講師

URLコピー

講師紹介

この授業の
サンプルテキスト公開中!

※サンプルテキストは実際の講座と一部異なる場合がございます。無料体験でご確認の上、ご登録お願いいたします。

消化と吸収

1 食物にふくまれる養分

(1)有機物

 炭水化物(デンプンなど)・タンパク質・脂肪などのことをいいます。(三大栄養素)

(2)無機物

 食塩,カルシウム,鉄などのことをいいます。(ミネラル)

養分 おもな食物 おもなはたらき
有機物 炭水化物 米,麦,いもなど エネルギーのもとになる。
タンパク質 肉,卵,豆など からだをつくる。
脂肪 油,バターなど エネルギーのもとになる。
無機物 牛乳(カルシウム),レバー(鉄)など からだの調子を整える。

※ビタミン…体内で合成することができない微量の有機物で,からだの調子を整えます。

※三大栄養素…炭水化物・タンパク質・脂肪の3つをいいます。生きていくために必要な栄養素です。

※五大栄養素…炭水化物・タンパク質・脂肪・ビタミン・ミネラルの5つをいいます。

2 養分の消化

(1)消化

 食物を歯でかみくだいたり,食物にふくまれている養分を細かく分解したりして,からだの中にとり入れやすい(血液の中にとけ込みやすい)物質に変えるはたらきのことをいいます。

  •  ※物理的消化…食物をかんで粒を細かくする消化をいいます。
  •  ※化学的消化…細かくした食物を消化液によって血液にとけこみやすい別の物質に変える消化をいいます。
  • 消化器官(消化器)

     食物を消化し,その養分をからだの中にとり入れるはたらきをする器官のことをいいます。口,食道,胃,小腸,大腸,肛門,だ液せん,胆のう,肝臓,すい臓のことをいいます。

  • 消化管

     口から始まり,食道,胃,小腸,大腸を経て,肛門に終わる1本の長い管のことをいい,食べ物の通り道となります。消化管には,だ液せん,すい臓,肝臓などもつながっています。食物は,消化管の運動によっても細かくされます。

  • ヒトの消化器官

(2)消化酵素

 そのままでは体内にとり入れることができない,炭水化物,タンパク質,脂肪などを分解して,体内に吸収しやすくするはたらきをもつもののことをいいます。

  • さまざまな種類があり,それぞれが決まった相手にはたらきます。

  • 消化酵素自身は変化しないので,わずかな量でもくり返しはたらきます。

  • まわりの条件により,はたらきが強くなったり,弱くなったりします。

(3)消化液

 いくつかの消化器官から出される液のことをいいます。

  • だ液

     口のだ液せんでつくられ,デンプンを分解する消化酵素(アミラーゼ)をふくみます。

  • 胃液

     胃でつくられ,タンパク質を分解します。

    • 胃液にふくまれる塩酸には,消化酵素であるペプシンのはたらきを助けるほか,食物を殺菌するはたらきがあります。
  • 胆液

     肝臓でつくられて胆のうにたくわえられ,十二指腸に出されます。消化酵素をふくまないが,脂肪の粒を細かくして,脂肪の分解を助けます。

  • すい液

     すい臓でつくられ,十二指腸に出されます。炭水化物・タンパク質・脂肪を分解する数種類の消化酵素をふくみます。

  • 小腸の壁の消化酵素(腸液)

     炭水化物とタンパク質を最終的に分解します。

  • 〈実験〉だ液のはたらきを調べる実験

  • ※ヨウ素液…デンプンの検出に使う薬品です。
  • ※ベネジクト液…糖の検出に使う薬品です。フェーリング液でも代用できます。

(4)養分の分解

  • 炭水化物(デンプン)

     最終的にブドウ糖にまで分解されます。

  • タンパク質

     最終的にアミノ酸にまで分解されます。

  • 脂肪

     最終的にモノグリセリドと脂肪酸にまで分解されます。

  • デンプンはだ液などによって麦芽糖(ブドウ糖の粒が2 つ結合したもの)に分解され,小腸の壁の消化酵素によってブドウ糖に分解されます。

  • ヒトの消化のしくみ

3 養分の吸収とそのゆくえ

(1)小腸のつくりとはたらき

 小腸の内壁はひだ状で,その表面には柔毛とよばれる無数の突起があります。消化された養分や水分を吸収します。

柔毛(柔突起)
 内部には毛細血管とリンパ管が分布します。無数にあるため,小腸の表面積が大きくなり,養分の吸収が効率よく行われます。

小腸のつくりと養分の吸収

(2)養分の吸収

 おもに小腸で吸収されます。

  • 毛細血管に吸収される養分

     ブドウ糖,アミノ酸,無機物は,水にとけて柔毛の表面から吸収され,毛細血管に入ります。ブドウ糖とアミノ酸は,血管を通ってまず肝臓に運ばれます。

  • リンパ管に吸収される養分

     モノグリセリドと脂肪酸は柔毛の表面から吸収されたあと,再び脂肪になり,リンパ管に入ります。リンパ管は首のつけ根付近で血管と合流し,運ばれてきた脂肪はここで血管に入って全身に運ばれます。

(3)大腸のはたらき

 小腸で吸収されなかった残りの水分や無機物の一部を吸収します。

この続きは授業で!テキスト、演習問題のPDFが無料ダウンロードできる!

14日間無料体験!今すぐ会員登録

学年・科目を選択

14日間無料で、
4万本以上の授業動画を受講いただけます。