ける!
  2. 場所の副詞は,there, here, home, abroadの使い方に注意!
  3. 強調の副詞,頻度の副詞は,修飾する語の前に置く!

1 形容詞の使い方

【例題01】次の日本文に合う英文になるように,[   ]内の語(句)を並べかえ,全文を書きなさい。

  1. 私たちの家には美しい庭がある。

    [ beautiful / has / garden / a / house / our ].

    ____________

  2. この庭の花は美しい。

    [ beautiful / this garden / in / the flowers / are ].

    ____________

【Point01】形容詞の使い方

  • 名詞修飾

    a[an, the]+形容詞→+名詞

    名詞の前から修飾する。

  • 文中で補語(C)

    主語(S)+be動詞+形容詞.

    ↑________|

    主語を説明する。(S = C)

2 数量形容詞

【例題02】次の日本文に合う英文になるように,空欄に適する語(句)を選んで書きなさい。

  1. 父はたくさんの辞書を持っています。

    My father has ____ dictionaries.

    〔 many / much 〕

  2. びんの中にはたくさんの水があります。

    There is ____ water in the bottle.

    〔 many / much 〕

  3. パーティーには少し少年たちがいた。

    There were ____ boys at the party.

    〔 a few / a little 〕

  4. 私はほとんどお金を持っていませんでした。

    I had ____ money.

    〔 few / little 〕

【Point02】可算名詞と不可算名詞

  • 可算名詞…数えることができる名詞のこと。

    1つのとき,“a”や“an”をつける。
    2つ以上のときは“複数形”にする。

  • 不可算名詞…数えることができない名詞のこと。

    “a”や“an”をつけない。
    “複数形”にしない。

【不可算名詞の例】

homework(宿題), information(情報), water(水), rain(雨), snow(雪), coffee(コーヒー),tea(お茶), milk(牛乳), bread(パン), love(愛), money(お金) など

【Point03】数量形容詞

● 可算名詞・不可算名詞を修飾する表現がそれぞれ決まっている。

意味 可算名詞 不可算名詞
たくさんの~ many much
a lot of / lots of
少しの,2,3の~ a few a little
ほとんど~ない few little
いくらかの~ some / any
まったく~ない no

【例文】

You have many English books.
(あなたはたくさんの英語の本を持っています。)

You have a few English books.
(あなたは少し英語の本を持っています。)

You have few English books.
(あなたは英語の本をほとんど持っていません。)

You have some English books.
(あなたは英語の本をいくらか持っています。)

Do you have any English books?
(あなたは英語の本をいくらか持っていますか。)

You don’t have any English books.
(あなたは英語の本を 1 冊も持っていません。)

You have no English book(s).
(あなたは英語の本を 1 冊も持っていません。)

3 副詞(1)

【Point04】動詞を修飾する副詞(句)

  • 動詞を修飾する「場所」「状態」「時」の副詞は文末に置くことが多い。

    (例) I live in Tokyo.
    (私は東京に住んでいます。)

  • 複数の副詞(句)がある場合の語順

    原則「場所」→「状態」→「時」の語順にして文末に置く。

  • 1語の副詞や2語以上の副詞句

場所 there(そこで[に])
here(ここで[に])
home(家へ[に])
abroad(海外に[に])
all over the world(世界中で)
1語の副詞で「で[に]」という前置詞の意味を含んでいるので,toなどと一緒には用いないことに注意!

(例)○ I went there.(私はそこへ行った。)
      × I went to there.

状態 fast(速く),slowly(ゆっくりと),hard(熱心に,一生懸命),
well(上手に,よく),early(早く),late( 遅く)
today(今日),yesterday(昨日),tomorrow(明日),
every day(毎日),after school(放課後)
  • 前置詞句… “前置詞+名詞” のカタマリ

4 副詞(2)

【Point05】

①強調の副詞

副詞 位置
very(とても) 修飾する語の直前
too(~すぎる)
so(そんなに)

基本的な意味は「強調」なので,強調したい語句の直前に置けばよい。

②頻度の副詞

低い  ←頻度の程度→  高い
sometimes
(ときどき)
often
(よく,しばしば)
usually
(ふつう,たいてい)
always
(いつも)

頻度の副詞の位置:修飾する語の前に置く。

この続きは授業で!テキスト、演習問題のPDFが無料ダウンロードできる!

14日間無料体験!今すぐ会員登録

学年・科目を選択

14日間無料で、
4万本以上の授業動画を受講いただけます。