講師

URLコピー

※講座タイトルやラインナップは2018年現在のもので、実際の講座と一部異なる場合がございます。無料体験でご確認の上、ご登録お願いいたします。

講師紹介

この授業の
サンプルテキスト公開中!

※サンプルテキストは実際の講座と一部異なる場合がございます。無料体験でご確認の上、ご登録お願いいたします。

大気の動きと日本の天気

1 大気の動き

(1)大気

 地球の半径は約6400kmで,大気の厚さは地上から数百km,その中で気象現象が起こるのは地上から約10kmのところまでとなります。

(2)大気の循環

 赤道付近は太陽の熱を多く受けるので,地表付近の空気があたためられて上昇気流が発生し,極(北極,南極)付近は太陽の熱をわずかしか受けないので,上空の空気が冷えて下降気流が発生します。

地球全体の大気の循環

(3)偏西風

 中緯度地方の上空で1 年中吹く西寄りの風のことをいいます。日本付近で,低気圧や高気圧が西から東に移動して天気が西から東に移るのは偏西風の影響です。

(4)風と温度

 まわりよりもあたたかいところは,上昇気流が生じて気圧が低くなります(低気圧が生じやすくなります)。まわりよりも冷たいところは,下降気流が生じて気圧が高くなります(高気圧が生じやすくなります)。風は高気圧から低気圧に向かって吹きます。

  • 海と陸のあたたまり方・冷え方

     陸は固体であるために温まりやすく冷めやすくなりますが,海は液体であるために温まりにくく冷めにくくなります。

  • 海風と陸風

     晴れた日で,昼は陸上の気温が海上の気温よりも高くなり上昇気流が発生します(気圧が低くなります)。したがって海岸付近で海から陸に向かう風が吹きます。これを海風といいます。夜は逆に,陸上の気温のほうが低くなり下降気流が発生します(気圧が高くなります)。したがって海岸付近で陸から海に向かう風が吹きます。これを陸風といいます。

  • 海風と陸風

(5)季節風

 季節によって異なる特徴的な風のことをいいます。大陸と海洋のあたたまり方が違うために生じます。原理は海風や陸風と同じです。

  • 夏の季節風

     夏は海洋より大陸の気温が高くなりやすく,気圧は大陸より海洋が高くなり,南東の季節風が吹きます。

  • 冬の季節風

     大陸より海洋の気温が高くなりやすく,気圧は海洋より大陸が高くなり,北西の季節風が吹きます。

2 日本周辺の気団

(1)日本周辺の気団

 日本周辺には,シベリア気団,オホーツク海気団,小笠原気団,揚子江気団が発生します。

(2)日本周辺の気団と季節

 各気団は,発生場所の緯度や陸上・海上の違いによって性質が異なり,季節によって発達したりおとろえたりします。この気団の発達とおとろえによって,日本ではそれぞれの季節によって天気の違いが生じます。

  発達する季節 性質 特徴
シベリア気団 寒冷
乾燥
冬にふく北西の季節風は,シベリア気団の空気が流れ出したもの。
小笠原気団 温暖
湿潤
夏にふく南寄りの季節風は,小笠原気団の空気が流れ出したもの。
オホーツク海気団 梅雨 寒冷
湿潤
梅雨の天気に関係のある気団。長雨を降らせる原因となる。

揚子江気団
 長江(揚子江)流域で春と秋に発達し,その一部が移動性高気圧となって,日本に乾燥した晴天をもたらします。気団の性質としては温暖で乾燥している気団です。

大陸と海上の気団
 大陸上の気団は空気中の水蒸気量が少ないために乾燥しています。一方,海上の気団は空気中の水蒸気量が多いために湿っています。

3 日本の四季の天気

(1)冬の天気

 シベリア気団の影響を強く受け,日本海側では雪や雨が降り,太平洋側では晴れて乾燥した日が続きます。

  • 気圧配置

     大陸側に高気圧,太平洋側に低気圧がある西高東低の気圧配置になります。日本列島付近では,南北方向の等圧線が狭い間隔で並びます。したがって強い風が吹きます。

  • 季節風

      北西の強い季節風が吹きます。

  • 冬の天気のしくみ

     冬の季節風は,あたたかい日本海を渡るときに大量の水蒸気を含み,日本列島の山地を上昇するとき,積乱雲を発達させて日本海側に雪を降らせます。山地をこえた空気は水蒸気を失っているため,太平洋側は乾燥して晴れになります。

(2)春・秋の天気

 揚子江気団の一部からの移動性の高気圧(移動性高気圧)と低気圧(温帯低気圧)が,偏西風によって日本付近を西から東へ交互に通過します。このため,4~7日の周期で天気が変わることが多いです。高気圧が近づくと晴れますが,低気圧が近づくとくもりや雨の天気になります。

(3)梅雨

 5月中旬から7月にかけては,日本列島付近に幅の広い帯状の雲が停滞し,長雨になることが多いです。これは,オホーツク海気団と小笠原気団の勢力がほぼ同じとなり,その境に東西に長くのびた停滞前線(梅雨前線)ができるためです。

(4)秋雨

 秋のはじめに,停滞前線(秋雨前線)ができ,梅雨のような天気が続きます。

(5)梅雨明け

 小笠原気団の勢力がオホーツク海気団より強くなり,梅雨前線が北に押し上げられて梅雨明けとなることが多いです。梅雨が明けると,本格的な夏になります。

(6)夏の天気

 小笠原気団の影響を強く受け,高温で湿度が高く,蒸し暑い晴れの日が続きます。とくに季節風の影響で太平洋側の湿度が高くなります。

  • 気圧配置

      南東の海洋上に高気圧,大陸側に低気圧がある南高北低の気圧配置となります。

  • 季節風

     南東の弱い季節風が吹きます。

(7)台風

 日本の南方海上の熱帯地方で発生した熱帯低気圧のうち,最大風速が秒速17.2m以上(風力8以上)になったものです。等圧線がほぼ同心円状で,前線はありません。8月から9月に日本に接近または上陸することが多く,強い風と大雨を伴い,大きな災害を引き起こすこともあります。

  • 台風の進路

     はじめは小笠原気団のへりに沿って西へ移動するが,しだいに北上し,日本付近では偏西風に流されて東へ進路を変えます。

  • 台風の進路と気団

     台風の進路は小笠原気団の発達,おとろえに影響を受けます。

この続きは授業で!テキスト、演習問題のPDFが無料ダウンロードできる!

14日間無料体験!今すぐ会員登録

学年・科目を選択

14日間無料で、
4万本以上の授業動画を受講いただけます。