講師

URLコピー

講師紹介

この授業の
サンプルテキスト公開中!

※サンプルテキストは実際の講座と一部異なる場合がございます。無料体験でご確認の上、ご登録お願いいたします。

平成時代

1 冷戦後の国際社会

(1)冷戦の終結

  • ソ連の弱体化と東ヨーロッパ
    • 1979年,ソ連は社会主義政権を助けるためにアフガニスタンに侵攻,アメリカは水面下で反政府組織を助けるなど,米ソ冷戦は再び悪化。ソ連は経済の停滞により軍事費負担が増大し,1988年に撤退した。
    • 1980年代,ソ連ではゴルバチョフ書記長が政権を握り,西側陣営との関係改善や共産党独裁の見直しなど,ペレストロイカとよばれる改革をおこなったが最終的には失敗。改革の一環で東ヨーロッパ諸国への干渉を控えたため,東ヨーロッパでは民主化が進み,共産党政権が相次いで倒れた。
  • ドイツ統一と冷戦の終結
    • 1989年,東西冷戦の象徴であったベルリンの壁が崩され,翌年には東西ドイツが統一。
    • 1989年,アメリカのブッシュ大統領とソ連のゴルバチョフ書記長が地中海のマルタで会談,冷戦の終結を宣言した。
    • ソ連ではゴルバチョフの改革に国内から反発。1991年にはクーデタが起き,ロシア共和国など11カ国が独立国家共同体〔CIS〕を結成,ソ連は解体した。
  • 国際協調の動き

    冷戦後は国際協調の流れが強まり,1975年から始まった主要国首脳会議〔サミット〕や国連などがその役割を果たした。また,地域統合も進み,ヨーロッパではECから1993年にヨーロッパ連合〔EU〕へと発展。東ヨーロッパにも広がるとともに共通通貨ユーロを導入した。また,アジア・太平洋地域ではアジア太平洋経済協力会議〔APEC〕が発足した。

(2)世界の紛争

  • 地域紛争

    冷戦終結後も民族・宗教・文化などの違いから地域紛争が発生。とくに中東では,湾岸戦争(1991年)や,アメリカへの同時多発テロをきっかけとするアフガニスタン戦争(2001年),イラク戦争(2003年)などが続いた。

  • 国連の活動

    地域紛争解決のため,国連の平和維持活動〔PKO〕や非政府組織〔NGO〕の役割が大きくなっている。

2 変化する日本

(1)冷戦終結後の日本

  • 日本の国際貢献

    冷戦終結後の地域紛争解決のため,発展途上国への経済協力以上の国際貢献が求められ,1992年にPKO協力法が成立。同年,カンボジアに自衛隊を派遣した。

  • 東アジアの問題

    冷戦時代に分断された,中国と台湾や韓国と北朝鮮などの地域問題が残り,北朝鮮は核兵器の開発をおこない,多くの日本人を拉致するなど,問題も解決しないままとなっている。

  • 55年体制の終わり

    自民党の長期政権が続く中で,政治家と官僚や企業をめぐる汚職事件が多発。国民の批判が高まり,1993年の総選挙で宮沢喜一内閣の自民党が過半数を割り,細川護煕非自民8党派連立内閣が成立,55年体制は終わりを迎えた。のちに自民党は政権に復帰したが,2009年の総選挙で大敗。民主党の鳩山由紀夫内閣が成立したが,2013年に自民党が再度政権に復帰している。

(2)バブル崩壊とその後の日本経済

  • バブル景気の崩壊

    1970年代半ば以降の安定成長が続く中,1987年から,株式・不動産などの異常な高騰によりバブル景気が発生。しかし1991年にバブルは崩壊。以後,「失われた10年」とよばれる長期の不況に突入した。

  • 世界金融危機

    「失われた10年」の最中から,日本経済はシステムの見直し(構造改革)を進めた。とくに小泉純一郎内閣は,規制緩和や国営事業の民営化を進め,貧富の差や都市と地方の差が拡大する中で,2003年以降,ようやく景気を回復させてきたが,2008年にアメリカで始まった世界金融危機(リーマン・ショック)以降,深刻な不景気となった。また,20世紀末から続く国内工場の海外移転などによって産業の空洞化が問題となり,巨額の財政赤字も大きな問題となっている。

3 日本のこれから

(1)日本の課題と国際的な役割

  • 人権の尊重

    被差別部落への差別(同和問題),アイヌや在日韓国人・朝鮮人,外国人労働者などへの偏見・差別をなくし,平等な社会をつくらなければならない。

  • 新たな社会保障制度の構築

    少子高齢社会が進む中で,女性や子ども,高齢者や障がい者の権利を守り,安心できる社会保障制度をつくらなければならない。

  • 積極的な政治参加と地方分権

    選挙に投票に行くなど,積極的な政治参加により民主主義を活性化させ,国から地方への地方分権も求められている。

  • 日本の国際的役割

    世界的な経済大国として,貧困にあえぐ発展途上国への経済支援だけでなく,国際貢献活動にも協力しなければならない。また,戦争による世界唯一の被爆国である日本は,核兵器の廃絶に積極的に取り組まなければならない。

(2)グローバル化への取り組み

  • グローバル化

    交通や情報化社会の発達によって,世界中の情報が瞬時に広がり,国境を越えた経済活動が活発化(グローバル化)してくると,地球規模の問題に対応しなければならなくなる。

  • 地球環境問題

    砂漠化・熱帯雨林の減少・酸性雨・オゾン層の破壊など,地球規模の環境問題が多発。なかでも地球温暖化に対しては,1997年に地球温暖化防止京都会議が開かれ,温室効果ガスの排出削減に向けての世界的な取り決めがなされた。

  • 地球市民

    環境を大切にし,地球市民としての意識をもつことで,「持続可能な社会」をめざす必要がある。

この続きは授業で!テキスト、演習問題のPDFが無料ダウンロードできる!

14日間無料体験!今すぐ会員登録

学年・科目を選択

14日間無料で、
4万本以上の授業動画を受講いただけます。