講師

URLコピー

講師紹介

この授業の
サンプルテキスト公開中!

※サンプルテキストは実際の講座と一部異なる場合がございます。無料体験でご確認の上、ご登録お願いいたします。

生物の成長と無性生殖

1 細胞分裂と生物の成長

(1)細胞分裂

 生物のからだは細胞が集まってできていますが,成長にともない細胞が分かれてその数を増やしていきます。1つの細胞が2つの細胞に分かれることを細胞分裂といいます。多細胞生物のからだは,細胞分裂によって細胞の数が増えてそれらの細胞が大きくなって成長します。

〈細胞分裂と成長〉

〈細胞分裂と成長〉

(2)根の成長の様子

  • 成長の様子
  • 成長の様子

  • 根の先端の細胞の様子
  • 根の先端の細胞の様子

    ※成長点…細胞分裂が最も活発なところ

    ※根冠…成長点をまもるところ

(3)染色体

 細胞分裂が始まると核の中に現れるひも状のものをいいます。この中に遺伝情報をもった遺伝子が存在します。染色体の数と形は生物の種類によって決まっています。

(4)細胞分裂と染色体の数

 細胞分裂が近づくと核の中の染色体が複製され同じものが2本ずつできます。この染色体が2つの細胞に2等分されるため核に含まれる染色体の数は分裂前後で変化しません。

 〈細胞分裂の様子〉

  • 分裂前の細胞です。
  • 核が消えて染色体が太く短くなって現れます。
  • 染色体が細胞の中央に並びます。
  • 染色体が縦に割れて2つに分かれていきます。
  • 核が現れ始め細胞質の中央に仕切りができます。(植物細胞の場合)
  • 2つの細胞になります。
  • それぞれの細胞が大きくなります。

〈細胞分裂の観察実験〉

2 生物のふえ方と形質・遺伝

(1)生殖とは

 生物が自分と同じ種類の新しい子孫をつくりなかまをふやすことをいいます。生殖には有性生殖と無性生殖があります。

  • 有性生殖

     めすとおすがつくる異なる2種類の細胞(これを生殖細胞といいます)による生殖の仕方をいいます。

  • 無性生殖

     めすとおすが関係しない生殖の仕方をいいます。分裂や栄養生殖などがあります。

(2)形質

 生物がもつ形や性質などの特徴のことをいいます。形質には目に見える形質と目に見えない形質があります。

(例) 目に見える形質:植物の種子の色や形,動物の毛の色など
 目に見えない形質:花のにおいや動物の体質など

(3)遺伝と遺伝子

 形質が親から子に伝えられていくことを遺伝といいます。親の全ての形質が遺伝するわけではありません。ふつう環境や訓練などによって変化した形質は子に遺伝しません。形質を決めるもととなるものを遺伝子といいます。遺伝子は細胞の核の中の染色体にふくまれていて多くの種類があります。遺伝は遺伝子が親から子に伝えられることによって行われます。

3 いろいろな無性生殖と遺伝

(1)いろいろな無性生殖

  • 分裂

     1つの個体が2つの個体に分かれて新しい個体ができることをいいます。ミカヅキモやアメーバなどの単細胞生物で見られます。

  • 分裂

  • 栄養生殖

     栄養分を蓄えた根,茎,葉,芽などのからだの一部から新しい個体ができることをいいます。主に多細胞生物の植物で見られます。

  • 栄養生殖

(2)無性生殖と遺伝

 親のからだの一部から新しい個体ができるので子は親の遺伝子をそのまま受け継ぎます。このために子に現れる形質は親と全く同じとなります。たがいに同じ遺伝子をもち同一の形質が現れている生物の集団をクローンといいます。無性生殖の場合,子孫はすべてクローンであり子孫どうしもクローンです。

(3)無性生殖を利用した栽培

 すぐれた形質をもつ作物を無性生殖によって栽培するとその形質を変えずに同じ良質の個体を大量につくり出すことができます。

この続きは授業で!テキスト、演習問題のPDFが無料ダウンロードできる!

14日間無料体験!今すぐ会員登録

学年・科目を選択

14日間無料で、
4万本以上の授業動画を受講いただけます。