講師

URLコピー

※講座タイトルやラインナップは2018年現在のもので、実際の講座と一部異なる場合がございます。無料体験でご確認の上、ご登録お願いいたします。

講師紹介

この授業の
サンプルテキスト公開中!

※サンプルテキストは実際の講座と一部異なる場合がございます。無料体験でご確認の上、ご登録お願いいたします。

江戸時代⑥

1 外国船の出現と幕政批判

(1)外国船の接近と打ち払い

18世紀後半,欧米諸国はアジアに進出,日本に開国および通商を迫るようになる。

  • ロシア船の来航

    • 1792年,ロシアのラクスマンが北海道の根室に来航,漂流民大黒屋光太夫を送り届け,通商を要求。
    • 1804年,ロシアのレザノフが長崎に来航,通商を要求。
  • ロシアの接近に対する幕府の施策
    • 蝦夷地を直轄化,蝦夷地沿岸の警備を実施。
    • 近藤重蔵や間宮林蔵に蝦夷地や千島・樺太の探索をおこなわせた。
  • 外国船の打ち払い

    • 1808年,イギリス軍艦フェートン号が長崎に侵入(フェートン号事件)。以後,イギリス船が各地に出没,衝突を起こす。
    • 1825年,幕府は異国船打払令を発布。清(中国)とオランダの船以外を武力で撃退するようにした。

      1840年~42年のアヘン戦争後,幕府は打払令をゆるめ,外国船に補給を許可。

(2)幕政への批判

  • モリソン号事件

    1837年,漂流民引き渡しのため来日したアメリカ商船モリソン号が,異国船打払令によって撃退される。

  • 蛮社の獄

    モリソン号事件での幕府の対応を批判する書物を書いた,蘭学者の高野長英・渡辺崋山が,1839年に幕府により処罰された。

  • 天保のききん

    1830年代,天候不順による凶作から天保のききんが発生,餓死者が続出し,一揆・打ちこわしが頻発した。

  • 大塩平八郎の乱

    ききんが続く中で,大坂町奉行所の元役人で陽明学者の大塩平八郎は,幕府や商人の対応に憤慨,苦しむ人々を救済するため,1837年に乱を起こすが一日で鎮圧された。

    直轄地での幕府の元役人による乱は,幕府に大きな衝撃を与えた。

2 天保の改革と藩政改革

(1)天保の改革(1841年~43年)

老中首座水野忠邦は,強い幕府を取り戻し,財政再建をおこなうため,天保の改革を始めた。

  • 天保の改革の内容

    • 倹約令を出して生活を引き締め,幕府を批判する出版物の発行を禁止した。
    • 百姓の出稼ぎを禁止してもとの村に返し(人返し令),農村の立て直しを図った。
    • 物価を引き下げるために株仲間を解散させたが,物価は引き下がらず,営業税収入がなくなったことで幕府財政が悪化した。
    • 幕府の力を強めるため,上知〔地〕令によって江戸・大坂周辺をすべて幕領にしようとしたが,大名や旗本,民衆の反対を受け中止。
  • 天保の改革の結果

    • 厳しすぎる改革に各方面から反発。わずか2年で改革は失敗し,水野も失脚。
    • 政策の多くが失敗するなど,幕府の力が衰えていることが明確となった。

(2)諸藩の改革

19世紀に入ると,諸藩の財政難はさらに深刻化し,おもに西日本の諸藩では独自に藩政改革をおこない,財政立て直しを図った。

  • 薩摩藩(鹿児島県)の改革

    • 大商人からの約500万両の借金を事実上棚上げ。
    • 黒砂糖の専売制を実施。
    • 琉球との密貿易(幕府の許可を得ない貿易)。
  • 長州藩(山口県)の改革

    • 借金の棚上げ。
    • 紙・ろうの専売制の実施。
    • 下関を拠点とした海運・金融業の実施。
  • 改革の結果

    薩摩藩・長州藩ともに財政立て直しに成功。さらに大きな利益を得ていたため,これを元手に軍備の近代化をすすめ,幕末の倒幕運動の原動力となった。

この続きは授業で!テキスト、演習問題のPDFが無料ダウンロードできる!

14日間無料体験!今すぐ会員登録

学年・科目を選択