静岡県公立高校入試日程・内申点・入試問題(3か年)
・傾向と対策

入試問題のダウンロード・傾向と対策など
令和2年度(2020年)に受験を迎える方への情報をご案内します。

入試制度

最新の情報は静岡県教育委員会のホームページでご確認ください。

静岡県の入試日程
(平成31年度)※前年度の情報です。
令和2年度については順次公開いたします。

・願書受付:2月18日(月)~20日(水)

・志願変更:2月26日(火)・27日(水)

・学力検査:3月5日(火)

・面接など:3月6日(水)

・合格者発表:3月14日(木)

静岡県の入試制度
(平成31年度)※前年度の情報です。
令和2年度については順次公開いたします。

調査書点

「各教科の学習の記録」について、第3学年における2学期までの9教科5段階評定が記入される。(45点満点)

入学者選抜(一般選抜)

1回の選抜の中に、県共通の方法による共通枠と、各学校が独自に定める学校裁量枠という2つの選抜枠を設け、一般選抜として実施する。学校裁量枠は、原則として募集定員の50%以下の範囲内の人数で、学校・学科(科)別に設定する。

●共通枠の選抜方法

調査書・学力検査・面接の3つの選抜資料を用い、3段階の選抜手順により合格者を決定する。

選抜資料

・調査書 各教科の評定(9教科45点満点)、特別活動の記録、諸活動の記録などを評価する。

・学力検査 国語、社会、数学、理科、英語(放送による問題を含む)の5教科で実施。※各教科50分・50点満点、計250点満点

・面接 集団面接、個人面接(自己表現などを含む)、グループ面接(グループによる討論など)の中から各高校が選択して実施する。

選抜手順

・第1段階…次の①、②の手順で合格者を決定する。

① 調査書の9教科の評定合計の上位から共通枠定員までの者(同点者を含む)を対象者と決める。

② ①で決めた対象者のうち、学力検査の5教科の得点合計の上位から共通枠定員の75%程度の者を合格者とする。

※調査書の学習の記録以外の記載事項、面接の結果等により、合格者から除外される場合がある。

・第2段階…第1段階による合格者を除いたすべての受検者を対象とし、調査書の学習の記録以外の記載事項及び面接の結果により、共通枠定員の10%程度の者を合格者とする。

※調査書の学習の記録、学力検査の結果等により、合格者から除外される場合がある。

・第3段階…第1段階及び第2段階による合格者を除いたすべての受検者を対象とし、調査書の記載事項、学力検査及び面接の結果を総合的に審査して、共通枠定員の15%程度の者を合格者とする。

●学校裁量枠の選抜方法

各学校独自の選抜方法により合格者を決定する。その際、調査書・学力検査・面接の3つの選抜資料の他に、実技検査などの選抜資料を加えることがある。

入試問題 (3か年)

スタディサプリ会員限定

スタディサプリ会員になると
静岡県 公立高校の入試問題を
ダウンロードできます

14日間無料体験

出題傾向と対策

※平成31年7月時点の情報です

英語

幅広い内容に対応できる総合力を身につけよう!

試験概要

時間:50分 満点:50点

例年、リスニング・会話文・英作文2題・長文総合の大問5問構成。小問数は30問程度だが、英作文の問題は英文を完文で書かせるものが出され、それほど時間的に余裕はない。リスニングの配点が占める割合も高いので対策が必要である。

2019年度の問題構成
項目 内容 配点
1. リスニング 絵を選ぶ、英文と質問が出題されている。 14
2. 会話文〈手ぬぐい〉 応答文選択、適語選択、条件作文、整序英作文、要約文の適語句補充が出題されている。 12
3. 英作文 和文英訳、条件作文が出題されている。 4
4. 英作文 自由英作が出題されている。 4
5. 長文読解〈合唱コンクールの練習〉 適語句選択、語形変化、英問英答、具体的内容指摘、内容一致文選択、内容把握が出題されている。 16
過去3か年の傾向

出題傾向、出題問題数、長文の分量など大きく変更していない。長文問題でも日本語記述が出題され、記述の量は多い。

リスニングは短い対話を聞いて質問に対する答えを選ぶ問題が出されている。また、英文の質問に対する答えの一部を書かせる問題が特徴的である。

会話文の問題は、適語補充や整序作文など文法知識で解くものも見られ、また、会話中に適当な文を選ぶ問題も出されている。

英作文2題のうち、1題は1文程度の和文英訳である。もう1題の英作文問題は、完文記述である。

長文総合は、会話文の問題と同様、内容把握はもちろんだが語形変化など文法知識で解けるものも出題されている。

対策

リスニングは短い対話を聞いて質問に対する答えを選ぶ問題が出されている。また、英文の質問に対する答えの一部を書かせる問題が特徴的である。英文の聞き取りとともに要点を把握する練習が必要である

会話文の問題は、適語補充や整序作文など文法知識で解くものも見られ、文法項目や連語の復習が必須である。また、会話文全体の流れを理解し、会話中に適当な文を選ぶ問題に慣れておこう。

英作文で出題されている和文英訳では、短い会話文中の空所を埋めるもので、会話の流れを把握することも重要である。また、完文記述も出題されており、あるテーマについて自分の言葉で表現できるように日頃から練習を積んでおこう。

長文総合は、内容を把握しているかが試されるので、長文読解の総合力を養っておく必要がある。様々な要素を含んだ総合問題なので、まんべんなく様々なパターンになれておく必要がある。

過去3か年の出題内容
分野 出題内容 17 18 19
英文法・語彙 空所補充
語形変化
整序英作文
文法問題(長文形式)
語彙
和文英訳
長文読解 指示語
文整序・脱文挿入
長文中の空所補充(単語レベル)
長文中の空所補充(文レベル)
英問英答
日本語記述
内容一致
資料問題
要約
長文を踏まえての作文
英作文 自由英作文(問題意識を問う)
自由英作文(自分を問う)
自由英作文(交流)
イラストを用いた英作文
リスニング 短めの対話を聞いて答える
ビジュアル問題
書き取り
リスニング総合問題

講義動画を見てみよう

【高校受験】英語 静岡県 公立高校受験対策
オリエンテーション(高校受験対策講座の進め方)

静岡県公立高校の出題傾向を踏まえた
英語の攻略講座をもっと見てみよう!

「文法問題(長文形式)」「和文英訳」の頻出テーマ、「長文読解」「リスニング」の様々なパターンを講座で解説!

もっとみる

数学

日々の練習量が重要。幅広い出題に対応できるように準備しよう!

試験概要

時間:50分 満点:50点

毎年、大問数が6~7題と多く、さまざまな分野から出題されている。時間は50分だが、難問も含まれるので短く感じられるだろう。

2019年度の問題構成
項目 内容 配点
1. 独立小問6題 数の計算、式の計算2題、平方根の計算、式の値、2次方程式 12
2. 独立小問3題 作図、比例の式、確率 6
3. 資料の活用 割合、資料の読み取りの正誤判断 3
4. 連立方程式の文章題 距離と速さについての立式と計算 5
5. 立体図形 三角形の面積、回転体の体積、動点によってできる線分の長さ 7
6. 関数と図形 変域、直線の式、条件を満たす比例定数の値 8
7. 平面図形(円) 相似の証明、円周角と角度 9
過去3か年の傾向

冒頭の大問1は計算や方程式の問題。ミスの無いように全問正解を目指したい。大問2の小問集合は、文字式の利用、作図、資料の活用や確率などからの出題。作図は毎年出題され、垂直二等分線、角の二等分線、垂線のうちいずれか2つを利用する。図形的な性質も含め、これらの作図方法をきちんと理解しておこう。

大問3以降は方程式、関数、図形、確率などの応用問題。ここ数年出題されている連立方程式の文章題は条件設定が複雑な場合もある。しっかりと問題文を読んで内容を把握することが重要。関数は放物線と図形がテーマ。よくある形式なので取り組みやすいが、最後に出題される平面図形の難度は高い。ここ数年円を題材としたものが続いている。証明問題も必出である。

対策

静岡県の数学の特徴の1つに、問題によって難易度に大きな違いがあることが挙げられる。大問1、2の小問集合題や応用問題の初めの設問などで確実に得点を重ねたい。基本問題を速く正確に解くトレーニングを積み重ねて、得点に差の出る問題にかける時間を確保するようにしたい。

関数や図形の応用問題は難問も含まれるが、出題形式は極めて一般的なものが多く、練習量の差が出やすい。したがって、問題集で数多くの問題を解くことが最大の対策である。

特に、平面図形では円の出題が続いており、それに対する対策も重要である。記述式の証明問題も含まれるので、円周角の定理を利用する証明に強くなっておこう。相似の関係を見つけて立式すること、三平方の定理を用いた計算に慣れておくことなど、図形対策には万全を期したい

過去3か年の出題内容
分野 出題内容 17 18 19
数と式 数の計算・平方根の計算
数の性質・平方根の性質
式の計算・因数分解
数の規則性
図形の規則性
方程式 1次方程式
1次方程式の文章題
連立方程式
連立方程式の文章題
2次方程式
2次方程式の文章題
関数 関数の基本
いろいろな事象と関数
関数と図形
図形 作図
面積・面積比
線分・角
円・円周角
証明
立体図形の計量
円錐・球
最短距離の問題
立体の切断
確率・統計 確率
資料の活用

講義動画を見てみよう

【高校受験】数学 静岡県 公立高校受験対策
オリエンテーション(高校受験対策講座の進め方)

静岡県公立高校の出題傾向を踏まえた
数学の攻略講座をもっと見てみよう!

「連立方程式の文章題」「関数と図形」「円・円周角」の解法のコツを講座で解説!

もっとみる

国語

それぞれの文章のタイプに合わせた記述対策を!

試験概要

時間:50分 満点:50点

大問は小説・論理的文章・資料の読み取り・古文・作文の5問構成である。小問数は26問。設問は記述の難度が比較的高いが、全体としては標準的なレベルである。小説・論理的文章・古文で1問ずつ出題される、大意を自分の言葉でまとめる記述問題が特徴である。

2019年度の問題構成
項目 内容 配点
1. 小説〈「シュルッセル」有吉玉青〉 漢字の読み書きが各1問、表現上の工夫・内容把握などの選択問題が3問、理由を説明する記述問題が2問(うち1問は60字程度)が出題された。 13
2. 論理的文章〈「雑草はなぜそこに生えているのか」稲垣栄洋〉 漢字の読み書きが各2問、文法・内容把握・段落の役割などの選択問題が3問、内容把握の記述問題、理由を60字程度で説明する記述問題が出題された。 15
3. 資料の読み取り 発表原稿をもとに、表現把握、言語知識、敬語・主語に関する文法問題が2問、空欄にあてはまる内容を記述する問題が出題された。 9
4. 古文〈「浮世物語」浅井了意〉 現代かなづかい、主語把握、登場人物の行動に関する内容把握の選択問題と理由説明の記述問題が出題された。 7
5. 作文 標語から考えたことを書く課題作文(150~180字)が出題された。 6
過去3か年の傾向

小説は、明確な心情変化の読み取れるものが主に出題される。記述問題は、登場人物の心情変化をふまえて、その理由を書くものが多い

論理的文章は、教科書などでなじみのある著者の出典が好まれる。記述問題は、本文を通して筆者が述べている内容に関するものである。

大問3は、スピーチや司会進行の原稿をもとに、さまざまな表現の工夫について問うものとなっている。

古文は、注釈を通して現代文と同じ感覚で読める。ただし、登場人物のふるまいの意図をまとめる記述が出題されるので、口語訳ができればよいと考えるのではなく、小説を読むのと同じ感覚で、一段深く内容を把握することを目指したい。

作文は、与えられた資料を読み取り、自分の体験と関連づけたり、自分の立場を決めたりして考えを述べるものであるが、資料の種類は年度によってグラフから標語までさまざまである

対策

小説と論理的文章で出題される60字程度の記述問題は、設問中で指定される条件がヒントになるので、問われている内容を理解したうえで、本文中から必要な情報を読み取り、すばやくまとめることに慣れておきたい。

作文は、どんな資料が出されてもあわてないように、過去に出題されたパターンを参考に、さまざまな資料をもとに自分の考えを条件にしたがってまとめる練習をしておくとよい。

言語知識では四字熟語や慣用句、文法では敬語に関する問題がよく出題されるので、しっかりと対策しておきたい。

過去3か年の出題内容
分野 出題内容 17 18 19
国語の知識 漢字
文法
言語知識
現代文の読解 論理的文章
随筆
物語・小説
読解力・表現力 話し合い
資料の読み取り
韻文
短歌・俳句
古典 古文
漢文
作文 課題作文
資料作文
条件付き作文
読後作文
放送問題

講義動画を見てみよう

【高校受験】国語 静岡県 公立高校受験対策
オリエンテーション(高校受験対策講座の進め方)

静岡県公立高校の出題傾向を踏まえた
国語の攻略講座をもっと見てみよう!

「物語・小説の読解」「論理的文章の読解」「古文の読解」で記述問題の書き方を解説!

もっとみる

理科

思考を要する問題が多く、しっかりとした対策が必要!

試験概要

時間:50分 満点:50点

全体の構成は例年、大問が6つ。大問1は小問集合で、物理・化学・生物・地学分野から1単元ずつ出題されている。大問2は生物、大問3は化学、大問4、5は地学、大問6は物理からの出題となっており、4分野の配点はほぼ均等となっている。

小問数は30問程度と決して多くないが、短文記述、作図、計算、語句記述など出題形式のはバリエーションが豊富で、思考力の必要な問題もあるため、時間に余裕はないだろう。

2019年度の問題構成
項目 内容 配点
1. 小問集合 動物のつくり(生物)、日食・月食(地学)、物質の燃焼における質量保存(化学)、電流回路(物理)についての基本内容の確認問題(記号選択2問、語句記述1問、計算1問、短文記述1問) 6
2. 植物のつくりとはたらき、生物のつながり 種子をつくらない植物のつくり、植物の観察や細胞のつくり、光合成についての問題と、食物連鎖についての問題(記号選択3問、語句記述4問、短文記述2問) 11
3. 水溶液の性質、化学電池とイオン 溶解度や再結晶についての問題と、化学電池のしくみについての問題(記号選択3問、化学式1問、計算2問、短文記述1問) 11
4. 天気の変化 天気図、前線についての問題(語句記述1問、短文記述2問) 6
5. 地震のしくみ 地震の大小の表し方や地震の伝わり方についての問題(記号選択1問、語句記述1問、計算2問) 5
6. 力の性質、物体の運動 ばねの性質、力のつり合い、浮力、物体の落下運動についての問題(記号選択2問、語句記述1問、グラフ作成1問、図示1問、計算2問) 11
過去3か年の傾向

全体的に、基本的な問題だけでなく、思考を要するやや難問も含まれるため、時間的にもかなり足りない印象のあるテストである。

大問1は小問集合で、各分野から1問程度の基本内容の確認問題が出題される。ただ、短文記述や作図なども出題されるため、決して簡単とは言えない。

大問2は生物、大問3は化学、大問4・5は地学、大問6は物理となっている。どの分野も、短文記述が多く出題されている。典型的なものもあるが、自分の言葉で表現しなければならないものもある。また、計算や記号選択の問題においても思考を要する問題が多いため、典型的な問題の練習だけでは十分な対策ができたとは言えないだろう。

対策

基本的な内容が出題されている大問1(小問集合)での失点は避けたい。教科書の内容や授業で教えられたポイントをしっかり把握しておくだけでなく、基本的・標準的な問題集の問題を数多くこなし、どの単元から問題が出されても、得点できるようにしておこう。

各分野から出題される大問2~6では、短文記述が多く、自分の言葉で表現しなければならないものもあるため、様々な現象をしっかりと理解するだけに留まらず、簡潔に文章で表現する練習が必要である。

また、計算や記号選択の問題における思考を要する問題の対策としては、もちろん、基本からのスタートが重要だが、しっかりと仕上げるためにはある程度発展的な問題に対しても練習していく必要があり、そのためにはより早い受験へのスタートがカギになる。

過去3か年の出題内容
分野 出題内容 17 18 19
物理 光・音の性質
力の性質
電流回路
電力・発熱量
磁界・電磁誘導
物体の運動
仕事とエネルギー
化学 気体の性質
水溶液の性質
状態変化
物質の性質
化合・分解
酸化・還元
質量保存・質量比
電気分解・化学電池とイオン
酸・アルカリ・中和
生物 植物のつくりとはたらき
動物の分類
ヒトの体(消化・吸収)
ヒトの体(血液循環)
ヒトの体(排出・刺激と反応)
生物の成長とふえ方
生物のつながり
地学 火山と地層
地震のしくみ
気象観測・大気中の水
天気の変化
太陽・星座の動き
月・惑星の動き
作図問題

講義動画を見てみよう

【高校受験】理科 静岡県 公立高校受験対策
オリエンテーション(高校受験対策講座の進め方)

静岡県公立高校の出題傾向を踏まえた
理科の攻略講座をもっと見てみよう!

「力の性質」「植物のつくりとはたらき」「生物のつながり」など頻出テーマを解説!

もっとみる

社会

記述重視の傾向が強い。論述も多いので書く練習が必要!

試験概要

時間:50分 満点:50点

過去3年間の大問数は4、小問数は36~37。
試験時間に対する問題数は少なめだが、論述問題も含まれているので、テンポ良く解答していかないと、時間が足りなくなることもあるだろう。確実に解答できる問題から進めていくといった柔軟さが必要。
特に最後の論述問題については、70字程度の長文による論述が求められている。配点は4点と、他の問題よりも高めに設定されているので、最後まであきらめずに粘り強く取り組もう。

2019年度の問題構成
項目 内容 配点
1. 歴史(総合) 年表で見る日本の歴史(記述4題、選択5題、論述4題) 18
2. 地理(日本/地方別) 北海道地方(記述4題、選択4題、論述2題) 12
3. 地理(世界/全域) 各地の様子(記述2題、選択4題、論述2題) 9
4. 公民(総合) 司法、企業、選挙権(記述1題、選択4題、論述2題) 11
過去3か年の傾向

・大問1で古代~現代までの歴史について出題される。
必ず年表が示され、年表の内容についての関連事項が問われている。
→できごとなどについての年代の並べ替え問題は、毎年必ず出題されている

・大問2で日本地理、大問3で世界地理について出題される。
日本地理は地方別、世界地理は全域からの出題となっており、地図や統計・グラフの読み取り問題なども多く含まれている。
→日本地理では地形図の読み取り問題も必ず出されているので、対策が必要。

・大問4で公民的分野について出題される。
政治・経済を中心とした出題となっている。
→最後の論述問題は、グラフや表などの内容をしっかり読み取ったうえで考えなければならない。難しい問題だが、チャレンジしてみよう。

対策

・地理的分野
特に日本地理は、地図帳を利用するなどして、地域別の特徴をしっかりと理解し、次に地域同士の交流や関係性を確認しておこう。
資料集を活用すれば、雨温図や貿易・産業についての統計を使った問題にも強くなれる

・歴史的分野
年表を使った問題に強くなるには、まずは自分で写真やイラストなども用いた年表を作ってみることが大切
世界史についても、日本史の内容と関係することがらをしっかりとチェックしておこう。

・公民的分野
政治・経済分野を中心に学習を進めよう。
教科書や資料集にある模式図や統計表を活用して、さまざまなことがらのしくみや特徴をしっかり理解し、文章で表現できるようになっておこう。

過去3か年の出題内容
分野 出題内容 17 18 19
地理 地球のすがたと人々の暮らし
世界の諸地域(アジア・オセアニア)
世界の諸地域(ヨーロッパ・アフリカ)
世界の諸地域(南北アメリカ)
日本のすがたと産業
世界と日本のつながり
日本の諸地域(九州・中国・四国地方)
日本の諸地域(近畿・中部地方)
日本の諸地域(関東・東北・北海道地方)
地理総合問題
歴史 原始・古代(大和時代まで)
古代~中世(奈良時代~平安時代)
中世(鎌倉時代~室町時代)
近世(大航海時代~鎖国まで)
近世(江戸幕府の発展)
近代(開国~明治維新)
近代(明治時代)
近代(大正時代)
近代(昭和時代〈第二次世界大戦まで〉)
現代(昭和・平成時代〈戦後〉)
歴史総合問題
公民 現代社会と人権・憲法
政治のしくみ
経済のしくみ
国際社会
公民総合問題
融合 融合問題(地理・歴史)
融合問題(地理・公民)
融合問題(歴史・公民)
融合問題(地理・歴史・公民)

講義動画を見てみよう

【高校受験】社会 静岡県 公立高校受験対策
オリエンテーション(高校受験対策講座の進め方)

静岡県公立高校の出題傾向を踏まえた
社会の攻略講座をもっと見てみよう!

「地球のすがたと人々の暮らし」「中世(鎌倉時代~室町時代)」「政治のしくみ」など必出テーマを解説!

もっとみる