講師

URLコピー

※講座タイトルやラインナップは2018年現在のもので、実際の講座と一部異なる場合がございます。無料体験でご確認の上、ご登録お願いいたします。

講師紹介

この授業の
サンプルテキスト公開中!

※サンプルテキストは実際の講座と一部異なる場合がございます。無料体験でご確認の上、ご登録お願いいたします。

植物全体の分類

 今回は今までのすべての植物を分類していきます。植物のふえ方やからだのつくりからしっかりと分類できるようになりましょう。

1 種子植物

 花をさかせて種子をつくり,種子でなかまをふやす植物を種子植物といいます。

(1)被子植物…胚珠が子房の中にある植物。

  • ①単子葉類…発芽した時の子葉の枚数が1枚。
  •  イネ科…イネ,ムギ,トウモロコシ,ススキ,エノコログサなど
  •  ユリ科…ユリ,チューリップ,ヒヤシンスなど
  •  その他…ツユクサ,サトイモなど
  • ②双子葉類…発芽した時の子葉の枚数が2枚。
  •  (ⅰ)
    • 合弁花類…花弁が根もとでくっついている。
    • キク科…キク,タンポポ,ヒマワリなど
    • ヒルガオ科…アサガオ,ヒルガオ,サツマイモなど
    • ナス科…ナス,トマト,ピーマン,ジャガイモなど
    • ツツジ科…ツツジなど
    • ウリ科…カボチャ,ヘチマ,キュウリなど
  •  (ⅱ)
    • 離弁花類…花びらが根もとからばらばらに離れている。
    • アブラナ科…アブラナ,キャベツ,ハクサイなど
    • バラ科…サクラ,ウメ,モモなど
    • マメ科…エンドウ,シロツメクサ,レンゲソウなど
  • ウリ科の植物やトウモロコシなどは単性花です。

(2)被子植物の根,茎,葉のつくり

 単子葉類と双子葉類で根,茎,葉のつくりの違いをしっかりと識別できるようにしておきましょう。

双子葉類と単子葉類の特徴

(3)裸子植物…子房がなく胚珠がむき出しになっている植物。マツ,スギ,イチョウ,ソテツ,ヒノキ,モミなど

マツの花

2 胞子でふえる植物

 花をさかせず胞子をつくり,胞子でなかまをふやす植物をいいます。

(1)シダ植物…ワラビ,ゼンマイ,ノキシノブ,スギナなど

  • 生活場所

    比較的湿った日かげの場所で生活します。

  • からだのつくり

    根,茎,葉の区別があります。

    維管束があり水を運びます。

    地下茎(地下にある茎)をもつものが多いです。

  • なかまのふやし方

    葉の裏側にある胞子のうで胞子をつくってなかまをふやします。

(2)コケ植物…ゼニゴケ,スギゴケなど

  • 生活場所

    湿った日かげの場所で生活します。

  • からだのつくり

    根,茎,葉の区別はありません。

    維管束はなくからだ全体で水を吸収します。

    雄株と雌株があります。

  • なかまのふやし方

    胞子でなかまをふやします。

3 植物全体の分類図

 下に示す植物の分類図は植物を識別する上でとても大切です。しっかりと覚えておきましょう。

〈サクラ,タンポポ,イネ,マツ,ワラビ,スギゴケの分類の例〉

サクラ,タンポポ,イネ,マツ,ワラビ,スギゴケの分類の例

この続きは授業で!テキスト、演習問題のPDFが無料ダウンロードできる!

14日間無料体験!今すぐ会員登録

学年・科目を選択

14日間無料で、
4万本以上の授業動画を受講いただけます。