講師

URLコピー

※講座タイトルやラインナップは2018年現在のもので、実際の講座と一部異なる場合がございます。無料体験でご確認の上、ご登録お願いいたします。

講師紹介

この授業の
サンプルテキスト公開中!

※サンプルテキストは実際の講座と一部異なる場合がございます。無料体験でご確認の上、ご登録お願いいたします。

前線と天気の変化

1 気団と前線

(1)気団

 空気が大陸上や海洋上などに長くとどまると,広い範囲にわたって気温や湿度がほぼ一様な空気のかたまりができます。このような大きな空気のかたまりを気団といいます。海洋上の気団はふつう湿っていて,大陸上の気団はふつう乾燥しています。また,北に位置する気団は気温が低く,南に位置する気団は気温が高いです。

※寒気団…気温の低い空気のかたまりで,北から南下します。

※暖気団…気温の高い空気のかたまりで,南から北上します。

(2)前線面

 性質が違う2つの気団がぶつかったとき,すぐに混じり合わずにできる境界面のことをいいます。この境界面に沿って上昇気流が生じ,雲が発生しやすくなります。

(3)前線

 前線面が地表と交わる線のことをいいます。

  • 温暖前線

     暖気が寒気に向かって進むときにできる前線です。暖気が寒気よりも勢いが強く前線面に沿ってゆるやかに上がっていきます。

  • 〈温暖前線・寒冷前線の構造〉

  • 寒冷前線

     寒気が暖気に向かって進むときにできる前線です。寒気が暖気よりも勢いが強く前線面に沿って暖気が上に押しあげられます。

  • 閉そく前線

     寒冷前線はふつう,温暖前線よりも速く進みます。その結果,寒冷前線が温暖前線に追いついてできる前線です。

  • 〈前線の記号〉

  • 停滞前線

     暖気と寒気が同じような勢力でぶつかってできる,ほとんど動かない前線です。

2 前線の通過と天気の変化

(1)寒冷前線付近に発達する雲

 寒気が暖気の下にもぐり,暖気を急激に押しあげるので,積乱雲などの積雲状の雲が垂直に発達します。

(2)温暖前線付近に発達する雲

 暖気がゆるやかに寒気の上にはい上がるので,層状の乱層雲や高層雲が広い範囲にわたってできます。

(3)寒冷前線の通過と天気の変化

  • 天気と気温の変化

     前線の通過の際,狭い範囲で強い雨が降り,雷や突風を伴うことがあります。通過後は寒気におおわれ,気温が急に下がります。雨が短時間でやみ,天気は急速に回復します。

  • 気圧の変化

     前線が通過するときに低くなり,通過後は上がります。

  • 風向の変化

     前線の通過前は南寄りの風が吹き,通過後は北寄りの風に変わります。

(4)温暖前線の通過と天気の変化

  • 天気と気温の変化

     前線が近づくにつれて天気がしだいに悪くなり,おだやかな雨が広い範囲に長時間降り続きます。通過後,暖気におおわれ,気温が上がり,天気は回復します。

  • ②風向の変化…前線の通過後は,南寄りの風に変わります。
  • 〈寒冷前線と温暖前線の近辺の様子〉

(5)停滞前線と天気の変化

 日本付近では,夏の前後に停滞前線(梅雨前線と秋雨前線)ができます。前線は長い間ほとんど移動せず,東西方向にのびることが多く,前線付近では帯状の雲が発生して雨やくもりの日がしばらく続きます。

3 温帯低気圧と前線

(1)温帯低気圧

 中緯度地方にできる低気圧のことをいいます。中心から南東側に温暖前線,南西側に寒冷前線を伴います。

(2)温帯低気圧の進行方向

 温帯低気圧は,中緯度上空を吹く偏西風の影響を受けておよそ西から東へ移動します。このため,天気もおよそ西から東へ移り変わります。

温帯低気圧は西から東に移動するにつれて寒冷前線の方が温暖前線よりも進行速度が速いためにそのはばが狭くなっていきます。そして閉そく前線へと近づいていきます。

温帯低気圧ができてからなくなるまで

  • 停滞前線ができます。
  • 低気圧が発生して寒冷前線と温暖前線ができます。
  • 寒冷前線の進み方は温暖前線の進み方よりも速くやがて閉そく前線ができます。
  • 温帯低気圧の進行方向

この続きは授業で!テキスト、演習問題のPDFが無料ダウンロードできる!

14日間無料体験!今すぐ会員登録

学年・科目を選択