笹森 義通

スタディサプリ国語講師

笹森 義通

中学生の
定期テスト勉強法Presented by

国語国語を得意教科にするための勉強法

笹森 義通

スタディサプリ国語講師
笹森 義通

序章『読解力とは何か』

「国語の勉強」といえば、皆さんはどのようなことを思い浮かべるでしょうか。お父さんや、お母さんから、「本をたくさん読まなあかんで!!」とか、「読解力が大事なんやで!!」などと言われた人も多いことでしょう。ではよく耳にする「読解力」とは、そもそも何なんでしょうか?また本を読むだけで読解力は本当につくのでしょうか?「国語の勉強の仕方」は、抽象的で漠然としていますよね。ここでは、真の読解力である『絶対的国語力』「絶対的国語力を身につける方法」について、具体的にお話ししたいと思います。

中学 国語の勉強法・定期テスト対策

「読解力」とはどのような力なのか。それは文字通り「文章をんで、問題を」のことですが、ただ漠然と文章を読むことではありません。また問題を読んで解くだけではなく、試験時間内で読み解くという速読速解力も含まれます。「正確な読解のための方法」=「国語精読セオリー」についてお話します。このセオリーが身につけば、論理的な思考法や文章の作成法にも繋がります。今からお話ししする方法を意識して、練習問題を解いていけば、必ず読解力は身につきます。

『国語精読セオリー』~正しく読み解く方法~

①言葉の知識「国語ボキャビル(vocabulary building=語彙増強)の必要性」
まず文章を読むためには、言葉の知識(ボキャブラリー)が必要である。現代文では、漢字知識(漢字・熟語・ことわざ・慣用句・故事成語)・評論用語・文法知識など、古文では、歴史的仮名遣い・古文単語・古文文法など、漢文では、漢語・訓読法などといった、それぞれ国語の学習分野ごとに押さえるべき言葉の知識がある。

②作品背景の知識「背景知識(background knowledge)の確実性」
次に、文章ジャンル別の背景知識に注目する。例えば、評論で「身体論」が出題されたら、どういったパラダイムが重要か、古文で「枕草子」が出題されたら、どのようなことを「をかし」といっているのか、などといったことである。これを押さえておけば、文章の趣旨のミスリードが減り、読解の確実性が上がる。また、背景知識としての文学史も必要である。

③文章の構造を掴む「論理的把握力(grip of logic)の重要性」
そして、文章を「精読」する上で、押さえておきたいポイントが二つある。ただたんに言葉を追いかけるだけではなく、全体的な構造を掴むためである。
(a)論理関係→主語と述語の関係・指示語・接続語・程度の意味を表す副詞・具体例の箇所
(b)修辞関係→対比・並立・倒置・体言止め・比喩
これらの言葉をチェックして、言葉の意味と、前後の言葉の繋がりまで意識する。「論理」と「修辞」(文修飾)は、本文の論旨、主張に繋がることが多いので重要である。

こうした『国語知識』『背景知識』『文章の構造』を押さえながら、読み解きすることが、「国語精読セオリー」です。つまり読解とは、上記のようなルールに基づいて読み進めて、自分の主観、直感ではなく、客観的ルールに依拠することなのです。

正しい方法論を踏まえて、読書や読解の経験値を重ねていくことが、様々な文章、設問への対応力である、「絶対的国語力」が身につくのです。

また、作文や小論文などが書けないという悩みのある人もいるかと思います。「書き方」とは「読み方」に繋がります。良いテキストを読んだ経験がないと、良い文章は書けるはずはありません。ですから、文章を正しい読み方で触れることで、文章も書けるようになるものです。

続いての章では、その能力の身につける方法についてお話しします。

スタディサプリで定期テストを攻略しよう!

スタディサプリは、月額980円でプロ講師による高品質な動画授業が見放題。さらに!定期テスト攻略のための特別講座も受講できます。

STEP1 特典に直結する問題が詰まったオリジナルテキストを解く→STEP2 間違ってしまった問題は解説授業で徹底解説! STEP1 特典に直結する問題が詰まったオリジナルテキストを解く→STEP2 間違ってしまった問題は解説授業で徹底解説!
まずは無料で
はじめてみよう!
14日間無料で体験!今すぐ会員登録14日間無料で体験する

スタディサプリの料金についてもっと詳しく知りたい方はこちら

国語の「読解力」は、「精読」と「知識」で身につきます。受験の国語をおもしろおかしく語ります。落語研究会出身なので、一緒に楽しく勉強しましょう!!

日本語

面白く学べる授業の作り手

笹森ささもり 義通よしみち

高校で教師を3年間務めた後に、予備校の教壇に立つ。大手予備校で古文を担当し、担当講座は毎年満員御礼。また、制作するテキストからは、関西有名校の入試問題に的中続出。大手進学塾では、最難関高校対象の国語の講座を担当する。

【主な著作物】
・『国公立二次過去問選』(数研出版)

担当授業:
中学3年生国語 応用

国語の教科書別全授業のラインナップはこちら

14日間無料で、
4万本以上の授業動画を受講いただけます。