講師

URLコピー

講師紹介

この授業の
サンプルテキスト公開中!

※サンプルテキストは実際の講座と一部異なる場合がございます。無料体験でご確認の上、ご登録お願いいたします。

世界と日本の気候・自然災害

1 世界の気候の特色

(1)気候の違い

  • 緯度と高度による気候の違い

    赤道周辺では太陽にあたる時間が多いため気温が高く,緯度が高くなるほど気温が下がる。また,標高が高くなるにつれて気温が下がる。

    赤道に近い低緯度地域でも,標高が高いと気温が下がり穏やかな高山気候となる。

  • 海からの距離
    • 海沿いの海洋性気候は夏と冬,昼と夜との気温差が小さく,降水量が多い。
    • 海から離れた大陸性気候〔内陸性気候〕では夏と冬,昼夜の寒暖の差が大きく,降水量が少ない。
  • 風の影響
    • 日本を含むユーラシア大陸の東側・南側などでは季節風〔モンスーン〕が吹き,季節によって風向きが変わり,気候の変化に大きな影響を与える。
    • 大陸西岸の中緯度地帯で,1年を通して常に西から東に吹く風を偏西風といい,気候に強い影響を与える。

(2)世界のさまざまな気候

  • 熱帯

    赤道周辺に広がる年じゅう高温の気候。1年を通じて降水量が多く,熱帯雨林が広がる熱帯雨林気候と,雨季と乾季がはっきり分かれ,樹木がまばらに生え,丈の高い草原が広がるサバナ気候の2つに区分される。

  • 乾燥帯

    中緯度地帯や内陸部に広がる,降水量の少ない気候。ほとんど降水量がなく,砂と岩の砂漠が広がる砂漠気候と,やや降水量があり,丈の低い草原(ステップ)が広がるステップ気候の2つに区分される。

  • 温帯

    中緯度地帯の温和な気候。年間降水量が多く,大陸の東岸に多い温暖(温帯)湿潤気候,ヨーロッパ西部などの大陸西岸に多く,偏西風と暖流の影響を受け,冬は高緯度のわりに温暖な,降水量の安定している西岸海洋性気候,夏は乾燥するが冬は雨量が多く,比較的温暖な地中海性気候の3つに区分される。

  • 冷帯〔亜寒帯〕

    北半球の高緯度地域に広がる。針葉樹林〔タイガ〕が広がり,冬の寒さが厳しく,夏との気温差が大きい。

  • 寒帯

    北極や南極周辺に広がる,1年中低温の気候。完全に氷と雪に覆われる氷雪気候と,夏にだけ氷が溶け,コケ類が生えるツンドラ気候の2つに区分される。

2 日本の気候の特色

(1)日本の気候の特色

  • 気候帯

    冷帯〔亜寒帯〕となる北海道や亜熱帯となる南西諸島を除き温帯の気候となり,中でも降水量の多い温暖湿潤気候に属する。また,四季の変化がはっきりとしていて,季節風の影響も受ける。

  • 降水量

    梅雨や台風,積雪などの影響で降水量は多い。

    • 梅雨

      おもに6~7月,日本列島の南岸に梅雨前線が停滞し,雨が続く現象。太平洋高気圧が強くなると徐々に前線は北上し,本格的な夏が到来する。

      南西諸島の梅雨は5~6月,北海道には梅雨はない。

    • 台風

      おもに7~10月ごろ,赤道付近で発生した熱帯低気圧が発達して日本に接近。強い雨と風で日本に被害をもたらす。

  • 季節風(モンスーン)
    • 夏は太平洋上の高気圧から暖かく湿った南東の季節風が吹き,太平洋側に多くの雨を降らせ,湿気をもたらす。
    • 冬はシベリア(ユーラシア大陸の北部)から冷たい北西の季節風が吹き,日本海をわたるときに暖流の対馬海流が運んだ水蒸気を得て湿気を含み,日本海側で多くの雪を降らせる。太平洋側に来るときには水分を失い,冷たく乾燥した強い風が吹く。

(2)日本の気候区分

南北に細長い日本列島では,北海道と南西諸島で気候が異なる。また,太平洋側と日本海側でも夏と冬の降水量が大きく異なる。さらに日本海と太平洋に挟まれた瀬戸内や中央高地は違った気候となる。

  • 太平洋側の気候

    夏は南東からの季節風を受けて雨が多くて蒸し暑い。冬は日本海側からの山地を越えた乾燥した季節風を受け,寒く晴れた日が多い。

  • 日本海側の気候

    冬は湿った北西季節風の影響を受けて雪やくもりの日が多い。

  • 中央高地(内陸性)の気候

    夏・冬の季節風は山地にさえぎられるために降水量は少なく,標高が高いために冬は低温になる。とくに夜間や冬の気温低下が激しく,寒暖の差が大きくなる。

  • 瀬戸内の気候

    北を中国山地,南を四国山地にふさがれており,夏・冬の季節風はともに届かずに降水量は少ない。気温は比較的温暖。

  • 北海道の気候

    本州や九州の温帯ではなく亜寒帯に属する。夏でも気温はあまり上がらず,冬の気温低下は厳しいものとなる。

  • 南西諸島の気候

    温帯と熱帯の中間的な気候である亜熱帯とよばれる。冬でも温暖で,雨は1年を通して多い。

3 自然災害と防災

(1)さまざまな自然災害

日本は環太平洋造山帯にあるため地震や火山活動が活発で,しばしば災害を引き起こす。

  • 地震

    地震そのものの揺れによる建物の倒壊だけでなく,山崩れや,震源が海底の場合,津波を引き起こす可能性もある。

    • 1995年1月17日,淡路島の北の活断層を震源とするマグニチュード7.3の直下型地震(兵庫県南部地震)が発生。建物や高速道路が倒壊,冬場のため暖房器具による火災なども増え,6500人近くの犠牲者を出す阪神・淡路大震災となった。
    • 2011年3月11日,東北地方三陸沖を震源とするマグニチュード9.0の地震が発生。東北・関東地方の太平洋岸に巨大な津波が押し寄せ,2万人近くの死者・行方不明者を出す東日本大震災となった。
  • 火山の噴火

    火山から噴出した火山灰や溶岩が農地や集落に被害をもたらす。1991年の雲仙・普賢岳(長崎県)の噴火では,高温の火山性ガスや火山灰が高速でふもとに流れる火砕流が発生し,大きな被害を出した。

    2014年の御嶽山(長野県・岐阜県)の噴火も大きな被害を出した。

  • 大雨

    台風などの集中豪雨によって発生。日本の川は流れが急で短いために洪水が起こりやすい。また,山に大量の雨が降ると山崩れや土石流が発生する恐れがある。

    都市ではアスファルトでおおわれた道路がほとんどで,川の護岸もコンクリートで固められているため,雨が地中にしみこみにくく,降った雨がすべて川に流れ込み,洪水(都市型洪水)が起きやすい。また,土が少ないために大気の温度が下がりにくく,局地的な雷雲による豪雨(ゲリラ豪雨)が起こりやすい。

  • 気候の変化による災害
    • 寒流の影響などで夏に気温が上がらず,日照不足も重なり作物の生育が悪くなる冷害が,北海道や東北地方の太平洋側で発生しやすい。
    • 雨不足から農業用水や生活用水に影響をおよぼす干ばつ〔干害〕が,瀬戸内地方などで起こりやすい。
    • 東北地方の日本海側や北陸地方では,冬の大雪によって家が倒壊したり,なだれによって被害を受けることがある。

(2)防災対策

災害に備え,国や地方自治体が防災対策をおこなっている。また,住民一人ひとりが常に防災への意識をもつことが重要となっている。

  • 公共施設の建設

    水害を防ぐためのダムや堤防などの建設。また,避難場所や避難経路を整備し,災害が起こりそうな場所を示した地図(ハザードマップ)をつくり,災害に対して対策を立てられるようにした。

  • 注意報・警報・特別警報

    災害が起こりそうな状況に対して発令される。最近では地震を予知し次第,緊急地震速報を出す場合が多い。

この続きは授業で!テキスト、演習問題のPDFが無料ダウンロードできる!

14日間無料体験!今すぐ会員登録

学年・科目を選択

14日間無料で、
4万本以上の授業動画を受講いただけます。