千葉県公立高校入試日程・内申点・入試問題(3か年)
・傾向と対策

入試問題のダウンロード・傾向と対策など
平成31年度(2019年)に受験を迎える方への情報をご案内します。

入試制度

平成30年6月現在の情報です。最新の情報は千葉県教育委員会のホームページ等でご確認ください。

千葉県の入試日程
(平成31年度)

前期選抜

・入学願書等提出期日: 2月1日(金)・4日(月)

・学力検査等の期日: 2月12日(火)・13日(水)

・選抜結果の発表: 2月19日(火)

・入学確約書提出期日: 2月19日(火)・20日(水)

・入学許可候補者発表の期日:後期選抜と合わせて発表

後期選抜

・入学願書等提出期日: 2月22日(金)

・志願(希望)変更受付期日: 2月25日(月)・26日(火)

・学力検査等の期日: 2月28日(木)

・入学許可候補者発表の期日: 3月6日(水)

千葉県の入試制度
(平成31年度)

調査書

次の算式1で算出した数値を選抜の資料とする。

算式1: A + B - C

 A …9教科の評定の全学年の合計値

 B …県が定める評定標準値

 C …志願者の在籍する中学校の第3学年に在籍する生徒の9教科の評定の全学年の合計値の平均値

前期選抜

・検査の内容

第1日の学力検査:国語・数学・英語・理科・社会 各教科50分・100点

第2日の検査:面接、集団討論、自己表現、作文、小論文、適性検査、学校独自問題による検査及びその他の検査のうちからいずれか1つ以上の検査を実施。

・選抜方法

調査書等の書類の審査、学力検査の成績及び各高校において実施した検査の結果を資料とし、総合的に判定する。

後期選抜

・検査の内容

学力検査:国語・数学・英語・理科・社会 各教科40分・100点

面接等各高校が必要に応じて実施する検査

・選抜方法

1.調査書、学力検査の成績及び面接等各高校が必要に応じて実施した検査の結果等を資料とし、総合的に判定する。

2.調査書の記載内容、学力検査の成績及び面接等各高校が必要に応じて実施した検査の結果等の取扱いについては、次の手続によるものとする。

①次のア~ウまでの条件を備える者を A 組とし、この者は入学許可候補者とする。

ア 算式1で求めた数値で順位をつけたとき、次の⒜または⒝に示すパーセント以内にあること。

⒜ 受検者数が募集人員以内のときは、受検者数の80パーセント

⒝ 受検者数が募集人員を超えるときは、募集人員の80パーセント

イ 学力検査の5教科の得点合計によって順位をつけたとき、上記のアの⒜または⒝に示すパーセント以内にあること。

ウ 調査書の記載内容、学力検査の個々の教科の得点及び面接等各高校が必要に応じて実施した検査の結果等に、特に問題となる点がないこと。

② A 組に属さない者を B 組とし、この者については、次の算式2で求めた数値及び次のア~エを資料として総合的に判定する。

算式2: A + B × C

A …学力検査の5教科の得点合計

B …各高校により別に定めるところの数値

C …算式1で算出した数値

ア 調査書中の9教科の評定

イ 学力検査の成績

ウ 調査書中の「必修教科の評定」、「選択教科の評定」、「総合的な学習の時間の記録」、「出欠の記録」、「行動の記録」、「特別活動の記録」、「部活動の記録」、「特記事項」、「総合所見」等

エ 面接等各高校が必要に応じて実施した検査の結果

3.理数に関する学科については、学力検査の数学及び理科の得点を1.5倍または2倍に換算する。また、国際関係に関する学科については、学力検査の英語の得点を1.5倍または2倍に換算する。

入試問題 (3か年)

スタディサプリ会員限定

スタディサプリ会員になると
千葉県 公立高校の入試問題を
ダウンロードできます

14日間無料体験

出題傾向と対策

※平成30年7月時点の情報です

英語

リスニング、文法、英作文での配点が高い!

例年、リスニング、文法(語形変化、整序作文)、英作文、長文読解、長文総合、会話文という構成で、語彙に関する問題が加わる場合もある。リスニング、文法、英作文の配点が他の都道府県よりも高いのが特徴。

リスニングは対話を聞いて問いに答える問題がほとんどであるが、英文の表す単語を書かせる問題や聞き取った英単語を書かせる問題が出される場合もある。

語彙の問題は定義文を見て、それが表す語を書かせるものが出題されている。中学校で学んだ単語に関しては確実に書けるようにしておきたい。

文法問題としては例年、語形変化と整序作文の問題が出されている。文法項目では不定詞、分詞、関係代名詞、比較に関する出題が比較的多いので、特にしっかりと練習しておきたい。

英作文は絵を見てそれに合う英文を書かせるという形式で出されている。20語程度という語数制限があるので、ある程度の長さの英文が書けるように練習しておくことが必要。

長文、会話文などにはさほど長い文章が用いられているわけではないが、全体の分量が多めであるため、あまり長い時間はかけられないだろう。短時間で内容を把握できるよう、ある程度の長さの長文を読む訓練をしておくことが必要になる。

平成30年度の問題構成(50分・100点満点)
項目 内容 配点
1.リスニング 対話文と質問 9
2.リスニング 絵を選ぶ問題 6
3.リスニング 英文と質問、対話文と質問 6
4.リスニング 書き取り 12
5.文法、英作文 語形変化、整序作文 15
6.英作文 条件作文 8
7.長文読解〈最初のお茶、ジュンと妹、アニマル・ケア・センターの犬たち〉 適語選択、適語補充、内容把握、英問英答、内容一致文選択 19
8.長文総合〈本当のおもてなし〉 内容把握、文挿入位置選択、適語補充、内容一致文選択 13
9.会話文〈言語習得のポイント〉 応答文選択 12
過去3年の出題内容
分野 出題内容 16 17 18
英文法・語彙 空所補充
語形変化
整序英作文
文法問題(長文形式)
語彙
和文英訳
長文読解 指示語
文整序・脱文挿入
長文中の空所補充(単語レベル)
長文中の空所補充(文レベル)
英問英答
日本語記述
内容一致
資料問題
要約
長文を踏まえての作文
英作文 自由英作文(問題意識を問う)
自由英作文(自分を問う)
自由英作文(交流)
イラストを用いた英作文
リスニング 短めの対話を聞いて答える
ビジュアル問題
書き取り
リスニング総合問題

講義動画を見てみよう

【高校受験】英語 千葉県 公立高校受験対策
リスニング

千葉県公立高校の出題傾向を踏まえた
英語の攻略講座をもっと見てみよう!

「英文法・語彙」「リスニング」の様々なテーマを講座で解説!

もっとみる

数学

出題パターンに沿った演習を!時間配分も考えて臨もう。

例年、大問5題の構成。前半の2問は計算問題や各分野の独立小問を集めた問題。後半の3問は「関数」「平面図形」「数や図形の規則性」で固定されている。時間は50分あるが、問題数が多く難問も含まれるので、十分な対策が必要。

大問1と2で配点の半分以上を占めている。大問1の計算問題、大問2の立体図形の性質や資料の活用についての基本問題は確実に正解しておきたいところ。またここ数年、大問2で確率と作図が出題されている。確率はやや応用的な問題が出題される場合があり、慣れていないと戸惑う可能性がある。また、作図の難易度も高い。図形の性質から求められる点の位置を判断することが第一。

大問3は関数の問題。放物線上の線分の長さや三角形の面積など、比較的取り組みやすい出題である。

大問4は平面図形の問題。ここ数年、円に関連した問題が続いている。2問が出題され、はじめが一部記述式の証明問題。比較的取り組みやすいが、円周角の考え方や同一円周上にある点の見つけ方を確実に身につけておくことが必要。

大問5は数の性質や図形を題材とした「規則性」の問題。示される条件は複雑で、問題の「規則性」を理解することがまず大切である。それができれば解答にたどり着くのはそれほど難しくはない。

配点を考慮した時間配分もしっかり考えて臨もう。

平成30年度の問題構成(50分・100点満点)
項目 内容 配点
1.独立小問6題 数の計算2題、式の計算、連立方程式、平方根の計算、因数分解 30
2.独立小問5題 反比例、資料の活用、空間図形の計量(投影図)、確率、作図 25
3.2次関数 比例定数、直線の式、面積比と座標 15
4.平面図形の計量 二等辺三角形の証明、円の半径 15
5.数の規則性 規則的に並べた紙の枚数について3題、2次方程式の利用 15
過去3年の出題内容
分野 出題内容 16 17 18
数と式 数の計算・平方根の計算
数の性質・平方根の性質
式の計算・因数分解
数の規則性
図形の規則性
方程式 1次方程式
1次方程式の文章題
連立方程式
連立方程式の文章題
2次方程式
2次方程式の文章題
関数 関数の基本
いろいろな事象と関数
関数と図形
図形 作図
面積・面積比
線分・角
円・円周角
証明
立体図形の計量
円錐・球
最短距離の問題
立体の切断
確率・統計 確率
資料の活用

講義動画を見てみよう

【高校受験】数学 千葉県 公立高校受験対策
作図

千葉県公立高校の出題傾向を踏まえた
数学の攻略講座をもっと見てみよう!

「作図」「数の規則性」「円・円周角」の講座で徹底対策!

もっとみる

国語

時間を計った問題演習で、独特の出題形式と時間配分に慣れよう!

大問数は8問で、放送問題から作文まで幅広い分野から出題されるが、作文を除くと記述問題の分量は少なく、文章量も少ない。いかにすばやく要点やぬき出し箇所を見つけられるかがカギとなる。

大問1の放送問題では、対話形式の文章が読まれ、その途中に問いが4つはさまれる。出題は、対話者の「話の聞き方」や「話の伝え方」に関するものが中心であることを、意識しておくとよい。大問2・大問3の漢字は、読みが若干難しいが、およそ標準的な出題である。大問4の文章は作文や会話文などさまざまだが、ここは「語句・文法の知識」を問う大問だと考えてよい。大問5の論理的文章は、言葉や思考に関するテーマが出題されることが多い。文章量は少なめで、内容把握中心の基本的な出題である。大問6の小説は、友情の通い合いをテーマにしたものが多い。他の大問でもそうだが、15字程度の記述をすばやく書けるようにすることも、重要である。大問7の古文は、要旨をおおまかにつかむことが求められている。文章難度はさまざまだが、難しい場合はていねいな注釈がつくので、それを参考に読み進めるとよい。漢文は単独の大問としては出題されないが、返り点や書き下しなどの基本事項の確認が出題されることもある。大問8の作文は、資料から読み取った内容を一段目に、自分の考えを二段目に書く二段構成が指定されている。グラフや表・ポスターなどから注目すべき点をすばやく見つける必要がある。

平成30年度の問題構成(50分・100点満点)
項目 内容 配点
1.放送問題 内容把握(4問) 10
2.漢字 読みがな 8
3.漢字 書きとり 10
4.国語の知識 文法(2問)、敬語、言語知識 8
5.論理的文章〈「あなたの弱さは幸せの力になる」神津十月〉 内容把握(5問) 20
6.小説〈「光圀伝」冲方 丁〉 心情把握(4問)、内容把握、人物把握 20
7.古文〈「孔雀樓筆記」〉 現代かなづかい、内容把握(2問)、心情把握 12
8.作文 条件付き作文(200字以内) 12
過去3年の出題内容
分野 出題内容 16 17 18
国語の知識 漢字
文法
言語知識
現代文の読解 論理的文章
随筆
物語・小説
読解力・表現力 話し合い
資料の読み取り
韻文
短歌・俳句
古典 古文
漢文
作文 課題作文
資料作文
条件付き作文
読後作文
放送問題

講義動画を見てみよう

【高校受験】国語 千葉県 公立高校受験対策
資料作文

千葉県公立高校の出題傾向を踏まえた
国語の攻略講座をもっと見てみよう!

作文は資料の読み取りが中心。「資料作文」「条件付き作文」の講座で慣れておこう!

もっとみる

理科

問題量の多さがネック!時間配分が合格のカギとなる!

全体の構成は例年、大問数が9題もあり、17ページにも及ぶ問題を50分で解かなければならない。問題ごとの素早い頭の切り替えが必要となる。

大問1は4分野(物理・化学・生物・地学)から1題ずつ出題され、基本的な内容だけになっている。教科書の内容をしっかり把握しておけば対応できるが、学校の授業で扱わないような内容が出題されることもあるので、教科書の隅々まで目を通しておくことが必要。

大問2~9は、4分野から2題ずつ出題され、基本的な問題が大半を占める。これらの問題については、大問のリード文を深く読まなくても解けるものが多いので、基本・標準レベルの問題を普段からしっかりと演習していれば一定の得点は取れる。ただ、大問ごとに思考の必要な問題が最低1つずつあるため、高得点を狙う場合は、すべての大問のリード文をしっかりと読んで理解しなければならない。その場で一から理解するには、時間的にも厳しいため、色々な問題に触れて実験や観察のパターンを記憶しておき、見たことのある実験や観察については時間をかけずに対処するといった方法で、時間のかけ方にメリハリが必要となる。

平成30年度の問題構成(50分・100点満点)
項目 内容 配点
1.小問集合 マツの雄花、地震の災害、ナトリウムイオン、電流と磁界 12
2.光 入射角と屈折角、光の道すじ、光の反射 10
3.植物の細胞 多細胞生物、同じはたらきの細胞の集まり、細胞のつくり、細胞の呼吸と光合成 10
4.火山 火山ガスの成分、火山の形と特徴、マグマの特徴、火砕流 10
5.水溶液の性質 物質が溶けるようす、ろ過、結晶の質量の求め方 10
6.生物のつながり 光合成によりできる有機物、分解者、肉食動物と植物の数量の変化、生物のつながり【短文記述あり】 12
7.力 力のつり合い、ばねにはたらく力とばねののび、重力の分力、台車にのせるおもりの数【作図あり】 12
8.気体の性質、電池 二酸化炭素の発生方法、電池の種類、水素と酸素の化合 12
9.気象観測・大気中の水 天気記号、熱の伝わり方、霧のでき方、空気中の水 12
過去3年の出題内容
分野 出題内容 16 17 18
物理 光・音の性質
力の性質
電流回路
電力・発熱量
磁界・電磁誘導
物体の運動
仕事とエネルギー
化学 気体の性質
水溶液の性質
状態変化
物質の性質
化合・分解
酸化・還元
質量保存・質量比
電気分解・化学電池とイオン
酸・アルカリ・中和
生物 植物のつくりとはたらき
動物の分類
ヒトの体(消化・吸収)
ヒトの体(血液循環)
ヒトの体(排出・刺激と反応)
生物の成長とふえ方
生物のつながり
地学 火山と地層
地震のしくみ
気象観測・大気中の水
天気の変化
太陽・星座の動き
月・惑星の動き
作図問題

講義動画を見てみよう

【高校受験】理科 千葉県 公立高校受験対策
光・音の性質

千葉県公立高校の出題傾向を踏まえた
理科の攻略講座をもっと見てみよう!

「光・音の性質」「電気分解・化学電池とイオン」「火山と地層」など頻出テーマを解説

もっとみる

社会

幅広い分野からの出題に対応できる、豊富な知識量を身につけよう

小問数は32~33。時間的には余裕があるだろう。ただし、完全解答を求められる小問も毎年必ずあるので、解答を出す時には慎重に。内容的にはどの分野もかたよったテーマではなく、幅広くさまざまなテーマを問うているので、ヤマを張った学習ではなく、教科書や資料集を使ったていねいな学習が求められている。

地理分野では、世界地理・日本地理ともに全域にわたって出題されることが多い。また、地域が限定された問題においても他の地域とのつながりなどが問われているので、豊富な知識量で対応したい。地形図・気候に関する問題は毎年必ず出されているので、苦手な受験生は対策を立てておこう。歴史分野では、日本史中心の出題で、江戸時代までの1問と近現代の1問に分けられる。いずれも写真・史料・グラフ・年表などを用いて幅広い年代の出来事や人物、社会の様子などが問われている。世界史については日本史と関連する内容の出題が多い。公民分野では、政治・経済・国際の3分野がそれぞれ大問1題の形で出題されている。配点でも25点前後あるので、軽視はできない。大問1の融合問題にもあるが、必ずグラフの内容を読み取る問題が出されているので、時間配分にも気をつけよう。

論述問題は各分野で1問ずつ出題されていることが多い。字数の指定はあるが、それほど長いものではないので、内容をコンパクトにまとめる練習をしておこう。部分点も設定されているので、あきらめずに書く習慣をつけよう。

平成30年度の問題構成(50分・100点満点)
項目 内容 配点
1.融合問題(地理/歴史/公民) 千葉県の歴史と関連事項(記述1題、選択3題) 12
2.地理(日本/全域) 日本各地の様子(記述1.5題、選択3.5題) 15
3.地理(世界/全域) 世界各地の様子(記述1題、選択4題) 15
4.日本史(古代~近世) 各時代の様子(記述1題、選択3題、論述1題) 16
5.歴史(総合) 近現代の世界と日本(記述1題、選択4題) 15
6.公民(経済) 財政と社会保障(選択3題、論述1題) 11
7.公民(政治) 政治と憲法(選択2題、選択1題) 10
8.公民(国際) グローバル化と貿易(記述1題、選択1題) 6
過去3年の出題内容
分野 出題内容 16 17 18
地理 地球のすがたと人々の暮らし
世界の諸地域(アジア・オセアニア)
世界の諸地域(ヨーロッパ・アフリカ)
世界の諸地域(南北アメリカ)
日本のすがたと産業
世界と日本のつながり
日本の諸地域(九州・中国・四国地方)
日本の諸地域(近畿・中部地方)
日本の諸地域(関東・東北・北海道地方)
地理総合問題
歴史 原始・古代(大和時代まで)
古代~中世(奈良時代~平安時代)
中世(鎌倉時代~室町時代)
近世(大航海時代~鎖国まで)
近世(江戸幕府の発展)
近代(開国~明治維新)
近代(明治時代)
近代(大正時代)
近代(昭和時代〈第二次世界大戦まで〉)
現代(昭和・平成時代〈戦後〉)
歴史総合問題
公民 現代社会と人権・憲法
政治のしくみ
経済のしくみ
国際社会
公民総合問題
融合 融合問題(地理・歴史)
融合問題(地理・公民)
融合問題(歴史・公民)
融合問題(地理・歴史・公民)

講義動画を見てみよう

【高校受験】社会 千葉県 公立高校受験対策
現代(昭和・平成時代〈戦後〉)

千葉県公立高校の出題傾向を踏まえた
社会の攻略講座をもっと見てみよう!

「現代(昭和・平成時代〈戦後〉)」「国際社会」「融合問題(地理・歴史・公民)」など必出テーマを解説

もっとみる