講師

URLコピー

講師紹介

この授業の
サンプルテキスト公開中!

※サンプルテキストは実際の講座と一部異なる場合がございます。無料体験でご確認の上、ご登録お願いいたします。

刺激と反応

1 神経系

(1)神経系

 中枢神経と,そこから枝分かれしてからだのすみずみまで行きわたる末しょう神経からなります。

神経細胞と神経繊維
神経系は神経細胞と神経繊維で成り立っています。

神経系

(2)中枢神経

 脳とせきずいからなります。外界からの刺激を感覚として感じたり,反応の命令を出したりしています。

  •  感覚・運動の命令や調節・記憶・思考など,多くのはたらきをします。

    ※脳のつくり…大脳・間脳・中脳・小脳・延ずいに分かれています。

    • (ⅰ)大脳…感覚・意識的な運動・理解・記憶・感情などに関係します。
    • (ⅱ)間脳…体温を一定に保つなどのはたらきをします。
    • (ⅲ)中脳…目の運動やひとみの大きさの調節,歩行などの動作のはたらきをします。
    • (ⅳ)小脳…からだの平衡を保つなどのはたらきをします。
    • (ⅴ)延ずい…肺呼吸や心臓の運動の調節などのはたらきをします。
  • せきずい

     背骨の中を通っており,背骨に守られています。脳と末しょう神経を結ぶ神経からなります。

  • 中枢神経

(3)末しょう神経

 感覚神経と運動神経からなります。

  • 感覚神経

    感覚器官からの刺激を信号として中枢神経に伝えるはたらきをします。

  • 運動神経

    中枢神経からの命令を信号として運動器官に伝えるはたらきをします。

(4)意識して起こる反応の仕組み

 感覚器官で受けとった刺激は信号となり,感覚神経によって中枢神経(脳やせきずい)に伝えられます。中枢神経はどのように反応するかを決めて命令を出します。その命令は信号となり,運動神経によって筋肉などの運動器官に伝えられて,反応が起きます。

意識して起こる反応の場合,脳で刺激を感じ,それに対する命令を出します。

(意識して起こる反応の経路)

感覚器官感覚神経せきずいせきずい運動神経筋肉

目→感覚神経→脳のようにせきずいを通らない場合もあります。

意識して起こる反応の仕組み

(5)魚の刺激と反応

 メダカなどの魚は,いつもほぼ同じ場所にとどまろうとする性質があります。

 メダカは,流れを体表で直接感じているだけではなく,目で周囲のようすを見て,同 じ位置にいることを確かめています。

〈実験〉メダカの刺激に対する反応

2 反射

(1)反射

 熱いものに手がふれたとき思わず手を引っこめるなど,刺激に対して意識と無関係に起こる反応のことをいいます。このとき,感覚神経によってせきずいに伝えられた信号は,脳に伝えられると同時に,運動神経にも直接伝えられます。

(反射の経路)

感覚器官感覚神経せきずい運動神経筋肉

反射の経路

(2)反射の例

  • 口の中に食べ物を入れると,だ液が出ます。
  • 暗いほうに目を向けると,ひとみが大きくなります。
  • 体温が一定に保たれています。
  • ひざの下をたたくと,足がはね上がります。

(3)反射の例

 刺激を受けてから反応が起こるまでの時間が短いので,危険から身を守ることに役立っていることが多いです。また,からだのはたらきを調節することにも役立っています。

〈実験〉 刺激に対する反応時間の測定

この続きは授業で!テキスト、演習問題のPDFが無料ダウンロードできる!

14日間無料体験!今すぐ会員登録

学年・科目を選択

14日間無料で、
4万本以上の授業動画を受講いただけます。