講師

URLコピー

講師紹介

この授業の
サンプルテキスト公開中!

※サンプルテキストは実際の講座と一部異なる場合がございます。無料体験でご確認の上、ご登録お願いいたします。

物質が結びつく変化

1 化合

(1)化合

 2種類以上の物質が結びついて別の1種類の物質になる化学変化のことを化合といいます。

(2)化合物

 化合によってできた物質のことを化合物といいます。

物質A物質B物質C

 (物質Cは物質Aと物質Bが化合してできた化合物です。)

2 酸素と結びつく変化

 物質が酸素と結びつくことを酸化といいます。酸化は化合の1つです。酸化によってできた物質を一般に酸化物といいます。

(1)水素と酸素の化合

 水素と酸素を体積比で2:1の割合で混ぜた混合気体に点火すると爆発音がして,水ができます。

(反応式) 水素+酸素→水

〈水素と酸素の化合〉

(2)炭素と酸素の化合

 炭素を加熱すると炎を出さずに赤熱して燃えて,空気中の酸素と化合して二酸化炭素ができます。

(反応式) 炭素+酸素→二酸化炭素

〈炭素と酸素の化合〉

(3)鉄と酸素の化合

 スチールウールを空気中で加熱すると,赤熱した部分が広がるように反応して鉄と空気中の酸素が化合し,黒色の酸化鉄ができます。

(反応式) 鉄+酸素→酸化鉄

酸化によってできた酸化鉄は化合する前の鉄の質量よりも質量が大きくなります。これは,酸化によって結びついた酸素の質量の分だけ増加したためです。

〈スチールウール(鉄)と酸素の化合〉

(4)マグネシウムと酸素の化合

 マグネシウムを空気中で加熱すると空気中の酸素と化合し,白色で灰状の酸化マグネシウムができます。

(反応式) マグネシウム+酸素→酸化マグネシウム

酸化によってできた酸化マグネシウムは化合する前のマグネシウムの質量よりも質量が大きくなります。これは,酸化によって結びついた酸素の質量の分だけ増加したためです。

〈マグネシウムと酸化マグネシウム〉

(5)銅と酸素の化合

 銅を空気中で加熱すると空気中の酸素と化合して,黒色の酸化銅ができます。

(反応式) 銅+酸素→酸化銅

酸化によってできた酸化銅は化合する前の銅の質量よりも質量が大きくなります。これは,酸化によって結びついた酸素の質量の分だけ増加したためです。

〈銅と酸素の化合〉

3 硫黄と結びつく変化

 物質が硫黄と結びつく変化を硫化といいます。硫化は化合の1つです。硫化によってできた物質を硫化物といいます。

(1)鉄と硫黄の化合

 鉄と硫黄の混合物を加熱すると,光と熱を出して激しく化合し,黒っぽい硫化鉄ができます。

(反応式) 鉄+硫黄→硫化鉄

鉄+硫黄→硫化鉄

硫化によってできた硫化鉄は化合する前の鉄の質量よりも質量が大きくなります。これは,硫化によって結びついた硫黄の質量の分だけ増加したためです。

〈実験〉鉄と硫黄の化合

(2)銅と硫黄の化合

  • 加熱による化合

     硫黄の蒸気の中に熱した銅板や銅線を入れると激しく化合し,黒っぽい硫化銅ができます。

  • おだやかな化合

     銅板の上に硫黄の粉末を置いておくと接していた部分でおだやかに銅と硫黄が化合して黒っぽい硫化銅ができます。

(反応式) 銅+硫黄→硫化銅

銅+硫黄→硫化銅

硫化によってできた硫化銅は化合する前の銅の質量よりも質量が大きくなります。これは,硫化によって結びついた硫黄の質量の分だけ増加したためです。

銅と硫黄の加熱による化合

この続きは授業で!テキスト、演習問題のPDFが無料ダウンロードできる!

14日間無料体験!今すぐ会員登録

学年・科目を選択

14日間無料で、
4万本以上の授業動画を受講いただけます。