講師

URLコピー

※講座タイトルやラインナップは2018年現在のもので、実際の講座と一部異なる場合がございます。無料体験でご確認の上、ご登録お願いいたします。

講師紹介

この授業の
サンプルテキスト公開中!

※サンプルテキストは実際の講座と一部異なる場合がございます。無料体験でご確認の上、ご登録お願いいたします。

花のつくりとはたらき

1 花のつくり

(1)花の4 要素

  • ①めしべ… 種子や果実を作る部分をいいます。
    先端部分を柱頭といいます。
  • ②おしべ… 花粉を作る部分をいいます。
    おしべの先端部分をやくといい,ここで花粉を作ります。
  • ③花弁… 花びらともいいます。
    動物を誘うための部分です。
  • ④がく… 花を支える部分です。
    つぼみのときに内部を保護する部分でもあります。
  • 花のつくり

(2)合弁花と離弁花

  • ①合弁花… 花びらがくっついている花。
    タンポポ(キク科),ツツジ(ツツジ科),ヘチマ(ウリ科),アサガオ(ヒルガオ科)など
  • ②離弁花… 花びらが1 枚ずつ根もとから分かれている花。
    アブラナ(アブラナ科),サクラ(バラ科),エンドウ(マメ科)など

(3)両性花と単性花

  • ①両性花… 一つの花におしべとめしべの両方がそろっている花。
    アブラナ,サクラ,エンドウ, タンポポ,ツツジ, アサガオなど
  • ②単性花… 雄花と雌花,雄株と雌株に分かれている花。
    ヘチマ,トウモロコシ(イネ科),マツ,イチョウなど
  • 両性花と単性花

2 受粉と結実

(1)受粉とは?

 めしべの柱頭におしべのやくで作った花粉がつくことを受粉といいます。花粉の運ばれ方は昆虫やその他の動物が運んだり,風が運んだりするものがあり,植物によって異なります。

(2)めしべの構造

 めしべには柱頭,子房,胚珠の部分があります。

  • ①柱頭… 花粉がつく部分。
  • ②子房… めしべの根もとにあるふくらんだ外側の部分。
  • ③胚珠… 子房の内部にある部分。
  • めしべの構造

(3)受粉後

 受粉するとめしべの胚珠の部分は種子となり,めしべの子房の部分は果実(実)となります。花弁やがくは枯れてなくなります。

「へた」として,がくが枯れずに残る植物もあります。

(4)種子の運ばれ方

 花が作った種子は次の世代に子孫を残すために種子をばらまかないといけません。種子の散らばり方は植物によって異なります。

  • ①動物に付着する… オナモミ,センダングサなど
  • ②風によって運ばれる… タンポポ,マツなど
  • ③動物に食べられる… カラスウリ,ヤマブドウなど
  • ④自力ではじけ飛ぶ… ホウセンカ,カタバミなど
  • ⑤転がる… クヌギ,コナラなど

3 種子植物

(1)種子植物

 種子をつくってなかまをふやす植物のことを種子植物といいます。種子植物には被子植物と裸子植物があります。

  • ①被子植物… 胚珠が子房の中にある植物。
    アブラナ,サクラ,エンドウ,ツツジ,タンポポ,ヘチマなど
  • ②裸子植物… 子房がなく胚珠がむき出しになっている植物。
    マツ,スギ,イチョウ,ソテツ,ヒノキ,モミなど
  • 裸子植物には種子はできますが,子房がないために果実はできません。

(2)被子植物と裸子植物の受粉の違い

  • ①被子植物の受粉… 花粉が柱頭につき花粉管をのばし内部の胚珠に到達します。つまり直接花粉が胚珠につきません。
  • ②裸子植物の受粉… 花粉が直接胚珠につきます。
  • 被子植物と裸子植物の受粉の違い

(3)マツの花

 雄花のりん片の花粉のうの中でできた花粉が,風によって雌花のりん片にある胚珠に到達して受粉します。受粉後雌花はまつかさとなり,内部でできた種子は風によって散らばり芽生えていきます。

マツの花

(4)イチョウの花

 受粉から結実までのおおまかな流れはマツと同じです。イチョウの花は雄株と雌株に分かれてさきます。

イチョウの花

この続きは授業で!テキスト、演習問題のPDFが無料ダウンロードできる!

14日間無料体験!今すぐ会員登録

学年・科目を選択

14日間無料で、
4万本以上の授業動画を受講いただけます。