講師

URLコピー

※講座タイトルやラインナップは2018年現在のもので、実際の講座と一部異なる場合がございます。無料体験でご確認の上、ご登録お願いいたします。

講師紹介

この授業の
サンプルテキスト公開中!

※サンプルテキストは実際の講座と一部異なる場合がございます。無料体験でご確認の上、ご登録お願いいたします。

物質の水への溶け方

1 水溶液

(1)水溶液とは

 ある物質が水にとけてできた液を水溶液といいます。

(2)水溶液の特徴(4つの性質)

  • 透明である(無色とは限りませんが,にごっている液は水溶液とはいいません)
  • 長時間おいても水と分離しない
  • 濃さがどこも同じである
  • ろ過してもとけているものを取り出すことはできない

    ろ過:液体と固体が混ざっているものを分離する操作

(3)溶質・溶媒・溶液

  • ①溶質…砂糖や食塩を水にとかした場合,砂糖や食塩のように水にとけている物質のこと。
  • ②溶媒…水のように,砂糖や食塩などの溶質をとかす物質のこと。
  • ③溶液…溶媒に溶質がとけた液体のこと。(溶媒が水の場合を水溶液といいます。)

(4)いろいろな水溶液

水溶液名 溶質名 溶質の状態
食塩水 食塩(塩化ナトリウム) 固体
砂糖水 砂糖 固体
石灰水 水酸化カルシウム 固体
水酸化ナトリウム水溶液 水酸化ナトリウム 固体
硫酸銅水溶液 硫酸銅 固体
うすい硫酸 硫酸 液体
うすい酢酸 酢酸 液体
過酸化水素水 過酸化水素 液体
炭酸水 二酸化炭素 気体
塩酸 塩化水素 気体
アンモニア水 アンモニア 気体

(5)固体が水にとける様子

固体が水にとける様子

(6)固体物質を速くとかす方法

  • 水の温度を高くする(例外あり)
  • かき混ぜる
  • 固体物質を細かくくだく

    固体物質によっては水温を高くするほどとけにくくなるものがあります。例:水酸化カルシウム

    固体物質を細かくくだくことによって,表面積を大きくすることができます。

2 溶解度

(1)溶解度とは?

 質量100gの水にとける物質の最大量のことをいいます。溶解度は水温と物質によって変化します。水温が同じであれば水にとける物質の最大量は水の質量に比例します。

(2)溶解度曲線

  • いろいろな物質の溶解度

0℃ 20℃ 40℃ 60℃ 80℃ 100℃
食塩(塩化ナトリウム) 35.6 35.8 36.3 37.1 38.0 39.3
ホウ酸 2.8 4.9 8.9 14.9 23.5 38.0
ミョウバン 5.7 11.4 23.8 57.4 321
砂糖 179 203 238 287 362 485
水酸化カルシウム 0.14 0.13 0.11 0.09 0.08 0.05
  • グラフ

    グラフ

(3)飽和水溶液

 ある温度の水に溶質をとかせるだけとかし,それ以上とかすことができなくなったときその水溶液は飽和したといい,飽和した水溶液を飽和水溶液といいます。

(4)再結晶

 固体がとけている水溶液からもとの固体が結晶となって出てくる現象を再結晶といいます。再結晶の方法は次の2通りがあります。

  • 水溶液の温度を下げる方法
  • 水溶液から水を蒸発させる方法

(5)結晶の形

再結晶によって得られる結晶の形は物質によって異なり,固有の形があります。

食塩ホウ酸ミョウバン

(6)気体の溶解度

 気体は一般に,温度が低いほど溶解度が大きく,よくとけます。

(例)炭酸水を暑いところに放置しておくと炭酸がすぐにぬける。

この続きは授業で!テキスト、演習問題のPDFが無料ダウンロードできる!

14日間無料体験!今すぐ会員登録

学年・科目を選択

14日間無料で、
4万本以上の授業動画を受講いただけます。