講師

URLコピー

※講座タイトルやラインナップは2018年現在のもので、実際の講座と一部異なる場合がございます。無料体験でご確認の上、ご登録お願いいたします。

講師紹介

この授業の
サンプルテキスト公開中!

※サンプルテキストは実際の講座と一部異なる場合がございます。無料体験でご確認の上、ご登録お願いいたします。

大正時代

1 大正デモクラシー

(1)大正デモクラシー

  • 第一次護憲運動(1912年)

    1900年代に入ると,藩閥・官僚勢力の桂太郎と,立憲政友会の西園寺公望が交互に政権を担当してきたが,1912年に,引退したはずの桂太郎が三度目の組閣をすると,議会を無視する態度をとった。そのため,立憲政友会の尾崎行雄らや立憲国民党の犬養毅ら政党勢力やジャーナリスト・民衆が協力して桂内閣の藩閥政治を批判,立憲政治を守る第一次護憲運動を起こし,翌年桂内閣は退陣した(大正政変)。

  • 民主主義の広まり
    • 大正時代の民主主義的な風潮を大正デモクラシーという。
    • 政治学者の吉野作造は民本主義(天皇主権のもとでの市民的自由)を唱え,普通選挙によって国民の意見を政治に反映させ,政党中心の議会政治を実現しようとした。

    • 憲法学者の美濃部達吉は,主権は天皇そのものではなく国家にあり,天皇は国家の最高機関として憲法に従うという天皇機関説を唱え,政党政治を支持した。

(2)大戦景気と米騒動

1914年に第一次世界大戦が始まり,欧米諸国からアジアなどへの輸出がなくなると,代わりに日本からの輸出が増え,日露戦争後の不景気から一気に回復した(大戦景気,1915年〜18年)。

ヨーロッパへは武器や衣類,アメリカへは生糸を大量に輸出した。

  • 経済の発展
    • 紡績業などの軽工業はアジアへの輸出を増やし,戦争による船不足から造船業や鉄鋼業が栄え,ヨーロッパからの輸入が途絶えた化学工業も発達した。
    • 好景気により,海運業・鉄鋼業などで急激に富を得た成金が多く出現した。
  • 米騒動(1918年)
    • 大戦景気での物価上昇,都市人口の増加によるコメの供給不足に加え,決定済みのシベリア出兵を見込んだ商人らのコメの買い占めにより,コメの価格が急上昇した。
    • 1918年,富山県の主婦の安売り要求をきっかけに,全国に米騒動が広がった。軍部出身の寺内正毅内閣は軍隊を出動させて鎮圧したが退陣した。
  • 政党内閣の成立

    寺内内閣退陣ののち,立憲政友会の原敬が初の本格的政党内閣(陸軍・海軍・外務大臣以外はすべて立憲政友会員)を組閣し,原は「平民宰相」とよばれた。

    原内閣は普通選挙は実施せず,代わりに選挙法を改正して,選挙権に必要な納税額を引き下げるにとどめた。

2 社会運動と普通選挙

(1)社会運動の高まり

第一次世界大戦後,ヨーロッパの回復にともなう輸出の減少などから不景気となり,企業の倒産や失業者が増えた(戦後恐慌)。また,大正時代のデモクラシーの流れから,社会運動が活発になっていった。

  • 労働運動

    1912年に設立された友愛会は,第一次世界大戦中から頻発した労働争議を指導し,1920年には日本初のメーデーを主催した。さらに,1921年には友愛会から日本労働総同盟に発展。労働組合結成などの労働者の団結や労働条件の改善を求めた。

  • 農民運動

    農村でも小作料の引き下げを求めて小作争議が急増し,1922年には日本農民組合がつくられ,農民運動を指導した。

  • 部落解放運動

    1922年,被差別部落の人々が,社会運動の高まりの中で平等を求め全国水平社を結成。全国で解放運動を進めた。また,北海道でも北海道アイヌ協会が設立された。

  • 女性運動

    1911年,平塚らいてうらが女性文学団体の青鞜社を結成し,雑誌『青鞜』を創刊。1920年には,平塚と市川房枝が中心となり新婦人協会を結成。女性の政治活動の自由・男女共学・女子教育の拡充など,女性の地位向上を求めた。

  • 社会主義運動

    明治末期の大逆事件以来,政府の取締まりもあり日本の社会主義運動は衰退していたが,ロシア革命の成功を機に再び活発化。1922年には日本共産党が密かに結成された。

(2)政党政治の展開

  • 第二次護憲運動と憲政の常道

    暗殺された原敬のあとの高橋是清内閣も立憲政友会の政党内閣だったが,それ以降は軍人・官僚出身の内閣が続いたため,1924年に護憲三派(憲政会・立憲政友会・革新倶楽部)が政党内閣の復活や普通選挙を求めて第二次護憲運動を起こして清浦奎吾内閣を倒し,憲政会総裁の加藤高明を首相とする護憲三派の連立内閣をつくった。これ以降,1923年の五・一五事件まで,衆議院で多数を占める政党の総裁が首相となる慣習(「憲政の常道」とよぶ)が8年間続いた。

  • 普通選挙法(1925年)

    加藤高明内閣は納税額による制限を廃止し,満25歳以上のすべての男子に選挙権を与えたため,有権者数はこれまでの約4倍となったが,女子には選挙権は与えられなかった。

  • 治安維持法(1925年)

    革命を起こして天皇制を倒そうとする共産主義などを,厳しく取り締まった。

3 新しい文化と生活

(1)教育の広がりと大衆文化

  • 教育の普及

    明治時代の末期には義務教育がほぼ行きわたり,大正時代には中学校や女学校への進学率が上がり,さらにその上の高等学校・大学や専門学校への進学者も増えた。こういった教育の普及は文化の成長を促し,小学校では個性を尊重する自由教育運動も広まった。

  • 大衆文化の発展
    • 上級学校への進学が増えると,新聞や大衆雑誌などの活字文化もさかんになり,1冊1円の文学全集(円本)の刊行など,都市を中心に大衆化が進んだ。
    • 1925年からラジオ放送が始まり,新聞と並ぶ情報源となるだけでなく,歌謡曲や大学野球なども放送し,これらが広まるようになった。
    • 大衆の娯楽として映画(活動写真)が流行し,サイレント(無声映画)からトーキー(有声映画)に代わり観客数を伸ばした。また,歌謡曲を収録したレコードにも人気が集まった。
    • 都市ではガス・水道・電気の普及により洋風の生活が広まった。1923年に発生した関東大震災の後には,ガラス窓の採用など一部を洋風にした文化住宅が郊外につくられ,サラリーマンが都市部へ通勤するための電車や乗合自動車(バス)も登場した。
    • 女性の社会進出も進み,バスガールや電話交換手,タイピストなどに就き職業婦人とよばれた。

(2)新しい思想や文化

  • 科学の発達
    • 哲学では西田幾多郎が『善の研究』を著し,東洋思想と西洋の哲学の融合を図った。
    • 科学では本多光太郎らがKS磁石鋼を発明した。
  • 文学の発展
    • 雑誌『白樺』に集まった武者小路実篤・志賀直哉らが白樺派とよばれて人道主義を唱え,武者小路は『友情』,志賀は『暗夜行路』などの作品を残した。
    • 他には,芸術性を重視した耽美派の永井荷風や谷崎潤一郎,『羅生門』のように古典文学を題材にした短編を残した新思潮派の芥川龍之介などが優れた作品を残した。また,社会運動の発展を受けてプロレタリア文学も生まれ,小林多喜二は『蟹工船』で苦しい労働者の生活を描いた。
  • 美術・音楽
    • 安井曾太郎や梅原龍三郎,岸田劉生ら西洋画家が優れた作品を残した。
    • 音楽では日本初の交響楽団を指揮した山田耕筰が優れた作品を発表し,邦楽では箏曲の宮城道雄などが活躍した。

この続きは授業で!テキスト、演習問題のPDFが無料ダウンロードできる!

14日間無料体験!今すぐ会員登録

学年・科目を選択