和歌山県公立高校入試日程・内申点・入試問題(3か年)
・傾向と対策

入試問題のダウンロード・傾向と対策など
平成31年度(2019年)に受験を迎える方への情報をご案内します。

入試制度

平成30年10月時点での情報です。最新の情報は和歌山県教育委員会のホームページでご確認ください。

和歌山県の入試日程
(平成31年度)

・出願受付:2月22日(金)・25日(月)

・本出願受付:3月4日(月)・5日(火)

・学力検査:3月11日(月)

・面接・実技検査等:3月12日(火)

・合格発表:3月19日(火)

和歌山県の入試制度
(平成31年度)

調査書

第1・第2学年の9教科の5段階評定の合計(90点満点)と、第3学年の9教科の5段階評定の合計の2倍(90点満点)を合計し、180点満点とする。傾斜評価を実施する学科コース等においては、傾斜評価後の合計を満点とする。「特別活動」「校内外の活動等」「観点別学習状況」及びその他の記載内容についても総合的に評価する。

一般選抜

・国語・社会・数学・理科・英語(リスニングを含む)の5教科、各50分・各100点、計500点満点。傾斜配点を実施する学科(コース等)においては、傾斜配点後の合計を満点とする。面接、作文または小論文、実技検査(プレゼンテーションを含む)を実施する学校・学科・コース等がある。面接(口頭による検査を含む)は段階的に評価、作文・小論文、実技検査は検査結果を適切に点数化して評価する。

・各高校の特色にあわせて、「調査書」、「学力検査の成績」、「面接・実技検査等の成績」のいずれかを重視し、決定する。

スポーツ推薦

中学校長からの推薦に基づき、指定する競技スポーツに優れた実績、能力をもつ生徒を対象に実施する。なお、一般出願後の志願先の変更はできない。

日程:一般選抜と同じ日程で実施する。

検査:一般選抜学力検査及びスポーツ実技検査等を実施する。

入試問題 (3か年)

スタディサプリ会員限定

スタディサプリ会員になると
和歌山県 公立高校の入試問題を
ダウンロードできます

14日間無料体験

出題傾向と対策

※平成30年7月時点の情報です

英語

長文読解力をつけることがポイント!

例年、リスニング、長文総合2題と会話文1題、英作文という大問数5題の構成となっており、独立した文法問題、発音やアクセントなどの音声問題は見られない。小問数は30~33程度と標準的ではあるが、会話文、長文があわせて3題出題されているため、時間に余裕はないだろう。

リスニングは絵の内容に合う対話を選ぶ問題、短い対話のあとに続くせりふを選ぶ問題、英文を聞いて表の空所を埋める問題や質問の答えを選ぶ問題が出されている。放送文を聞いて、重要な情報を正確に聞き取りまとめる練習をしておこう

長文総合は、長文が2題と会話文が1題の出題構成。内容把握に関する設問が最も多いが、英問英答、指示語の内容や理由を日本語で書かせるもの、整序作文、長文内容を踏まえての英作文なども見られ、総合的な英語力を問うものとなっている。ある程度の長さの長文読解問題を数多くこなし、英文を読み取る力をつけておくことが必要。

英作文は特定のテーマについて、理由や説明を含んだ自分の意見を書かせるものが毎年出されている。「30語以上」という条件があるので、テーマを決めてある程度の長さがある英文を書く練習をしておくことが重要。

長文3題だけでなく、英作文も時間のかかる問題であるため、全体の時間配分を考えながら解く必要がある。普段から時間を決めて問題を解く習慣を身につけておくこと。

平成30年度の問題構成(50分・100点満点)
項目 内容 配点
1.リスニング 絵に合う対話を選ぶ、応答文、英文と質問 25
2.長文総合〈ロボット〉 内容把握、適語句補充、和文英訳、内容一致文選択 17
3.会話文〈職場体験〉 適語選択、条件作文、応答文選択、指示語の内容 17
4.英作文 条件作文 10
5.長文総合〈ボランティア活動〉 指示語の内容、整序作文、適文選択、英問英答、文整序、内容把握 31
過去3年の出題内容
分野 出題内容 16 17 18
英文法・語彙 空所補充
語形変化
整序英作文
文法問題(長文形式)
語彙
和文英訳
長文読解 指示語
文整序・脱文挿入
長文中の空所補充(単語レベル)
長文中の空所補充(文レベル)
英問英答
日本語記述
内容一致
資料問題
要約
長文を踏まえての作文
英作文 自由英作文(問題意識を問う)
自由英作文(自分を問う)
自由英作文(交流)
イラストを用いた英作文
リスニング 短めの対話を聞いて答える
ビジュアル問題
書き取り
リスニング総合問題

講義動画を見てみよう

【高校受験】英語 和歌山県 公立高校受験対策
英作文(自分を問う)

和歌山県公立高校の出題傾向を踏まえた
英語の攻略講座をもっと見てみよう!

「英作文(自分を問う)」の頻出テーマ、「長文読解」「リスニング」などを講座で解説!

もっとみる

数学

問題量は多い。試験時間を有効に使うトレーニングを重ねておこう!

問題量や文章量の多さが特徴的である。大問は5題だが全問題数は30問程度あり、制限時間の50分が短く感じられるだろう。また記述をしなければいけない問題も多い。時間配分がとても重要である

大問1は基本的な計算や関数・確率・立体図形などからの基礎的な問題。全問題数の3分の1ほどを占めるので確実に得点しておきたい。大問2も各分野からの集合題だが、思考力が必要な問題も多い。連立方程式の文章題などでは、解く過程を記述する必要がある。日頃から論理的に書く練習をしておく必要がある。大問3はここ数年、図形の規則性についての出題が続いている。与えられた表などから規則性を読み取る問題は、いろいろなパターンを練習しておきたい。そのためには、和歌山県の過去の出題だけではなく他の都道府県の同様な問題にあたっておくことが効果的である。大問4の関数、大問5の図形の問題も分量が多く、難度も高め。時間内にすべての問題に取り組むためには、平方根や三平方の定理を利用した計算を、速く正確にできるようにトレーニングしておくことが必須である。

問題全体を見通して、得意な問題、不得意な問題を見極めて時間を有効に使う練習も効果的。テスト形式の演習を数多くこなしておこう。

平成30年度の問題構成(50分・100点満点)
項目 内容 配点
1.独立小問9題 数の計算2題、式の計算、平方根の計算、式の展開、2次方程式、平方根の性質、平面図形の計量、立体図形の計量・展開図 (配点非公表)
2.独立小問5題 確率、関数と図形(放物線)、連立方程式の利用、資料の活用
3.図形の規則性 正方形の折り紙の貼り合わせ、重なりと面積、文字式の利用
4.いろいろな事象と関数 道のりと時間に関するグラフの利用
5.平面図形(円) 線分の長さ、合同の証明、線分比
過去3年の出題内容
分野 出題内容 16 17 18
数と式 数の計算・平方根の計算
数の性質・平方根の性質
式の計算・因数分解
数の規則性
図形の規則性
方程式 1次方程式
1次方程式の文章題
連立方程式
連立方程式の文章題
2次方程式
2次方程式の文章題
関数 関数の基本
いろいろな事象と関数
関数と図形
図形 作図
面積・面積比
線分・角
円・円周角
証明
立体図形の計量
円錐・球
最短距離の問題
立体の切断
確率・統計 確率
資料の活用

講義動画を見てみよう

【高校受験】数学 和歌山県 公立高校受験対策
図形の規則性

和歌山県公立高校の出題傾向を踏まえた
数学の攻略講座をもっと見てみよう!

「図形の規則性」「関数と図形」「円・円周角」など必出単元の講座で思考力アップのコツを解説!

もっとみる

国語

難度が高めの設問にじっくりと取り組もう!

大問は、知識問題と古文・小説・論理的文章・作文の4問構成であることが多い。小説の出題がなく論理的文章が2問の年もある。文章量はやや長く、選択肢の分量や記述の文字数も多めであるため、比較的難度は高い。大問構成は毎年変わるが、いずれの場合も、読解重視のオーソドックスなものとなっている。

知識問題の漢字は、読み書きともに標準的なレベルである。行書体で書いた漢字を楷書に直したときの画数に関する問題がよく出題されている。古文は基本事項の確認程度で、内容面では教科書に登場する出典に親しんでおくことが助けとなるだろう。漢文が出題される場合には書き下し文がつく。2018年度は古文の代わりに会話文が出題され、古文は作文の資料として出題された。論理的文章は、具体例を多めに含んだ標準的な抽象度の文章が選ばれる。年度によっては、1つの大問中に複数の文章を組み合わせて出題されることもあるが、基本的に、単独の文章として順に読解していけばよい。小説が出題される場合は、70字で心情を記述する問題や、100字を超える長い選択肢の問題などもあり、難度はかなり高くなっている。細部を数多く問うのではなく、少ない設問に重要な内容をもりこむ形で出題されるので、1問1問にじっくりと取り組めばよい。作文は、日常と関連するテーマについて、自分の考えを述べるものが多い。2018年度は与えられた資料から必要な情報を読み取り、古文のあらすじを書くという新しい傾向が見られた。

平成30年度の問題構成(50分・100点満点)
項目 内容 配点
1.国語の知識・話し合い 漢字の読み書き、漢字知識、内容把握(2問)、敬語 30
2.論理的文章〈「逆説の法則」西成活裕〉 内容把握(5問)、理由説明 31
3.論理的文章〈「すごい進化」鈴木紀之〉 接続詞・副詞挿入、内容把握(4問のうち、60字の記述が1問) 24
4.作文 条件付き作文(140~200字) 15
過去3年の出題内容
分野 出題内容 16 17 18
国語の知識 漢字
文法
言語知識
現代文の読解 論理的文章
随筆
物語・小説
読解力・表現力 話し合い
資料の読み取り
韻文
短歌・俳句
古典 古文
漢文
作文 課題作文
資料作文
条件付き作文
読後作文
放送問題

講義動画を見てみよう

【高校受験】国語 和歌山県 公立高校受験対策
論理的文章の読解

和歌山県公立高校の出題傾向を踏まえた
国語の攻略講座をもっと見てみよう!

「論理的文章の読解」「課題作文」など必出テーマを解説!

もっとみる

理科

記号選択問題も慎重に取り組もう!

例年、全体の構成は大問が5つで、物理・化学・生物・地学分野からほぼ均等に出題される。記号選択、語句記述の問題が大半であるが、作図、計算、短文記述など様々な形式の問題も必ず出題されている。試験時間に対して問題量は適量であるが、小問の前にリード文があるものがほとんどなので、問題を読むスピードがある程度必要となってくる。

大問1は、1つのテーマをもとに2~3分野の問題で作られている。分野は異なるが1つのテーマにそって出題されているので、問題文をしっかりと読み、問題の流れを頭に入れて解くようにしよう。

例年、大問2は生物、大問3は地学、大問4は化学、大問5は物理分野からの出題となっている。どの分野も共通して、比較的身近なものを題材に問題がつくられている。したがって、日頃から理科とのつながりを意識し、様々な現象と理科を結びつけて考える習慣が必要となる。また、記号選択問題であっても、1つの小問内に複数の記号選択があり、完答のものが多いので、内容を完全に理解して慎重に記号を選択しよう。

平成30年度の問題構成(50分・100点満点)
項目 内容 配点
1.生活と科学技術 太陽観測、植物工場、電磁調理器 20
2.生物の成長とふえ方 細胞のつくりと大きさ、生物の成長と細胞の変化 20
3.天気の変化 天気図の特徴、気象要素の変化、上昇気流、水の循環 20
4.身のまわりの物質 実験器具、質量パーセント濃度、固体の量の変化、再結晶、密度、プラスチック 20
5.光の性質 鏡での反射、ガラス中の光の進み方、凸レンズ 20
過去3年の出題内容
分野 出題内容 16 17 18
物理 光・音の性質
力の性質
電流回路
電力・発熱量
磁界・電磁誘導
物体の運動
仕事とエネルギー
化学 気体の性質
水溶液の性質
状態変化
物質の性質
化合・分解
酸化・還元
質量保存・質量比
電気分解・化学電池とイオン
酸・アルカリ・中和
生物 植物のつくりとはたらき
動物の分類
ヒトの体(消化・吸収)
ヒトの体(血液循環)
ヒトの体(排出・刺激と反応)
生物の成長とふえ方
生物のつながり
地学 火山と地層
地震のしくみ
気象観測・大気中の水
天気の変化
太陽・星座の動き
月・惑星の動き
作図問題

講義動画を見てみよう

【高校受験】理科 和歌山県 公立高校受験対策
電気分解・化学電池とイオン

和歌山県公立高校の出題傾向を踏まえた
理科の攻略講座をもっと見てみよう!

「電気分解・化学電池とイオン」「生物の成長とふえ方」など頻出テーマを解説!

もっとみる

社会

地理・歴史・公民の各分野が均等に出題されている!

小問数は40前後。年度によってバラつきがあるが、論述問題が複数あることを考えると50分の試験時間では少なく感じられるかもしれない。論述問題の配点は高めに設定されているので、最後まであきらめずに取り組んでほしい。

地理的内容では、世界地理と日本地理の内容が、大問1題ずつで出題されていることが多い。地域・地方を区切った出題は少なく、生活や文化、産業や貿易といったテーマが設定されて幅広い地域・地方について問われていることがほとんど。地図やグラフなども多く使われているので、日頃の学習には資料集や地図帳が欠かせない。歴史的内容では、日本史を中心とした通史的な内容を基にした大問が1題出題されている。政治・外交・文化や社会経済といった内容がかたよりなく出題されているので、解答には幅の広い知識が必要となっている。世界史の内容については、日本史と関連する分野を中心に押さえておこう。公民的内容では、政治分野を主題とした大問が1題、経済分野または国際分野を主題とした大問が1題出されている。どちらの大問もまとめの表やグラフなどを読み取った上で解答するものが多く、さらに論述を求められるものもあるので注意が必要。

どの大問も内容にはかたよりがなく、傾向が読みづらいが、一問一問の小問は決して難しいものではないので、苦手分野をつくらないような学習が効果的

平成30年度の問題構成(50分・100点満点)
項目 内容 配点
1.融合問題(地理/公民) 女性が活躍する国(記述4題、選択1題、論述1題) 16
2.地理(日本/全域) 日本の自然と農業(記述3題、選択2題、論述1題) 17
3.日本史(古代~近世) 訪問したい場所(記述3題、選択4題、論述2題) 20
4.日本史(近・現代) 近代から現代の教育(記述4題、選択1題、論述1題) 14
5.公民(政治) 政治のしくみ(記述3題、選択1題、論述2題) 16
6.公民(総合) テーマ別学習の内容から(記述1題、選択1題、論述2題) 17
過去3年の出題内容
分野 出題内容 16 17 18
地理 地球のすがたと人々の暮らし
世界の諸地域(アジア・オセアニア)
世界の諸地域(ヨーロッパ・アフリカ)
世界の諸地域(南北アメリカ)
日本のすがたと産業
世界と日本のつながり
日本の諸地域(九州・中国・四国地方)
日本の諸地域(近畿・中部地方)
日本の諸地域(関東・東北・北海道地方)
地理総合問題
歴史 原始・古代(大和時代まで)
古代~中世(奈良時代~平安時代)
中世(鎌倉時代~室町時代)
近世(大航海時代~鎖国まで)
近世(江戸幕府の発展)
近代(開国~明治維新)
近代(明治時代)
近代(大正時代)
近代(昭和時代〈第二次世界大戦まで〉)
現代(昭和・平成時代〈戦後〉)
歴史総合問題
公民 現代社会と人権・憲法
政治のしくみ
経済のしくみ
国際社会
公民総合問題
融合 融合問題(地理・歴史)
融合問題(地理・公民)
融合問題(歴史・公民)
融合問題(地理・歴史・公民)

講義動画を見てみよう

【高校受験】社会 和歌山県 公立高校受験対策
日本のすがたと産業

和歌山県公立高校の出題傾向を踏まえた
社会の攻略講座をもっと見てみよう!

「日本のすがたと産業」「中世(鎌倉時代~室町時代)」など必出テーマを解説!

もっとみる