講師

URLコピー

講師紹介

この授業の
サンプルテキスト公開中!

※サンプルテキストは実際の講座と一部異なる場合がございます。無料体験でご確認の上、ご登録お願いいたします。

光合成と呼吸

1 光合成

(1)光合成によってできる物質

 前回の授業で植物は葉の葉緑体に光が当たると,デンプンなどの栄養分をつくることを学びました。くわしくいえば光合成には二酸化炭素と水が物質として必要で,栄養分をつくると同時に酸素もつくり出します。この酸素は気孔から体外に出されます。

光合成の式

二酸化炭素 光エネルギー

→→→
葉緑体
デンプンなどの栄養分 酸素

(2)葉でつくられたデンプン

 光合成でつくられたデンプンは水にとけにくいため,水にとけやすい糖分に変えられてからからだ全体に運ばれます。その栄養分は植物が生きていくのに使われたり,根や茎や葉そして花や実にたくわえられたりします。

光合成のしくみ

(3)光合成で酸素がつくられることを確かめる実験

 水中で植物に光を当ててそのときに出てくる気泡を試験管に集めます。その気体に火のついた線香を近づけてようすを観察します。

酸素の発生を調べる実験

(4)光合成に二酸化炭素が必要であるかどうかを調べる実験

  • ヨウ素液で調べる

    ヨウ素液で調べる

  • 石灰水で調べる

    石灰水で調べる

  • BTB溶液で調べる

     BTB溶液はあらかじめ二酸化炭素を吹き込んで青色から黄色にしておいたものを用意します。そのBTB溶液中の二酸化炭素が光合成によって使われて無くなれば黄色→緑色→青色と変色していきます。

    BTB溶液で調べる

2 植物の呼吸

(1)呼吸

 植物も動物も生きていくためのエネルギーを得るために呼吸を行っています。呼吸に必要な物質はデンプンなどの栄養分と酸素で,その結果二酸化炭素と水を出しています。このように,呼吸と光合成では気体の出入りが逆になっています。
 植物は光合成を昼間に行うことはできますが,夜間は光が当たらないために行うことができません。一方,呼吸は昼間も夜間も行います。

呼吸の式

デンプンなどの栄養分 酸素 生活活動エネルギー

→→→
細胞
二酸化炭素

(2)昼間と夜間の気体の出入り

  • 昼間の気体の出入り

     昼間は光合成量の方が呼吸量よりも多いので,全体として二酸化炭素を取り入れて酸素を放出しています。

  • 夜間の気体の出入り

     夜間は呼吸のみを行っているので酸素を取り入れて二酸化炭素を放出しています。

    昼間と夜間の気体の出入り

(3)植物の呼吸を確かめる実験

  • 石灰水を用いる

    石灰水を用いる

  • 気体検知管で調べる

    気体検知管の使い方

    • 気体検知管の両端をチップホルダで折り,管の先にカバーゴムをつけます。

    • 気体検知管を気体採取器に差し込みます。

    • 印を合わせて調べたいところに検知管の先を差してハンドルを引いて気体を吸い込み決められた時間待ちます。

    • 気体検知管をはずして色が変化した先の目盛りを読みます。

    • 酸素用の気体検知管は使用直後にとても熱くなっているので注意する。

    気体検知管で調べる

    気体検知管で調べる

    結果

      酸素 二酸化炭素
    はじめ 21.0% 0.08%
    3時間後 20.5% 0.90%

    植物の呼吸によって,酸素が吸収され,二酸化炭素が出された。

この続きは授業で!テキスト、演習問題のPDFが無料ダウンロードできる!

14日間無料体験!今すぐ会員登録

学年・科目を選択

14日間無料で、
4万本以上の授業動画を受講いただけます。