栃木県公立高校入試日程・内申点・入試問題(3か年)
・傾向と対策

入試問題のダウンロード・傾向と対策など
令和2年度(2020年)に受験を迎える方への情報をご案内します。

入試制度

最新の情報は栃木県教育委員会のホームページでご確認ください。

栃木県の入試日程
(平成31年度)※前年度の情報です。
令和2年度については順次公開いたします。

一般選抜

・出願:2月20日(水)、21日(木)

・出願変更:2月25日(月)、26日(火)

・学力検査:3月6日(水)

・合格者発表:3月12日(火)

特色選抜

・出願:1月31日(木)、2月1日(金)

・面接等:2月7日(木)、8日(金)

・合格者内定:2月14日(木)

栃木県の入試制度
(平成31年度)※前年度の情報です。
令和2年度については順次公開いたします。

調査書

第1学年から第3学年までの9教科5段階評定が記載される。一般選抜では、それを点数化する(500点満点)。

一般選抜

調査書、学力検査の成績、面接の結果等を資料として総合的に選抜を行う。学力検査と調査書の評定の比率の置き方については、各学校・学科ごとに、1:9~9:1の範囲で定め、これに基づいて学力点、調査書点を出す。

・学力検査…国語、社会、数学、理科、英語。

※国語、数学、英語は各50分。社会、理科は各45分。各科100点満点、合計500点満点。ただし、配点を変える学校がある。

・面接…6割強の学校・学科で実施される。実施する場合、ほとんどが集団面接。

特色選抜

・面接…すべての学校で実施。個人面接・集団面接・2つの併用のいずれかで実施されるが、ほとんどが個人面接を実施。

・作文または小論文、学校独自検査(学校作成問題・口頭試問・実技等)から実施。

選抜方法

調査書、志願理由書等の書類及び面接に加えて、作文、小論文、学校独自検査の結果等を資料として選抜する。

入試問題 (3か年)

スタディサプリ会員限定

スタディサプリ会員になると
栃木県 公立高校の入試問題を
ダウンロードできます

14日間無料体験

出題傾向と対策

※平成31年7月時点の情報です

英語

基礎問題から総合問題まで幅広い力が求められる!

試験概要

時間:50分 満点:100点

例年、リスニング、文法・英作文、会話文、英作文、長文総合2題の大問6問構成で出題されている。小問数は40~44問と比較的多めなので時間的余裕はあまりないだろう。

2019年度の問題構成
項目 内容 配点
1. リスニング リスニングは、対話と質問文を聞き、正しい答えを選ぶもの、短い対話を聞き、対話に続く適切な受け答えを選ぶもの、英文を聞き、内容をまとめた文の空所を埋めるものが出題されている。 26
2. 文法、英作文 文法問題は、空所の適語(句)選択や整序作文が出題されている。 18
3. 会話文〈民族音楽〉 会話文は、指示語の内容、適語補充、文整序、具体的内容指摘が出題されている。 12
4. 英作文 英作文は、日本語のメモや表を見ながら英文の空所を埋めるもの、イラストを見てそれに合う会話を完成させるもの、あるテーマについて自分の意見を英語で述べるものが出題されている。 16
5. 長文総合〈長距離走大会〉 長文総合は、具体的内容指摘、適文選択、内容一致文選択が出題されている。 14
6. 長文読解〈クモ〉 長文読解は、適語選択、具体的内容指摘、文挿入位置選択、内容一致文選択が出題されている。 14
過去3か年の傾向

出題傾向、出題問題数、長文の分量など大きく変更していない。出題内容は、年度によって違う項目もあるが例年ほぼ同じなので傾向はつかみやすい。

リスニングは短い対話を聞き、対話に続く適切な受け答えを選ぶもの、対話と質問文を聞き、正しい答えを選ぶもの、英文を聞き、内容をまとめた文の空所を埋めるものが出題されている。

文法問題は、空所の適語(句)選択や整序作文が出題されている。

英作文は日本語のメモや表を見ながら英文の空所を埋めるもの、イラストを見てそれに合う会話を完成させるもの、あるテーマについて自分の意見を英語で述べるものが出題されている。

読解問題は会話文1題、長文2題の出題となっている。設問は内容把握に関するものがほとんどである。

対策

リスニングでは、英文の聞き取りとともに要点を把握する練習が必要である

文法問題では、文法項目や連語の復習が必須である。

英作文では、自分の意見を述べる問題については、ここ3年間「5文程度」という指定があるので、様々なテーマについてある程度の長さの英文を書く練習をしておくことが必要

読解問題と会話文の設問数はさほど多くはないが、長文内容を素早く把握する力が必要とされているので、普段から時間を決めてある程度の長さの文を読む練習をしておくことが必要。設問は内容把握に関するものがほとんどで、文法や英作文に関する設問は少ない。

過去3か年の出題内容
分野 出題内容 17 18 19
英文法・語彙 空所補充
語形変化
整序英作文
文法問題(長文形式)
語彙
和文英訳
長文読解 指示語
文整序・脱文挿入
長文中の空所補充(単語レベル)
長文中の空所補充(文レベル)
英問英答
日本語記述
内容一致
資料問題
要約
長文を踏まえての作文
英作文 自由英作文(問題意識を問う)
自由英作文(自分を問う)
自由英作文(交流)
イラストを用いた英作文
リスニング 短めの対話を聞いて答える
ビジュアル問題
書き取り
リスニング総合問題

講義動画を見てみよう

【高校受験】英語 栃木県 公立高校受験対策
オリエンテーション(高校受験対策講座の進め方)

栃木県公立高校の出題傾向を踏まえた
英語の攻略講座をもっと見てみよう!

「長文読解」「リスニング」「英作文」の様々なパターンを講座で解説!

もっとみる

数学

問題量は多い。試験時間を有効に使うトレーニングを重ねておこう!

試験概要

時間:50分 満点:100点

大問は6題、全問題数は30問以上と多め。問題文の分量も多く制限時間の50分が短く感じられるだろう。

2019年度の問題構成
項目 内容 配点
1. 独立小問14題 数の計算、式の計算3題、平方根、角度、反比例、相似比、連立方程式、確率、円周角、2次方程式、関数についての正誤判断、投影図 28
2. 独立小問3題 作図、文字を用いた説明、放物線と直線 12
3. 独立小問2題 1次方程式の文章題、資料の活用、 12
4. 図形2題 相似の証明、球と円柱 14
5. 関数 移動距離についての関係式、グラフの完成 17
6. 図形の規則性 円盤を並べてできる長方形状の図形、2次方程式の利用 17
過去3か年の傾向

大問1は各単元からの独立小問題。ここ数年14題で定着している。大問2~4もいろいろな単元からの小問で構成されている。方程式の利用、作図、証明などがここ数年は出題が多い。かなりの思考力が必要な問題も含まれる。証明をはじめ記述問題の出題も多い。

大問5は、速さ(2019)、点の移動(2018)、水量の変化(2017)といったいろいろな関数の問題。条件設定が複雑で、丁寧にじっくりと考えることが必要。最後の大問6は図形の規則性などの思考力の問題で難易度はかなり高い。

対策

大問1~4の独立小問は幅広い単元からの出題なので、苦手単元をつくらないようにすることが重要。出題形式としては、いずれもよくあるパターンなので取り組みやすいだろう。できるだけスピーディーにこなし、後半の関数、図形の応用題を解く時間を確保したい。

大問5の関数は毎年テーマが異なるので、栃木県の過去の出題だけではなく他の都道府県のいろいろなパターンの問題で練習しておこう

大問6の規則性の問題は、まずは問題文をじっくりと読んで、条件を理解すること。それができれば初めの2問ほどは比較的容易に解答できる。方程式を用いて解く問題も含まれ、計算が複雑になる場合が多い。試験中にあわてないよう、普段から正確性とスピードを意識した計算練習をしておくこと

過去3か年の出題内容
分野 出題内容 17 18 19
数と式 数の計算・平方根の計算
数の性質・平方根の性質
式の計算・因数分解
数の規則性
図形の規則性
方程式 1次方程式
1次方程式の文章題
連立方程式
連立方程式の文章題
2次方程式
2次方程式の文章題
関数 関数の基本
いろいろな事象と関数
関数と図形
図形 作図
面積・面積比
線分・角
円・円周角
証明
立体図形の計量
円錐・球
最短距離の問題
立体の切断
確率・統計 確率
資料の活用

講義動画を見てみよう

【高校受験】数学 栃木県 公立高校受験対策
オリエンテーション(高校受験対策講座の進め方)

栃木県公立高校の出題傾向を踏まえた
数学の攻略講座をもっと見てみよう!

「図形の規則性」「速さ・水量の変化」「証明」など頻出テーマの講座で解法のコツを解説!

もっとみる

国語

基本事項を幅広く学習し、作文の練習もしっかりしておこう!

試験概要

時間:50分 満点:100点

大問は、国語の知識・古文・論理的文章・小説・作文の5問構成である。小問数は33問程度。文章量は標準的で、設問は知識・読解ともに、内容を深く掘り下げて問うのではなく、さまざまな分野・設問タイプを、まんべんなく問うものとなっている。作文の字数が多く、配点が高めなのが特徴。

2019年度の問題構成
項目 内容 配点
1. 漢字、短歌・漢詩 漢字の読み書き各5問と、短歌・俳句とそれに関する話し合いより、空欄補充、表現技法、書き下し文、文法2問が出題。 30
2. 古文〈「室町殿物語」〉 仮名遣いと、理由説明、口語訳、人物像に関する選択問題と、内容把握に関する30字以内の記述問題を出題。 10
3. 論理的文章〈「都市と地方をかきまぜる『食べる通信』の軌跡」高橋博之〉 内容把握3問、空欄補充、段落構成などの読解問題を出題。20字と40字以内の記述問題がある。 20
4. 小説〈「虚無僧」竹西寛子〉 心情把握、脱文挿入、内容把握、表現上の特徴などの読解問題を6問出題。 20
5. 作文 会話とグラフを参考に「自分の意見を伝える」ということについての自分の考えをまとめる資料作文(240~300字)。 20
過去3か年の傾向

大問1は、2018年から漢字の読み書きと、和歌や俳句、漢文の基本事項や文法・言語知識に関する問題が出題されている。文法は助動詞の識別・敬語など、言語知識は熟語の知識・部首などが、比較的よく出題される。

古文は、文章量が比較的多く、語注も少ないが、設問は選択形式が中心で、記述問題も該当部分をそのまま現代語に直せばよいので、難度はそれほど高くない。

論理的文章は、自然や文化など、国語でなじみのある話題が選ばれるが、表現の抽象度はやや高い。

小説は、マイナスからプラスへの心情変化を含むものが好まれる。

作文は、グラフや指定された条件を踏まえて、自分の考えを書くものである。2019年はグラフについての話し合いが加わった。

対策

古文は歴史的かなづかいや文法事項の基本を大切にして、確実に読み進めていくとよい。

論理的文章の設問は、段落ごとの理解を問うものが中心なので、要点をおさえるように心がける。

小説の記述問題は、本文中の表現を使って答えられる場合が多いが、心情を読み取ってまとめる練習をしっかりしておこう。 作文は、条件による誘導が少ない分、話し合いやグラフの内容をきちんと理解し、自分の考えをしっかりとまとめあげる力が求められる。経験や具体例を含んだ伝わりやすい文章を心がけよう。

過去3か年の出題内容
分野 出題内容 17 18 19
国語の知識 漢字
文法
言語知識
現代文の読解 論理的文章
随筆
物語・小説
読解力・表現力 話し合い
資料の読み取り
韻文
短歌・俳句
古典 古文
漢文
作文 課題作文
資料作文
条件付き作文
読後作文
放送問題

講義動画を見てみよう

【高校受験】国語 栃木県 公立高校受験対策
オリエンテーション(高校受験対策講座の進め方)

栃木県公立高校の出題傾向を踏まえた
国語の攻略講座をもっと見てみよう!

「論理的文章の読解」「物語・小説の読解」「古文の読解」など必出テーマを解説!

もっとみる

理科

幅広い単元から出題されている!苦手単元をなくす努力を!

試験概要

時間:45分 満点:100点

例年、全体の構成は大問が9つで、大問1は小問集合、大問2~9は、物理・化学・生物・地学から2題ずつ出題されている。大問数は多いが、小問数は35問程度と多くないので、時間内に十分解答できるだろう。

2019年度の問題構成
項目 内容 配点
1. 小問集合 各分野の基礎的内容の確認問題。(記号選択4問、語句記述3問、計算1問) 16
2. 生物のつながり 食物連鎖についての知識と理解度を問う問題。(記号選択1問、語句記述2問) 9
3. 状態変化 水とエタノールの混合物の加熱実験において、実験操作の理由や混合物の分離についての性質を問う問題。(記号選択2問、短文記述1問) 9
4. 電流と磁界 モーターのつくりを調べる実験を通して、電流と磁界の関係についての理解度を問う問題。(記号選択2問、語句記述1問、計算1問) 12
5. 天気の変化 冬や夏の日本付近における気圧配置と空気の流れについて問う問題。(記号選択3問、短文記述1問) 11
6. 中和 うすい硫酸と水酸化バリウム水溶液の中和反応について問う問題。(語句記述2問、計算1問、グラフ作成1問) 12
7. 仕事とエネルギー 物体がもつエネルギーを調べる実験から、仕事や力学的エネルギーについての理解度を問う問題。(記号選択2問、計算1問) 9
8. 地震のしくみ 地震の記録から、震源の分布や、地震の伝わり方などについての理解度を問う問題。(記号選択1問、計算1問、短文記述1問) 10
9. 植物のはたらき 植物の光合成のはたらきについての理解度を問う問題。(記号選択2問、語句記述1問、短文記述1問) 12
過去3か年の傾向

大問1では、1問1答形式の問題が各分野から2問ずつ合計8問出題されている。いずれも教科書範囲の基本的な内容の確認問題となっている。

大問2~9では、出題内容の一覧を見てもわかる通り、幅広い単元からの出題となっており、実験や観察をもとにした問題が多い。

出題形式は、記号選択、語句記述、計算問題がバランスよく出題され、短文記述や作図も典型的な問題が毎年3~5問程度出題されている。

対策

大問1では基本的内容だけが出題されており、ここでの失点は避けたいところである。そこで、教科書内容をしっかり復習しておくことは言うまでもないが、1問1答形式の問題集などを解いておくことをお勧めする。

大問2~9では幅広い単元から出題されているため、問題集などで実験や観察をもとにしたいろいろなパターンの問題を幅広くやっておくと、似たような問題が出たときに、安心して問題に取り組めるだろう。また、圧倒的な出題範囲の広さに対応するためには、早い段階から受験を意識し、苦手単元をなくす努力をしておいてほしい。

また、短文記述や作図の問題は典型的な問題がほとんどなので、教科書にある理由・根拠などをしっかりと押さえておいてほしい。

過去3か年の出題内容
分野 出題内容 17 18 19
物理 光・音の性質
力の性質
電流回路
電力・発熱量
磁界・電磁誘導
物体の運動
仕事とエネルギー
化学 気体の性質
水溶液の性質
状態変化
物質の性質
化合・分解
酸化・還元
質量保存・質量比
電気分解・化学電池とイオン
酸・アルカリ・中和
生物 植物のつくりとはたらき
動物の分類
ヒトの体(消化・吸収)
ヒトの体(血液循環)
ヒトの体(排出・刺激と反応)
生物の成長とふえ方
生物のつながり
地学 火山と地層
地震のしくみ
気象観測・大気中の水
天気の変化
太陽・星座の動き
月・惑星の動き
作図問題

講義動画を見てみよう

【高校受験】理科 栃木県 公立高校受験対策
オリエンテーション(高校受験対策講座の進め方)

栃木県公立高校の出題傾向を踏まえた
理科の攻略講座をもっと見てみよう!

「仕事とエネルギー」「物質の性質」「植物とつくりとはたらき」など頻出テーマを解説!

もっとみる

社会

一問一答形式の問題を確実にこなし、応用問題で高得点を狙おう!

試験概要

時間:45分 満点:100点

過去3年間の大問数は7、小問数は45前後。
試験時間は45分なので、テンポ良く解答していかないと、時間が足りなくなることもあるだろう。確実に解答できる問題から進めていくといった柔軟さが必要。

短文での論述問題の中には、比較的長い文章を書く必要のある問題も出されているので、身につけた。
知識を文章で表現できるように練習しておくことが欠かせない

2019年度の問題構成
項目 内容 配点
1. 融合問題(地理・歴史・公民) 小問集合 (記述4題、選択4題) 16
2. 地理(世界/地域別) アジアの国々  (記述1題、選択3題、論述2題) 12
3. 地理(日本/地域別) 九州地方 (記述1題、選択3題、論述1題) 12
4. 日本史(総合) 女性史 (記述1題、選択5題、論述1題) 16
5. 歴史(総合) 年表で見る近現代史 (記述1題、選択3題、論述2題) 12
6. 公民(総合) 経済活動・人権について (記述4題、選択5題、論述1題) 22
7. 融合問題(地理・歴史・公民) まちづくりについて (記述1題、選択2題、論述1題) 10
過去3か年の傾向

・大問1と大問7で三分野融合問題が出題されている。
特に大問1は一問一答形式の問題になっているので、ここでしっかりと得点できるようになっておきたい。
大問7については、基本的事項の確認が中心だが、短文で説明しなければならない問題が必ず出されている。

・大問2で世界地理・大問3で日本地理が出題されている。
地域は世界・日本ともに限定されている。
地図を題材に、各地の自然・気候・産業・貿易などについて問われていることが多い。
→ 日本地理では地形図の読み取り問題が出される年度もある

・大問4と大問5は歴史的分野からの出題
地図や写真・統計表などを活用した問題となっている。
→特に大問5では、毎年必ず年表を用いた問題が出されている。

・大問6は公民的分野からの出題
政治分野・経済分野が出題の中心だが、国際分野からの出題も見られる。
グラフや表からわかることを読み取る力を試す問題も出されている。

対策

・地理・歴史・公民各分野の融合問題
三分野とも基礎的内容をしっかり理解し、単語を覚えるだけでなく、その意味を、簡単な文で説明できるようになっておこう。

・地理的分野
世界地理・日本地理ともに地図帳を利用するなどして、地域別の特徴をしっかりと理解しておこう。
資料集を活用して、雨温図や貿易・産業についての統計が示す内容をチェックすることも忘れずに。

・歴史的分野
年表を使った問題に強くなるには、自分で写真や絵も入れながらテーマ別に年表を作ってみるのも効果的な学習方法といえる。
世界史については、日本史の内容と関係することがらをしっかりとチェックしておこう。

・公民的分野
政治・経済・国際のすべての分野が出題されるので、かたよりのある学習は効果がない
教科書や資料集にある模式図や統計表を活用して、さまざまなことがらのしくみや特徴をしっかり理解しておこう。

過去3か年の出題内容
分野 出題内容 17 18 19
地理 地球のすがたと人々の暮らし
世界の諸地域(アジア・オセアニア)
世界の諸地域(ヨーロッパ・アフリカ)
世界の諸地域(南北アメリカ)
日本のすがたと産業
世界と日本のつながり
日本の諸地域(九州・中国・四国地方)
日本の諸地域(近畿・中部地方)
日本の諸地域(関東・東北・北海道地方)
地理総合問題
歴史 原始・古代(大和時代まで)
古代~中世(奈良時代~平安時代)
中世(鎌倉時代~室町時代)
近世(大航海時代~鎖国まで)
近世(江戸幕府の発展)
近代(開国~明治維新)
近代(明治時代)
近代(大正時代)
近代(昭和時代〈第二次世界大戦まで〉)
現代(昭和・平成時代〈戦後〉)
歴史総合問題
公民 現代社会と人権・憲法
政治のしくみ
経済のしくみ
国際社会
公民総合問題
融合 融合問題(地理・歴史)
融合問題(地理・公民)
融合問題(歴史・公民)
融合問題(地理・歴史・公民)

講義動画を見てみよう

【高校受験】社会 栃木県 公立高校受験対策
オリエンテーション(高校受験対策講座の進め方)

栃木県公立高校の出題傾向を踏まえた
社会の攻略講座をもっと見てみよう!

「世界の諸地域」「近代」「現代」「公民総合問題」など必出テーマを講座で解説!

もっとみる