講師

URLコピー

※講座タイトルやラインナップは2018年現在のもので、実際の講座と一部異なる場合がございます。無料体験でご確認の上、ご登録お願いいたします。

講師紹介

この授業の
サンプルテキスト公開中!

※サンプルテキストは実際の講座と一部異なる場合がございます。無料体験でご確認の上、ご登録お願いいたします。

物質の分解

1 物質の分解

(1)化学反応

 もとの物質とは異なる性質をもった別の物質ができる変化を化学反応といいます。
 例えばA+B→C+Dの反応が起こったとすると,C,DはもとのA,Bとは全く別の物質です。

(2)分解反応(分解)

 化学反応の1つで1種類の物質が2種類以上の物質に分かれる化学変化のことを分解反応といいます。

分解反応 物質A 物質B 物質C
  化学変化前     化学変化後  

2 熱分解

(1)熱分解反応

 物質を加熱したときに起こる分解反応をとくに熱分解反応(熱分解)といいます。

(2)炭酸水素ナトリウムの熱分解

 炭酸水素ナトリウムの白色粉末を加熱すると液体の水と気体の二酸化炭素と固体の炭酸ナトリウム(白色粉末)に分解します。

(反応式) 炭酸水素ナトリウム→炭酸ナトリウム+水+二酸化炭素

  • ①炭酸水素ナトリウム…重そう,重炭酸ソーダともいいます。水にわずかにとけて弱いアルカリ性を示します。

  • ②炭酸ナトリウム…水によくとけて強いアルカリ性を示します。
  • ベーキングパウダー(ふくらし粉)
    パンなどに混ぜるベーキングパウダーの主成分は炭酸水素ナトリウムです。

〈実験〉炭酸水素ナトリウムの熱分解

(3)酸化銀の熱分解

 酸化銀(黒色粉末)を加熱すると気体の酸素が発生し,白っぽい固体の銀が残ります。

(反応式) 酸化銀→銀+酸素

酸化銀を加熱したときに発生する気体が酸素であるかどうかを確かめるためには,発生した気体を集めたものに火のついた線香を近づけてみます。

酸化銀を加熱した後に残った固体が銀であるかどうかを確かめるためには,固体をみがいてみたり,たたいてみたり,電流を通してみたりします。

酸化銀の熱分解

(4)炭酸アンモニウムの熱分解

 炭酸アンモニウム(白色粉末)を加熱すると,気体のアンモニアと二酸化炭素,液体の水が発生して後に固体は残りません

(反応式) 炭酸アンモニウム→アンモニア+二酸化炭素+水

炭酸アンモニウムの熱分解

(5)木のむし焼き

3 電気分解

(1)電気分解

 物質によっては加熱しても分解できない物質が存在します。そのような物質も水溶液にして電流を流すと分解することができます。電流を流したときに起こる分解を電気分解といいます。

(2)水の電気分解

 水に水酸化ナトリウムをとかして電流が流れるようにすると,電源の+極につないだ電極(陽極)には酸素が,−極につないだ電極(陰極)には水素が発生します。

(反応式) 水→酸素+水素

水の電気分解

この続きは授業で!テキスト、演習問題のPDFが無料ダウンロードできる!

14日間無料体験!今すぐ会員登録

学年・科目を選択