愛知県公立高校入試日程・内申点・入試問題(3か年)
・傾向と対策

入試問題のダウンロード・傾向と対策など
令和2年度(2020年)に受験を迎える方への情報をご案内します。

入試制度

最新の情報は愛知県教育委員会のホームページでご確認ください。

愛知県の入試日程
(平成31年度)※前年度の情報です。
令和2年度については順次公開いたします。

一般選抜

・入学願書提出期日:2月21日(木)・2月22日(金)

・志願変更期日:2月25日(月)・2月26日(火)

・学力検査実施期日: A グループ…3月7日(木)  B グループ…3月11日(月)

・面接実施期日  : A グループ…3月8日(金)  B グループ…3月12日(火)

・特別検査実施期日: A グループ…3月8日(金)  B グループ…3月12日(火)

※音楽科については、3月3日(日)及び4日(月)にも一部の特別検査を行う。

・合格者発表期日:3月19日(火)

推薦選抜

・入学願書提出期日:2月20日(水)・2月22日(金)

・学力検査実施期日: A グループ…3月7日(木)  B グループ…3月11日(月)

・面接実施期日  : A グループ…3月8日(金)  B グループ…3月12日(火)

・特別検査実施期日: A グループ…3月8日(金)  B グループ…3月12日(火)

※音楽科については、3月3日(日)及び4日(月)にも一部の特別検査を行う。

・合格者発表期日:3月19日(火)

愛知県の入試制度
(平成31年度)※前年度の情報です。
令和2年度については順次公開いたします。

調査書

第3学年の9教科5段階評定を用いる。合計45点満点。

※一般選抜においては、2倍にした数値(最高90点)を評定得点とする。ただし、音楽科、美術科、スポーツ科学科、国際英語科及び国際教養科については、次のとおり傾斜配点を行う。

音楽科→音楽を1.5倍/美術科→美術を1.5倍/スポーツ科学科→保健体育を1.5倍/国際英語科・国際教養科→外国語を1.5倍

※推薦選抜においては、推薦書に記載される第2学年の9教科5段階の評定も加味される。

選抜概要

入学検査

全校・全学科において、学力検査と面接を実施する。推薦選抜に出願した人も学力検査を受検する。また、一部の学科では、特別検査(実技試験)を行う。

 ・学力検査…国語、社会、数学、理科、外国語(英語)の5教科。各教科45分・22点満点、合計110点満点。ただし、外国語(英語)は、聞き取り検査が10分間程度、筆記検査が40分。また、国際英語科及び国際教養科については傾斜配点を行い、外国語(英語)の配点及び得点を1.2倍する。

 ・面接…推薦選抜の受検者と一般選抜の受検者を別に行う。(推薦選抜の面接は一般選抜の面接を兼ねる。また、推薦選抜の面接では、自己の特性などを1分間程度で答えさせる質問などをする。)

 ・特別検査…デザイン科、クリエイティブデザイン科、スポーツ科学科、音楽科、美術科では、特別検査(実技試験)を行う。なお、国際英語科と国際教養科の推薦選抜では特別検査(英語による問答)を行うことがある。

合格者の決定

まず、推薦選抜における合格者を決定する。その後、推薦選抜において合格とならなかった受検者を含めて、一般選抜における合格者を決定する。

 ・推薦選抜…推薦書、調査書等の書類の内容、面接等の結果を資料として、合格者を決定する。なお、学力検査の成績は資料として用いない。

・一般選抜…調査書等の書類の内容、学力検査の成績、面接等の結果を資料として、推薦選抜において合格とならなかった受検者を含め、一般選抜における校内順位を決定して、合格者を決定する。

入試問題 (3か年)

スタディサプリ会員限定

スタディサプリ会員になると
愛知県 公立高校の入試問題を
ダウンロードできます

14日間無料体験

出題傾向と対策(Aグループ)

※平成31年7月時点の情報です

英語

空所補充問題が多い。文法知識や応答文パターンなどの復習を!

試験概要

時間:50分 満点:22点 ※リスニング10分、筆記試験40分

毎年、A ・ B グループともリスニング・英作文・読解・長文総合・会話文の大問構成。リスニング問題は独立しており、時間は10分である。小問数は20問程度とさほど多くない。例年パターンが決まっているので、比較的傾向をつかみやすい

2019年度の問題構成
項目 内容 配点
リスニング 対話文と質問、英文と質問が出題されている。 5
1. 英作文 条件作文が出題されている。 2
2. 読解 適語補充が出題されている。 3
3. 長文総合〈コミュニケーション能力を身につけるための方法〉 適語選択して語形変化、適語句選択、整序英作文、内容把握、内容一致文選択が出題されている。 6
4. 会話文〈先生の話〉 応答文選択、適語補充、適語選択が出題されている。 6
過去3か年の傾向

出題傾向、出題問題数、長文の分量など大きく変更していない。ただ、英作文では自分の立場を選択し、自分の意見を書かせたり、絵を見て状況を説明したりする問題が出題されている。

リスニングは短めの対話を聞いて質問に答える問題と短めの英文を聞いて質問に答える問題が出されている。

長文総合は、内容把握はもちろんだが語形変化や整序作文など文法知識で解けるものも多い。

対策

リスニングの選択肢は印刷されておらず放送されるのみである。各選択肢が答えとして正しいかの正誤パターンは特徴的である

英作文では、選択した自分の立場を明らかにし、自分の考えを書いたり、状況を説明したりできるようにしておこう

長文総合は、内容把握はもちろんだが語形変化や整序作文など文法知識で解けるものも多い。文法項目や連語の復習も必須である。長文総合は、2題のうち1題は必ず会話文である。全体の流れを理解し、会話中に適当な文を選ぶ問題に慣れておこう。ほぼ例年出題が見られるので、応答文のパターンはおさえておこう。また、最後の小問では、会話文と関連したメール文中の空所補充が必ず出題されている。本文の要旨を把握しておく必要がある。

過去3か年の出題内容
分野 出題内容 17 18 19
英文法・語彙 空所補充
語形変化
整序英作文
文法問題(長文形式)
語彙
和文英訳
長文読解 指示語
文整序・脱文挿入
長文中の空所補充(単語レベル)
長文中の空所補充(文レベル)
英問英答
日本語記述
内容一致
資料問題
要約
長文を踏まえての作文
英作文 自由英作文(問題意識を問う)
自由英作文(自分を問う)
自由英作文(交流)
イラストを用いた英作文
リスニング 短めの対話を聞いて答える
ビジュアル問題
書き取り
リスニング総合問題

講義動画を見てみよう

【高校受験】英語 愛知県 公立高校受験対策
オリエンテーション(高校受験対策講座の進め方)

愛知県公立高校の出題傾向を踏まえた
英語の攻略講座をもっと見てみよう!

「文法問題(長文形式)」の頻出テーマ、「英作文」「リスニング」の様々なパターンを講座で解説!

もっとみる

数学

問題数は少ない。1問1問を丁寧に解く習慣を身につけよう!

試験概要

時間:50分 満点:22点

大問は3題、設問数は20未満。全体の問題数は少なめだが、難問も含まれるので50分の時間が短く感じられるだろう。

2019年度の問題構成
項目 内容 配点
1. 独立小問9題 数の計算、式の計算、平方根の計算、式の展開、2次方程式、不等式、変化の割合、資料の活用、平行線と線分比 9
2. 独立小問4題 整数の性質(規則的に並んだ数)、証明の完成、確率、いろいろな関数 8
3. 図形3題 円(角度)、平面図形(辺の長さ、面積)、立体図形(円の面積、回転体の体積比) 5
過去3か年の傾向

大問1はいろいろな分野からの基本問題が中心。ここでは計算ミスや勘違いを無くして高得点を狙いたい。

大問2は4つの分野からの出題で、近年は確率、数の性質、平面図形、関数などが中心。ここでは、速さや料金プランなど、身近な題材をテーマとする関数の出題が特徴的である。穴埋め形式ではあるが、整数の性質や図形の証明などが2年続いて出題された。

大問3は図形からの出題。主に角度、平面図形、立体図形をテーマにして、さまざまな内容が出題される。円についてはこの数年必出である

対策

出題数が少ないため、1問1問の出来・不出来によって結果が大きく左右される傾向がある。よって、まず求められるのは苦手分野をつくらないこと。また、確率や資料の活用といった必出の単元については自信を持って試験に臨めるようにしておけば安心できる。

分野別に見ると、関数については、一般的なグラフと図形の問題にとどまらず、いろいろな素材を用いた公立入試特有の問題に数多くあたり、慣れておくこと。愛知県の過去の出題だけではなく他の都道府県のいろいろなパターンの問題で練習しておきたい。図形では、円についての対策が欠かせない。円周角の定理についての理解を深め、相似の関係を見つけて立式することを繰り返し練習しておこう。

また、解答用紙には配点が記載されているので、配点が2点ある問題には十分な時間を使うこと。時間配分もがとても大切だ。

過去3か年の出題内容
分野 出題内容 17 18 19
数と式 数の計算・平方根の計算
数の性質・平方根の性質
式の計算・因数分解
数の規則性
図形の規則性
方程式 1次方程式
1次方程式の文章題
連立方程式
連立方程式の文章題
2次方程式
2次方程式の文章題
関数 関数の基本
いろいろな事象と関数
関数と図形
図形 作図
面積・面積比
線分・角
円・円周角
証明
立体図形の計量
円錐・球
最短距離の問題
立体の切断
確率・統計 確率
資料の活用

講義動画を見てみよう

【高校受験】数学 愛知県 公立高校受験対策
オリエンテーション(高校受験対策講座の進め方)

愛知県公立高校の出題傾向を踏まえた
数学の攻略講座をもっと見てみよう!

「速さの変化」「関数と図形」「三平方の定理の利用」の講座で必出単元を解説!

もっとみる

国語

長い字数を書くことへの抵抗感をなくし、段落の要約に慣れよう!

試験概要

時間:45分 満点:22点

大問は、A ・ B グループとも現代文2問・言語知識・古文の4題構成である。小問数は18問。現代文は論理的文章2問の場合と、論理的文章1問と随筆または小説1問の場合がある。文章量はおおむね標準的で、設問は比較的易しい。70 ~80字程度の段落要約が必ず1問出題されるのが特徴である。

2019年度の問題構成
項目 内容 配点
1. 論理的文章〈「まなざしのデザイン」ハナムラチカヒロ〉 理由説明・内容把握の選択問題が3問、60~70字で要約する記述問題、本文を読んでまとめた文章とそれに基づく会話文の空欄にあてはまる言葉を抜き出す問題が出題された。 7
2. 漢字の知識 漢字の読み書き各1問、同音異字に関する選択問題が出題された。 3
3. 論理的文章〈「読書からはじまる」長田 弘〉 内容把握が2問、理由説明、接続詞・副詞の空欄補充が2問、本文の内容についてまとめた文章の中で間違っている内容を選ぶ問題、筆者の主張に関する問題が、すべて選択形式で出題された。 8
4. 古文〈「初学考鑑」〉 内容把握、指示語の内容、現代語訳、本文との内容一致に関する問題が、すべて選択形式で出題された。 4
過去3か年の傾向

大問1・3の現代文のうち、論理的文章・随筆は、言葉・社会・科学など、国語で頻出のテーマが選ばれる。抽象度は低く、具体的にイメージできるように配慮されているので、比較的読みやすい。小説が出題された場合は、心情の流れに注目して読み進めるとよい。最近の3か年では、2018年度のAグループで随筆1問、2019年度のBグループで小説1問が出題されたほかは、すべて論理的文章2問であった。2017年度からは、本文の内容に関する生徒の意見やまとめ、会話文など、さまざまな形式の新傾向の問題が出題されるようになった。

古文は、比較的抽象度が高いものが選ばれるが、古文の左側にある口語訳を参考にすれば、内容が理解できるようになっている。設問は記号選択が4問で、話の方向性がわかれば、いずれも苦労せずに選ぶことができる。毎年、A・Bグループのどちらかで漢文の書き下し文が出題されるが、読み方は古文のときと同じと考えてよい。

大問2は、2018年度から、A・Bグループともに、漢字の読み書き各1問と同音異字の選択問題1問の問題構成になっている。2017年度までは、四字熟語など言語知識の問題が出題されたこともあった。

対策

現代文は、選択肢の分量が長めだが、あきらかに除外できるものも多いので、手早く判断しよう。要約の記述問題は、書き出しの言葉が指定されており、中心となるキーワードもあらかじめ与えられているので、本文からキーワードを含む文を見つけて、字数におさまるようにまとめればよい。段落ごとの要点を読み取り、まとめる練習を積み重ねることで、筆者の主張や要旨を正確に読み取る力を身につけよう。

問題数が少ない分、確実に得点するためには、ムラのない基本学習が必要になる。また、言語知識と読解で配点にほとんど差がないので、ミスがないように注意深く取り組みたい。

過去3か年の出題内容
分野 出題内容 17 18 19
国語の知識 漢字
文法
言語知識
現代文の読解 論理的文章
随筆
物語・小説
読解力・表現力 話し合い
資料の読み取り
韻文
短歌・俳句
古典 古文
漢文
作文 課題作文
資料作文
条件付き作文
読後作文
放送問題

講義動画を見てみよう

【高校受験】国語 愛知県 公立高校受験対策
オリエンテーション(高校受験対策講座の進め方)

愛知県公立高校の出題傾向を踏まえた
国語の攻略講座をもっと見てみよう!

「物語・小説の読解」「論理的文章の読解」「古文の読解」で選択肢を絞るコツを解説!

もっとみる

理科

選択肢に惑わされるな!いくつあっても正解は1つ!

試験概要

時間:45分 満点:22点

全体の構成は例年、大問が6つ。大問1・6は小問集合で、物理・化学・生物・地学分野から小問が1問ずつ出題され、大問2は生物、大問3は化学、大問4は物理、大問5は地学分野からの出題となっている。

小問数は20問となっており、問題数は少なく、記号で答える問題の割合が多いが、選択肢の数や文章がやや長いため、時間が足りない可能性がある。

2019年度の問題構成
項目 内容 配点
1. 小問集合 刺激と反応(生物)、大気中の水(地学)についての問題(記号選択2問) 2
2. 植物のつくり、生物の成長のふえ方 双子葉類の分類、生殖・遺伝についての問題(記号選択3問、計算1問) 4
3. 質量保存 炭酸水素ナトリウムの熱分解についての問題(記号選択1問、化学式1問、グラフ作成1問、短文記述1問) 5
4. 磁界・電磁誘導 電流と磁界の間にはたらく力についての問題(記号選択2問、計算2問) 5
5. 太陽の動き 太陽の日周運動、年周運動についての問題(記号選択4問) 4
6. 小問集合 圧力(物理)、再結晶(化学)についての問題(記号選択1問、計算1問) 2
過去3か年の傾向

大問1・6の小問集合では、各分野から1問ずつ基本的な内容の確認が出題される。解答を導くために計算が必要なものもあるが、教科書にある公式を使ったレベルなので確実に得点しておきたいところ。

A ・ B グループ共通して、大問2は生物、大問3は化学、大問4は物理、大問5は地学分野からの出題となっており、どの大問も1つか2つの単元に集中した出題が多い。

典型的な問題が多いものの、選択問題では選択肢が多いため悩まされることや、選択肢の長い文章の細かな違いを見抜く力が必要になることもあるだろう。また、選択問題だとしても、解答に計算が必要な問題も多数出題されている。

また、例年、作図やグラフ作成、短文記述の問題も出題されている。

対策

全体の問題数が多くないため、1問1問を大事に得点したいテストとなっている。

基本的な内容が出題されている大問1・6(小問集合)は確実に得点しておきたい。教科書の内容や授業で教えられたポイントをしっかり把握しておくだけでなく、基本的・標準的な問題集の問題を数多くこなし、どの単元から問題が出されても、得点できるようにしておこう。

各分野から出題される大問2~5では、どの大問も1つか2つの単元に集中した出題が多い。苦手分野や苦手単元から出題された場合、高得点を狙うのは難しくなるため、受験準備の早期の段階から苦手単元をなくしていくようにしよう。

また、テストの大半を占める選択問題では、選択肢の長い文章の細かな違いに惑わされないような確実な力が必要になる。確実な力とは、「どれが正解だろう?」と正解を探しながら選択肢を見るのではなく、「こういった選択肢があるはず!」と先に確実な答えを持った上で選択肢を見ることができる力である。過去の問題を使って、その練習に励んでほしい。

過去3か年の出題内容
分野 出題内容 17 18 19
物理 光・音の性質
力の性質
電流回路
電力・発熱量
磁界・電磁誘導
物体の運動
仕事とエネルギー
化学 気体の性質
水溶液の性質
状態変化
物質の性質
化合・分解
酸化・還元
質量保存・質量比
電気分解・化学電池とイオン
酸・アルカリ・中和
生物 植物のつくりとはたらき
動物の分類
ヒトの体(消化・吸収)
ヒトの体(血液循環)
ヒトの体(排出・刺激と反応)
生物の成長とふえ方
生物のつながり
地学 火山と地層
地震のしくみ
気象観測・大気中の水
天気の変化
太陽・星座の動き
月・惑星の動き
作図問題

講義動画を見てみよう

【高校受験】理科 愛知県 公立高校受験対策
オリエンテーション(高校受験対策講座の進め方)

愛知県公立高校の出題傾向を踏まえた
理科の攻略講座をもっと見てみよう!

「作図問題」の講座で作図のコツを、物理・化学の講座で計算のコツを解説!

もっとみる

社会

情報量の多い資料や選択肢の多さに惑わされないように!

試験概要

時間:45分 満点:22点

過去3年間の大問数は6、小問数は19~20。
小問数は少ないが、選択肢が多い問題や、統計読解に時間がかかる問題も少なくはないので、テンポ良く解答していかないと、時間が足りなくなる場合もあるだろう。確実に解答できる問題から進めていくといった柔軟さが必要。
短い文での解答や、作図問題が出される年度もあるので、正確な知識を身につけるようにしておこう。

2019年度の問題構成
項目 内容 配点
1. 日本史(近・現代) 万国博覧会と歴史(選択3題) 3
2. 歴史(総合) 人口と歴史(選択3題、論述1題) 5
3. 地理(日本/地域別) 関東地方(記述0.5題、選択3.5題) 5
4. 地理(世界/地域別) 南アメリカ州(選択2題) 2
5. 公民(政治) 持続可能な社会(選択4題) 4
6. 公民(政治) 基本的人権(記述1題、選択2題) 3
過去3か年の傾向

・大問1・2で古代から現代までの歴史が問われている。
特定のテーマに沿った問題となっており、特に大問2では世界史の知識を必要とする問題が出されているので対策が必要。

・大問3で日本地理が、大問4で世界地理が出題されている。
日本地理では地形図の読み取り問題が出される年度もある
また、年度によっては歴史との融合問題になっていることもあるので、関連事項はチェックしておこう。
世界地理では細かな統計まで読み取れるようにしておかなければならない。

・大問5・6は公民的分野からの出題。
大問5では、国際・経済の分野について、大問6では政治の分野についての出題が多くなっている。
→特に国際・経済の問題については、統計表やグラフの読解問題も出されているので数値を正確に読み取ることに努めよう。

対策

・地理的分野
世界地図では、地図の見方や利用方法を確認しておきたい。日本地理では資料集などを利用して、各地方や都道府県の特徴をしっかりと理解しておこう。
地形図のルールや縮尺に関する計算式などのチェックをすることも忘れずに。

・歴史的分野
写真を使った問題もあるので、教科書や資料集に載っている写真については必ずチェックしておこう
世界史については、日本史の内容と関係することがらをしっかりと確認しておこう。

・公民的分野
政治・経済・国際のどの分野もよく出題されているので、かたよりのある学習は効果がない
教科書や資料集にある模式図や統計表を活用して、さまざまなことがらのしくみや特徴をしっかり理解しておこう。

過去3か年の出題内容
分野 出題内容 17 18 19
地理 地球のすがたと人々の暮らし
世界の諸地域(アジア・オセアニア)
世界の諸地域(ヨーロッパ・アフリカ)
世界の諸地域(南北アメリカ)
日本のすがたと産業
世界と日本のつながり
日本の諸地域(九州・中国・四国地方)
日本の諸地域(近畿・中部地方)
日本の諸地域(関東・東北・北海道地方)
地理総合問題
歴史 原始・古代(大和時代まで)
古代~中世(奈良時代~平安時代)
中世(鎌倉時代~室町時代)
近世(大航海時代~鎖国まで)
近世(江戸幕府の発展)
近代(開国~明治維新)
近代(明治時代)
近代(大正時代)
近代(昭和時代〈第二次世界大戦まで〉)
現代(昭和・平成時代〈戦後〉)
歴史総合問題
公民 現代社会と人権・憲法
政治のしくみ
経済のしくみ
国際社会
公民総合問題
融合 融合問題(地理・歴史)
融合問題(地理・公民)
融合問題(歴史・公民)
融合問題(地理・歴史・公民)

講義動画を見てみよう

【高校受験】社会 愛知県 公立高校受験対策
オリエンテーション(高校受験対策講座の進め方)

愛知県公立高校の出題傾向を踏まえた
社会の攻略講座をもっと見てみよう!

「日本の諸地域」「近代(明治時代)」「政治のしくみ」など必出テーマを解説!

もっとみる