講師

URLコピー

講師紹介

この授業の
サンプルテキスト公開中!

※サンプルテキストは実際の講座と一部異なる場合がございます。無料体験でご確認の上、ご登録お願いいたします。

奈良時代

1 律令国家の成立

(1)律令国家のしくみ

  • 律令とは?

    律は刑罰,令は行政法・一般法。701年に大宝律令(刑部親王・藤原不比等による),718年に養老律令(藤原不比等による)が制定される。

  • 中央
    • 二官

      神祇官・太政官

      太政官は(太政大臣),左右大臣・大納言などが中心となる。

    • 八省

      中務省・式部省・治部省・民部省・兵部省・刑部省・大蔵省・宮内省

  • 地方
    • 国・郡・里制

      それぞれ国司・郡司・里長が置かれる。国司は京から中下級貴族が派遣された(=中央集権体制)。

    • 大宰府

      九州北部に設置され,外交・軍事上の大きな役割を果たす。

    • 五畿七道

      大和国・山背国(のち山城国)・摂津国・河内国・和泉国の五つを首都圏(=畿内)とし,その他の諸国が東山道・東海道・北陸道・山陰道・山陽道・南海道・西海道の七つの地方に分けられた。

(2)農民の暮らし

  • 班田収授法

    戸籍にもとづき,6歳以上の男女に口分田が配られた。

  • 厳しい負担

    全員に租,成人男子に調・庸・雑徭・兵役(軍団兵士・衛士・防人)がかけられた。

    『万葉集』の山上憶良「貧窮問答歌」は,農民の厳しい暮らしのようすを詠う。

(3)律令国家の外交

  • 先進文化・制度を学ぶため,630年から遣唐使を派遣。894年に菅原道真の進言で中止が決定した。

    阿倍仲麻呂のように帰れず,唐で一生を終える者もあった。

  • 新羅

    朝鮮半島の新羅とは対立しつつも,外交関係や文物の交流はあった。

  • 渤海

    中国東北部の渤海とは友好関係が続いた。

2 奈良時代の政治・経済

(1)平城京

710年に元明天皇が藤原京から遷都。唐の長安にならった本格的な都城。

(2)辺境の支配

九州南部の隼人を征服。東北の蝦夷を攻め,日本海側に秋田城・太平洋側に多賀城を築いた。

(3)貨幣の鋳造

飛鳥時代に天武天皇が鋳造した富本銭に続き,708年以降和同開珎などが鋳造されたが,貨幣は京の東西市とその周辺にしか流通しなかった。

(4)奈良時代の政争

  • 藤原不比等政権

    中臣〔藤原〕鎌足の子。娘たちを入内させ,天皇家の外戚となる。

  • 長屋王政権

    天武天皇の孫。藤原不比等の娘光明子が聖武天皇の皇后になることに反対し,藤原四子により自殺に追い込まれた。

  • 藤原四子政権

    藤原不比等の四子で光明皇后の異母兄たち。武智麻呂(南家)・房前(北家)・宇合(式家)・麻呂(京家)。全員が天然痘に感染し同時期に死亡。

  • 橘諸兄政権

    光明皇后の異父兄。遣唐使帰りの玄昉・吉備真備を登用するが,あいつぐ遷都や国分寺建立の詔(741年),大仏造立の詔(743年)など鎮護国家仏教政策により財政難におちいる。

  • 藤原仲麻呂〔恵美押勝〕政権

    南家の武智麻呂の子。淳仁天皇の下で一時は絶大な権力をもったが,764年に乱を起こし処刑された。

  • 道鏡政権

    称徳天皇(もとの孝謙天皇)の寵愛を受け,太政大臣禅師のち法王となる。天皇の座も狙ったが,宇佐八幡宮神託事件により果たせず。

  • 藤原百川政権

    和気清麻呂らとともに道鏡の天皇即位を防ぎ,天智天皇の孫を光仁天皇として立て,皇室の系統を天武系から天智系に変更した。

(5)公地公民制の崩壊

厳しい負担のあまり,浮浪・逃亡する農民が続出した。また,戸籍を女性と偽り,勝手に僧となるなど税や兵役を逃れる者も多かった。人口が増えたこともあり口分田が不足し,開墾を奨励するため723年には三世一身の法,743年には墾田永年私財法が出され,私有地である(初期)荘園を認めることになった。

3 天平文化

奈良時代には,国際性に富む華やかな仏教文化が開花した。

  • 仏教(鎮護国家仏教)

    聖武天皇・光明皇后を中心に,行基や唐から渡来した鑑真が活躍。

  • ②建築
    • 東大寺正倉院→校倉造
    • 唐招提寺金堂・講堂

      鑑真のために建てられる。

  • 彫刻
    • 興福寺阿修羅像
    • 東大寺法華堂執金剛神像
    • 東大寺戒壇院四天王像
    • 唐招提寺鑑真和上像
  • 工芸

    正倉院宝物など

  • 絵画
    • 薬師寺吉祥天像
    • 正倉院鳥毛立女屛風
  • 文芸
    • 『懐風藻』→初の漢詩集
    • 『万葉集』→初の和歌集
  • 歴史・地理
    • 『古事記』→太安万侶らが編纂
    • 『日本書紀』→舎人親王らが編纂,六国史の初め。
    • 『風土記』→各国に作成が命じられる。
  • 教育

    中央に大学,地方に国学が設置された。

この続きは授業で!テキスト、演習問題のPDFが無料ダウンロードできる!

14日間無料体験!今すぐ会員登録

学年・科目を選択

14日間無料で、
4万本以上の授業動画を受講いただけます。