講師

URLコピー

※講座タイトルやラインナップは2018年現在のもので、実際の講座と一部異なる場合がございます。無料体験でご確認の上、ご登録お願いいたします。

講師紹介

この授業の
サンプルテキスト公開中!

※サンプルテキストは実際の講座と一部異なる場合がございます。無料体験でご確認の上、ご登録お願いいたします。

生物どうしのつながり

1 食物連鎖

(1)生産者

 植物(緑色植物)は光合成によって,二酸化炭素や水といった無機物から生物の栄養分として欠かすことのできないブドウ糖やデンプンなどの有機物をつくりだしています。そのような理由から,このような植物のことを自然界における生産者とよんでいます。

(光合成の式)

二酸化炭素+水→酸素+デンプン

(2)消費者

 動物は光合成ができないので,自力で有機物をつくりだすことができません。そのために,植物を食べることで植物が光合成によってつくりだした有機物を直接,または間接的に取り入れています。このように,植物のつくった有機物を消費していることから,動物のことを自然界における消費者とよんでいます。

(呼吸の式)

酸素+デンプン→二酸化炭素+水

※1次消費者…緑色植物(生産者)を食べる草食動物のことをいいます。

※2次消費者…1次消費者(草食動物)を食べる肉食動物のことをいいます。

(3)食物連鎖

 自然界では,さまざまな生物の間での食う−食われるの関係が見られます。それらは鎖のようにつながっており,このようなつながりのことを食物連鎖といいます。

〈食物連鎖の例〉

  • ①池や沼…植物性プランクトン(藻類など)→動物性プランクトン(ミジンコなど)→魚類(フナなど)→鳥類(サギなど)
  • ②草原…ススキ→ウンカ→クモ→カエル→ヘビ→イヌワシ
  • ③森林…樹木の葉→ガの幼虫→シジュウカラ→イヌワシ
    樹木の実→リス→イヌワシ
  • ④海…植物性プランクトン→動物性プランクトン→イワシ→カツオ→サメ
  • ⑤土の中…落ち葉→トビムシ→カニムシ→ジムカデ→モグラ

(4)食物連鎖の原則

  • 食物連鎖の出発点は植物です。
  • 一般に,食う生物は食われる生物よりもからだが大きいです。(例外あり)
  • 食う生物は食われる生物よりも数が少ないです。
  • 一般に,食う生物は食われる生物よりも進化しています。(例外あり)

(5)天敵

 食物連鎖において,ある動物の捕食者となっている動物種のことを天敵といいます。

(例) ウンカの天敵はカエルである。カエルの天敵はヘビである。

※生物農薬…ある作物に害虫がついたとき,その害虫の天敵である動物を放してやれば害虫が駆除できます。

2 生物界のつり合い

(1)食物連鎖の量的関係

 食物連鎖の量的関係を見ると最も下位に位置する生産者(緑色植物)の量が一番多く,上位の消費者(動物)になるほどその量が減っていきます。このように上位になるほどその量が減っているのは,上位の動物はその下位の生物量のすべてを食べるわけではないので,その量でまかなえる生産量は下位の生物よりも少なくならざるを得ないからです。

生態ピラミッド
 ある食物連鎖を構成する生物の量的関係を図に表すと,右の図のようにピラミッド形になります。これを生態ピラミッドといいます。

食物連鎖の量的な関係はその上位,下位の生物の量的関係によって調節されており,ほぼ一定に保たれています。

〈生態ピラミッド〉

(2)生物のつり合いの例

〈ウサギとヤマネコの個体数の変化〉

(3)つり合いの調節の仕組み

・生物A…緑色植物(生産者)

・生物B…草食動物(1次消費者)

・生物C…肉食動物(2次消費者)

つり合いの調節の仕組み

(4)つり合いの破壊

  • つり合いの破壊

     自然界において,さまざまな生物どうしが互いにつり合いを保ちながら生活しています。しかしそのつり合いの中のどれかの生物が死滅したり,個体数が急激に変動したりするとつり合いが破壊されることがあります。そのつり合いがいったん破壊されるともとの形に戻るのに非常に長い年月がかかったり,もしくはもとに戻らないこともあります。

  • つり合いの破壊の原因

    自然現象による破壊

    帰化生物による破壊

    帰化生物…外国から入ってきた生物

    (例) アメリカシロヒトリ,アメリカザリガニ,セイタカアワダチソウ など

この続きは授業で!テキスト、演習問題のPDFが無料ダウンロードできる!

14日間無料体験!今すぐ会員登録

学年・科目を選択