講師

URLコピー

講師紹介

この授業の
サンプルテキスト公開中!

※サンプルテキストは実際の講座と一部異なる場合がございます。無料体験でご確認の上、ご登録お願いいたします。

鎌倉時代②

1 元寇と鎌倉幕府の滅亡

(1)モンゴル帝国と元

  • モンゴル帝国の建国(13世紀初め)

    1206年,チンギス=ハンが蒙古〔モンゴル〕民族を統一し,モンゴル帝国を建国。以後,ユーラシア大陸の東西にまたがる大帝国となる。

  • 元の建国(13世紀後半)

    1271年,モンゴル帝国5代皇帝フビライ=ハンが中国に元を建国(首都=大都)し,征服した朝鮮半島の高麗を通じ,日本に服属を要求するが,鎌倉幕府8代執権北条時宗は拒否。

  • 東西交流の発展

    ヨーロッパのキリスト教やイスラームの文化が中国へ,中国の四大発明(製紙法・活版印刷・火薬・羅針盤→製紙法を除く3つを三大発明ともいう)が西方へ伝えられた。

    イタリアの商人マルコ=ポーロは元に長く滞在し,帰国後に口述したものが『世界の記述〔東方見聞録〕』となった。

(2)元寇〔蒙古襲来〕→『蒙古襲来絵詞』より

  • 文永の役(1274年)

    元・高麗連合軍約3万が対馬・壱岐をへて博多湾に襲来,集団戦法や火薬〔てつはう〕により日本軍を悩ませるが,暴風雨にあい撤退?

  • 国防の強化

    文永の役後,鎌倉幕府は御家人による警備を強化し,博多湾沿岸には防塁〔石塁・石築地〕を構築。

    朝廷の許可を得て非御家人も動員。

  • 弘安の役(1281年)

    1279年に南宋を滅ぼし勢いづく元・高麗・南宋連合軍約14万が再度襲来するが,またも暴風雨により撤退?

    その後も日本遠征計画はあったため,警戒体態は維持。

  • 元寇の影響
    • 幕府の支配力の強大化
    • 北条氏の強大化
    • “神風”による神国思想の広まり
    • 御家人の窮乏と没落

      恩賞の不十分,警戒態勢の維持により,惣領制の解体が進行。

(3)鎌倉幕府の滅亡

  • 御家人の窮乏

    元寇の犠牲と出費,恩賞の不十分。分割相続の繰り返しによる所領の細分化。さらに都市部では,貨幣経済の進展による生活の向上と出費の増大もあった。

    9代執権北条貞時が発布した1297年の徳政令(永仁の徳政令)は,一時的効果のみに終わり,北条氏による専制政治への不満が増大した。

    このころ,畿内を中心に,主君をもたない悪党も発生した。

  • 鎌倉幕府の滅亡

    一時は隠岐に流されたが,楠木正成らの協力を得た後醍醐天皇を中心に反幕府勢力が結成され,1333年に足利尊氏が京都の六波羅探題,新田義貞が鎌倉の幕府を攻めた。その結果,元14代執権の北条高時らは自害して鎌倉幕府は滅亡した。

2 鎌倉文化

鎌倉時代には,公家の伝統文化を受け継ぎつつ,武家に支持された公武二元文化が開花した。

公家側は歴史意識の高まり,武家側は素朴で力強い写実的な側面がある。

  • 仏教(鎌倉新仏教)→戦乱・飢饉・天災が続く中,仏教を武士・庶民にも開放
    • 特徴

      易行・選択・専修

    • 念仏宗→他力本願

      浄土宗
      法然が開祖。知恩院(京都)が中心寺院。

      専修念仏「南無阿弥陀仏」

      浄土真宗〔一向宗〕
      親鸞が開祖。東・西本願寺(京都)が中心寺院。

      一向専修念仏「南無阿弥陀仏」,戒律の否定,悪人正機説

      時宗
      一遍〔遊行上人・捨聖〕が開祖。清浄光寺〔遊行寺〕(神奈川県)が中心寺院。

      遊行,踊念仏「南無阿弥陀仏」

    • 禅宗→自力開悟

      臨済宗
      栄西が開祖。建仁寺(京都)が中心寺院。

      坐禅,公案問答〔禅問答〕

      曹洞宗
      道元が開祖。永平寺(福井県)が中心寺院。

      坐禅,只管打坐

    • 法華宗

      日蓮宗〔法華宗〕
      日蓮が開祖。久遠寺(山梨県)が中心寺院。

      題目「南無妙法蓮華経」,折伏,法華経至上主義

  • 建築
    • 東大寺南大門(奈良)

      東大寺の復興には,重源〔俊乗坊〕が大きな役割を果たす。

    • 円覚寺舎利殿(鎌倉)
  • 彫刻
    • 東大寺南大門金剛力士像(運慶・快慶ら)
    • 六波羅蜜寺空也上人像など
  • 工芸
    • 刀剣

      粟田口吉光(京都),岡崎正宗(鎌倉),長船長光(岡山県)など。

    • 陶器

      瀬戸焼,常滑焼(愛知県),信楽焼(滋賀県)など。

  • 絵画
    • 『蒙古襲来絵詞』『一遍上人絵伝』などの絵巻物
    • 『後鳥羽上皇像』などの似絵とよばれる肖像画

      頂相とよばれる禅宗の僧の肖像画もある。

  • 文芸
    • 和歌集

      『新古今和歌集』(後鳥羽上皇の命で藤原定家らが編纂),『山家集』(西行),『金槐和歌集』(鎌倉幕府3代将軍源実朝)など。

    • 随筆

      『方丈記』(鴨長明),『徒然草』(吉田兼好)など。

    • 軍記物語

      琵琶法師たちが平曲として語る『平家物語』など。

    • 歴史

      『愚管抄』(慈円),吾妻鏡〔東鑑〕(鎌倉幕府の公式記録)など。

    • 学問

      北条〔金沢〕実時が開いた金沢文庫は,初の武家による私設図書館。

この続きは授業で!テキスト、演習問題のPDFが無料ダウンロードできる!

14日間無料体験!今すぐ会員登録

学年・科目を選択

14日間無料で、
4万本以上の授業動画を受講いただけます。