講師

URLコピー

※講座タイトルやラインナップは2018年現在のもので、実際の講座と一部異なる場合がございます。無料体験でご確認の上、ご登録お願いいたします。

講師紹介

この授業の
サンプルテキスト公開中!

※サンプルテキストは実際の講座と一部異なる場合がございます。無料体験でご確認の上、ご登録お願いいたします。

諸地域の調査

1 地域や国の調査のしかた

(1)テーマの決定

  • 地域や国の決定

    なぜその地域,なぜその国を調査するのかの理由も考える。

    近いから,最近注目されているから,日本との交流が深いからetc.

  • テーマのピックアップ

    疑問に思うことや興味のあることを,キーワード形式で単純に書き出してみる。

  • テーマの整理

    自然環境・環境問題・生活文化・人口・交通・産業・交流・歴史的背景などの視点を用い,テーマを整理する。

  • テーマの絞り込み

    視点をいくつか残し,調査テーマを絞り込む。

(2)計画の作成

  • 仮説を立てる

    決定したテーマに対する答えを予想する。

  • 調査方法を決める

    その答えが正しいかどうかを検証するための方法を決める。

(3)調査の実施

  • インターネットで調べる

    手当たり次第に検索するのではなく,検索する先をある程度決めておく。

    各ホームページへのアクセスは,検索サイトにキーワードを入力するか,アドレスを入力する。

    情報が古すぎないか,信ぴょう性があるか,著作権を侵していないか,などに注意する。

    ブログなどは執筆者の主観が多く入っているので注意する。

  • 文献を調べる

    図書館も利用し,新聞記事・百科事典・統計書などの文献資料を調べる。

    教科書や地図帳の統計資料も含め,統計書は年次や単位が古すぎないかどうかに注意する。

    一般図と主題図の違いに注意する。主題図は,凡例・出典・年次を確認し,多数のものを比較する。

  • 書店で書籍を購入

    観光ガイドブック・旅行体験記・小説・雑誌など。

    旅行体験記は著者の主観が多く入っている。また小説は基本的にはつくり話の部分が多い。

  • その他

    映画やドラマ,ドキュメントなどの映像資料DVDをレンタルする,テレビ番組を見るなど。

2 調査結果のまとめ

(1)調査結果のまとめ方

  • レポート
    • 見出し〔タイトル〕をつける
    • 動機・目的・仮説を書く
    • 調査方法を書く
    • 調査結果を書く

      棒グラフ・折れ線グラフ・円グラフ・帯グラフなどのグラフや主題図を活用する。

    • まとめを書く
    • 「出典」として参考資料を書く
  • その他

    ポスター・壁新聞などさまざまな工夫ができる。

(2)調査結果の発表

  • 口頭発表

    プレゼンテーションソフトの利用,ビデオ上映,劇など。その後,テーマを決めてディベート〔討論〕をおこなうなど。

  • 口頭発表時の注意点
    • 話し方

      はっきり・ゆっくり・話しかけるように・間をとってなど。

    • 引きつける工夫

      目で見せる部分・参加させる部分など。

  • 展示発表

    レポートの回覧や,ポスター・壁新聞の展示など。

  • その他

    ホームページの作成,旅行計画の作成,観光パンフレットの作成など。

この続きは授業で!テキスト、演習問題のPDFが無料ダウンロードできる!

14日間無料体験!今すぐ会員登録

学年・科目を選択

14日間無料で、
4万本以上の授業動画を受講いただけます。