講師

URLコピー

※講座タイトルやラインナップは2018年現在のもので、実際の講座と一部異なる場合がございます。無料体験でご確認の上、ご登録お願いいたします。

講師紹介

この授業の
サンプルテキスト公開中!

※サンプルテキストは実際の講座と一部異なる場合がございます。無料体験でご確認の上、ご登録お願いいたします。

安土桃山時代

1 織田信長と豊臣秀吉の天下統一

(1)織田信長による天下統一への道

領国経営をおこなう戦国大名の中に,上洛して(京都に行って)領国支配を朝廷の天皇や室町幕府の将軍から認めてもらい,周辺との戦を有利にしようとする動きが本格化。その中で尾張国(愛知県)の織田信長が天下統一をめざして行動した。

1560年今川義元(駿河国など)を桶狭間の戦いで破る

1568年上洛して足利義昭を15代将軍とする

1570年浅井長政(近江国)と朝倉義景(越前国)を姉川の戦いで破る

1571年比叡山延暦寺を焼打ち

1573年対立した足利義昭を追放,室町幕府を滅ぼす

1575年足軽鉄砲隊を用いて,甲斐国(山梨県)の武田氏を長篠の戦いで破る

1576年近江国に安土城を築城開始

1580年石山合戦終結,一向一揆の本願寺11世顕如を破る

1582年京都で家臣の明智光秀に裏切られ自害(本能寺の変)

(2)信長の政策

  • 商工業の保護

    • 楽市楽座

      安土などの城下町で座の特権を認めず,自由に市場に参入できるようにして,商工業の発展をめざした。

    • 関所の廃止

      通行料をとり,商人などの交流の妨げになっていた関所を廃止した。

  • キリスト教の保護

    南蛮貿易の利益を得るためよりも,天下統一の阻害となる仏教勢力を抑えるためにキリスト教を保護。

(3)豊臣秀吉の天下統一

信長の家臣だった尾張国の農民出身の豊臣秀吉は,本能寺の変の直後に明智光秀を倒し,柴田勝家ら他の有力家臣を抑えて後継者となった。

1582年明智光秀を山崎の戦いで破る

1583年賤ケ岳の戦いで柴田勝家を破る
大坂城の築城開始

1585年朝廷から関白に任命される

1586年朝廷から太政大臣に任命される

1587年薩摩国(鹿児島県)の島津氏を降伏させる(九州平定)

1590年小田原攻めにより相模国(神奈川県)などを支配した北条氏を滅ぼす

伊達氏など東北の大名も従わせ(奥州平定),全国統一を完成させる。

2 兵農分離と秀吉の海外政策

(1)太閤検地

  • 太閤検地(1582年~)の内容

    全国共通の枡や物差しを使って全国の土地の面積・収穫量(石高という米の量で表記)を調べ,その内容・所有者である農民を検地帳に記載した。

  • 太閤検地の結果

    • 年貢納入義務

      検地帳に記載された農民が年貢を納めることとされた。

    • 荘園公領制の完全崩壊

      荘園領主・地方武士・農民などの複雑な所有関係は否定され,武士が全国の農地を直接支配することとなった。

(2)刀狩

検地反対一揆などを防ぐため,農民から刀・鉄砲などの武器を没収する刀狩を開始(1588年)。結果,兵農分離が推進され,身分の固定が進んだ。

(3)秀吉の海外政策

  • 南蛮貿易とキリスト教

    秀吉は南蛮貿易を推進,海賊取締令を出して倭寇を禁止した。一方,西日本でのキリスト教の広まりに対応して,1587年にバテレン〔宣教師〕追放令を出すが,貿易は推進しているため不十分に終わった。

  • 朝鮮侵略

    全国統一の終了後,国内武士への求心力を維持するために明の征服をめざし,通り道の朝鮮に日本への服従を求めたが拒否されたため侵略を開始。

    1592年文禄の役開始
    義兵の抵抗や明からの援軍,李舜臣率いる朝鮮水軍の活躍もあり,戦乱は長期化。最終的に休戦となった。

    1597年慶長の役開始
    休戦での講和内容に不満をもった秀吉が再度出兵。日本軍は苦戦,1598年に秀吉が死去したことを機に撤退。

  • 朝鮮侵略の結果
    • 日本

      豊臣氏の没落を早め,大名・農民の負担も増加。一方で有田焼(佐賀県)など,日本に連行された朝鮮の職人が,国内で陶磁器の製作を開始した。

    • 朝鮮・明

      朝鮮では戦乱により田畑が荒れてききんが続き,明では国力衰退の要因となった。

3 桃山文化

(1)桃山文化

大名や有力商人などが中心となった,豪華で壮大な文化。

  • 建築

    支配者の権威を示すため,姫路城(兵庫県)などの城郭建築が多くおこなわれた。

  • 絵画

    城内のふすまや屛風に障壁画が描かれ,『唐獅子図屛風』を残した狩野永徳の一派は狩野派として活躍した。

  • 茶の湯の流行

    大名や商人のたしなみとされ,高級な茶器も取引された。また,信長や秀吉に仕えた堺の商人千利休は茶の湯を茶道として大成した。

  • 芸能
    • 歌舞伎

      出雲阿国が京都で始めたかぶき踊り(阿国歌舞伎)が流行した。

    • 三味線

      中国から琉球に伝わった三線が原点,浄瑠璃の伴奏に使われた。

(2)南蛮文化

南蛮貿易とともにポルトガル・スペインから南蛮文化も伝わり,カステラやパンなどがその言葉とともに伝わり外来語として定着していった。また,活字印刷術が伝わり,聖書などが印刷されると同時に『平家物語』のローマ字版(キリシタン版〔天草版〕と総称)なども印刷された。

この続きは授業で!テキスト、演習問題のPDFが無料ダウンロードできる!

14日間無料体験!今すぐ会員登録

学年・科目を選択

14日間無料で、
4万本以上の授業動画を受講いただけます。