講師

URLコピー

講師紹介

この授業の
サンプルテキスト公開中!

※サンプルテキストは実際の講座と一部異なる場合がございます。無料体験でご確認の上、ご登録お願いいたします。

平安時代①

1 平安時代前期(8世紀後半~9世紀前半)

(1)平安京

794年に桓武天皇が長岡京から遷都。山城国に位置する,現在の京都市街。

大和国の平城京から山城国(もと山背国)の長岡京(784年)や平安京に遷都したおもな理由は,仏教勢力の政治介入の排除や水陸交通の利便性など。

(2)蝦夷の平定 →本格的な東北支配

桓武天皇が坂上田村麻呂を征夷大将軍に任命し,陸奥国に胆沢城・志波城を築かせるなど,東北地方の蝦夷平定を進めた。

蝦夷の族長阿弖流為らと戦う。

(3)律令体制再建の努力

桓武天皇は,軍団制の廃止,勘解由使の設置など,農民負担を軽減し地方政治の監督を強化した。

子の嵯峨天皇も引き続き改革をおこなった。

(4)平安仏教 →密教化した山岳仏教

  • 天台宗

    遣唐使とともに唐に渡り帰国した最澄〔伝教大師〕が開く。比叡山延暦寺や園城寺〔三井寺〕(近江国)が中心寺院。

  • 真言宗

    遣唐使とともに唐に渡り帰国した空海〔弘法大師〕が開く。高野山金剛峯寺(紀伊国)や教王護国寺〔東寺〕(山城国)が中心寺院。

2 平安時代中期(9世紀半ば~10世紀半ば)

(1)律令体制の放棄

10世紀に入るころには戸籍が作成されなくなり,班田収授や従来の税制はおこなわれなくなった。朝廷から一国の支配を一任された国司は,地方豪族や有力農民を通じて新たな税を取ることになり,横暴な者も出て,地方政治は乱れた。

(2)藤原北家の発展

娘を入内(天皇の妃にすること)・出産させ,天皇の外戚(母方の親戚,外祖父など)となる。他氏排斥を繰り返し,その結果藤原北家が摂関家とよばれて高位高官を独占し,寄進地系荘園も集まることになる。

810年薬子の変 →藤原北家の冬嗣が台頭。式家の仲成・薬子は没落。

842年承和の変 →藤原良房が橘氏や伴氏(もと大伴氏)を排斥。

858年藤原良房が清和天皇の事実上の摂政となる。

866年応天門の変→大納言伴善男や紀氏が排斥され,藤原良房が正式の摂政となる。

884年藤原基経が光孝天皇の事実上の関白となる。

887年藤原基経が宇多天皇の正式の関白となる。

901年昌泰の変 →醍醐天皇の左大臣藤原時平が右大臣菅原道真を大宰府に左遷。

969年安和の変 →左大臣源高明が大宰府に左遷される。

天皇の幼少時は摂政,成人後は関白が政務を代行・補佐する。

(3)武士の登場

10世紀には,律令体制の放棄にともない地方政治は乱れ,地方豪族(もとの郡司)や有力農民が武装し,一族の家子や家来の郎党を結集し,小武士団を形成した。のち大武士団も登場し,桓武平氏と清和源氏の棟梁が武家の二大棟梁とされる。

10世紀半ば,関東地方で平将門,瀬戸内海で藤原純友が反乱を起こし,朝廷の無力さと地方武士の実力が知られるようになる。

朝廷で皇族や貴族の侍になったり,地方で国司に仕えたりする者が多かった。

(4)東アジア情勢の変化

  • 中国

    菅原道真の建議で宇多天皇が遣唐使を廃止(894年)。10世紀初め唐は滅亡し,分裂期が続いたが,10世紀後半には宋が中国を統一した。

    宋とは正式な国交は結ばず公的な交流はなくなったが,私的な貿易や文化交流は継続された。

  • 朝鮮半島

    10世紀前半に新羅が滅亡し,高麗が朝鮮半島を統一した。

    高麗とは正式な国交は結ばなかったが,私的な貿易や文化交流は継続された。

  • 中国東北部

    10世紀前半,遼〔契丹〕により渤海が滅亡した。

    遼とは正式な国交を結ばず,ほとんど交流はなかった。

この続きは授業で!テキスト、演習問題のPDFが無料ダウンロードできる!

14日間無料体験!今すぐ会員登録

学年・科目を選択

14日間無料で、
4万本以上の授業動画を受講いただけます。