山口県公立高校入試日程・内申点・入試問題(3か年)
・傾向と対策

入試問題のダウンロード・傾向と対策など
令和2年度(2020年)に受験を迎える方への情報をご案内します。

入試制度

最新の情報は山口県教育委員会のホームページでご確認ください。

山口県の入試日程
(平成31年度)※前年度の情報です。
令和2年度については順次公開いたします。

推薦入学

・出願期間:1月25日(金)~30日(水)

・検査日:2月7日(木)※1日で実施できない場合は、8日(金)も実施。

・選抜結果通知:2月15日(金)

第一次募集

・志願登録期間:2月12日(火)~15日(金)

・出願期間:2月20日(水)~25日(月)

・検査日:3月7日(木)

※面接は、学力検査前日・当日・翌日のいずれかで実施。

※小論文・実技検査は、学力検査当日・翌日のいずれかで実施。

※学校指定教科検査は、学力検査当日に実施。

・合格者発表:3月15日(金)

山口県の入試制度
(平成31年度)※前年度の情報です。
令和2年度については順次公開いたします。

調査書について

第1学年から第3学年までの学習の記録、行動の記録、特別活動等の記録などが記入される。

推薦入学

・選抜方法:推薦書、調査書、志願理由書及び面接、小論文、実技検査の結果等を資料として行う。なお、不合格となった場合は、第一次募集に出願することができる。

・面接等:面接(一部の学校では自己表現)を実施する。また、小論文・実技検査を実施する学校がある。

第一次募集

・学力検査:国語、社会、数学、理科及び英語(英語はリスニングテストを含む)

※各教科50分・50点満点。

※学校指定方式及び生徒指定方式のいずれかの方法により傾斜配点を実施する学校がある。

・面接、小論文、実技検査、学校指定教科検査:およそ7割の学校・学科・コースで面接を実施。また、学力検査に加えて学校指定教科検査を2割強の学校・学科・コースで課している。全日制課程では、小論文・実技検査は実施されていない。

※学校指定教科検査…国語・数学・英語のうち、定められた教科を、学力検査当日に実施する。配点は各教科とも15点満点。検査時間は、実施する教科数に応じて、次のとおり。ただし、複数教科実施の場合、教科間に検査問題回収・配布のための時間を10分間設ける。なお、検査教科の順は、英語→数学→国語となる。

1教科実施の場合…15分 2教科実施の場合…40分 3教科実施の場合…65分

・選抜方法:調査書、その他必要な書類、学力検査の成績及び面接、小論文、実技検査、学校指定教科検査の結果等を資料として行う。

※調査書は重視する。その際、調査書の「学習の記録」と学力検査の成績は同等に取り扱うとともに、調査書の「学習の記録」以外の記載事項及び面接、小論文、実技検査、学校指定教科検査の結果等も十分考慮する。

※入学定員の一部について、学力検査の成績が一定以上であれば、調査書及び面接、小論文、実技検査、学校指定教科検査の結果等によって選抜(「調査書等による選抜」)を行う学校がある。

入試問題 (3か年)

スタディサプリ会員限定

スタディサプリ会員になると
山口県 公立高校の入試問題を
ダウンロードできます

14日間無料体験

出題傾向と対策(本試験)

※平成31年7月時点の情報です

英語

長文、会話文の読解力と作文力がポイント!

試験概要

時間:50分 満点:50点満点

リスニング、英文法と英作文、会話文、長文総合問題2題の大問5題で構成されている。小問数は例年33問程度。全体として問題量がやや多めとなっているので、ある程度のスピードが必要。

2019年度の問題構成
項目 内容 配点
1. リスニング 対話文と質問、応答文、メモの完成が出題されている。 13
2. 文法、英作文 語形変化、適語選択、整序英作文が出題されている。 6
3. 会話文〈イベント〉 適文選択、条件作文、適語補充、内容一致文選択が出題されている。 10
4. 長文総合<自分たちの住む町> 文挿入位置選択、指示語の内容把握、英問英答選択、要約文の適語補充が出題されている。 16
5. 長文総合〈日本文化〉 適語補充、条件作文が出題されている。 5
過去3か年の傾向

リスニングは短い対話を聞いて問いに対する答えを選ばせるもの、正しい応答文を選ばせるもの、また、表を見ながらやや長い英文、対話文を聞いて、表の空所を埋めさせるものが出されている。

長文総合や会話文問題は、大きく変化はなく、適文(応答文)選択、適語補充(選択)、整序作文、条件作文など文法の知識が求められる設問も多い。

文法問題に関しては、2018年度から長文形式ではなく、単独で出題されている。

対策

リスニングは、英文を聞きながら情報を頭のなかで整理してまとめる必要があり、総合力が必要

長文総合や会話文問題は、文法の知識が求められる設問も多い。一方、英問英答や要約問題など内容の理解も求められる。全体の流れを理解するとともに、会話中に適当な文を選ぶ問題にも慣れておこう。

英文法と英作文では、語形変化、適語選択、整序英作文が出題されている。しっかり基本知識を定着させておこう。

過去3か年の出題内容
分野 出題内容 17 18 19
英文法・語彙 空所補充
語形変化
整序英作文
文法問題(長文形式)
語彙
和文英訳
長文読解 指示語
文整序・脱文挿入
長文中の空所補充(単語レベル)
長文中の空所補充(文レベル)
英問英答
日本語記述
内容一致
資料問題
要約
長文を踏まえての作文
英作文 自由英作文(問題意識を問う)
自由英作文(自分を問う)
自由英作文(交流)
イラストを用いた英作文
リスニング 短めの対話を聞いて答える
ビジュアル問題
書き取り
リスニング総合問題

講義動画を見てみよう

【高校受験】英語 山口県 公立高校受験対策
オリエンテーション(高校受験対策講座の進め方)

山口県公立高校の出題傾向を踏まえた
英語の攻略講座をもっと見てみよう!

「長文読解」「リスニング」の様々なパターンを講座で解説!

もっとみる

数学

問題量は多い。日頃から、時間配分を考えた演習をしておこう!

試験概要

時間:50分 満点:50点

例年、大問9題の構成で、総問題数は25問程度。時間は50分だが、出題範囲が多彩なので、すべてに目を通すには時間配分を考えて要領よく解いていく必要がある。

2019年度の問題構成
項目 内容 配点
1. 計算5題 数の計算2題、式の計算2題、平方根の計算 5
2. 独立小問4題 因数分解、不等式、正多角形の内角、2次関数の変域 8
3. 連立方程式の文章題 割合の計算、連立方程式の立式と解 4
4. 確率 確率の考え方についての穴埋め 5
5. 図形 作図(垂直二等分線)、円錐の高さ 5
6. 関数(双曲線) 変化の割合、直線の式、四角形の面積比 5
7. 融合問題 速さと距離のグラフ、度数分布表、ヒストグラム 6
8. 文字式 規則性による1次方程式の利用、規則性を文字式で表す 6
9. 平面図形(おうぎ形) 相似の証明、線分の長さ 6
過去3か年の傾向

例年、大問1で計算題が5題出題されるが、大問2以降は出題単元が固定化されていない。ただし、図形や数の規則性についての問題、方程式の文章題、作図、証明など、毎年必ず出題される単元があることを押さえておこう。

また、独立問題や複合問題が多いのが特徴で、ひとつの大問で、いろいろな分野の問いが出されることが多い。解答形式としては、穴埋めでなく全文を書く証明問題や、文字式による説明問題、答を求めるまでの過程を書く問題など、記述式の問いが多く出題されている

問題文が比較的短く、取り組みやすい問題が多いので、日頃の演習量が反映される出題内容といえるだろう。

対策

後半の応用問題に対応するために、大問1・2の独立小問を素早く確実に解答したい。そのためには、日頃から目標時間を設定して計算問題を解くなどのトレーニングを積んでおくこと。

応用問題の中では、出題割合が高い図形の対策を重視しよう。作図と証明問題が必ず出題され、配点も高い。これらは演習を積み重ねることによってコツがつかめるので、入試対策の重点単元である。

2019年の大問8のような規則性の問題は、条件をじっくりと読んで理解することが必要で、点数の分かれ目になる問題だ。こういった問題は他の都道府県でも近年よく出される傾向にあるので、山口県の過去の出題だけではなく他の都道府県のいろいろなパターンの問題で練習しておきたい

出題の範囲が幅広く、融合問題も多いので、わからない問題があっても、時間を費やさずに次の問題に取り組む、といった方法が有効である。苦手分野をなくすことも大切。また、学校によって実施される「学校指定教科検査」は毎年2題の思考力問題が出題される。こちらも他の都道府県で実施される同様の試験で対策しておこう。

過去3か年の出題内容
分野 出題内容 17 18 19
数と式 数の計算・平方根の計算
数の性質・平方根の性質
式の計算・因数分解
数の規則性
図形の規則性
方程式 1次方程式
1次方程式の文章題
連立方程式
連立方程式の文章題
2次方程式
2次方程式の文章題
関数 関数の基本
いろいろな事象と関数
関数と図形
図形 作図
面積・面積比
線分・角
円・円周角
証明
立体図形の計量
円錐・球
最短距離の問題
立体の切断
確率・統計 確率
資料の活用

講義動画を見てみよう

【高校受験】数学 山口県 公立高校受験対策
オリエンテーション(高校受験対策講座の進め方)

山口県公立高校の出題傾向を踏まえた
数学の攻略講座をもっと見てみよう!

「作図」「証明」「円・円周角」の講座で、頻出問題の解答のコツを解説!

もっとみる

国語

リズムよく解き進められるように、時間を計って演習しよう!

試験概要

時間:50分 満点:50点

大問は6問構成で、小問数は28~30問程度。古文と漢文書き下し文が両方出題されているのが特徴的である。現代文の文章量は少なめで、設問は言語知識・文法から読解の記述まで幅広い。全体的に難度はやや易しめであるが、記述の量はやや多い。

2019年度の問題構成
項目 内容 配点
1. 小説〈「ナイスキャッチ! Ⅲ」横沢 彰〉 漢字の画数、対義語、比喩表現の抜き出し問題、心情把握・朗読するときの工夫・人物像に関する記述問題が出題された。 12
2. 論理的文章〈「はじまりの社会学」奥村 隆編著〉 漢字の読み書き各1問、同音異義語を使った短文作り、文法・脱文挿入・文章の構成や表現の特徴に関する選択問題、内容を説明した文の空欄に入ることばを抜き出しと40字以内の記述で答える問題が出題された。 14
3. 古文〈「閑田次筆」〉 現代仮名遣い、理由説明に関する記述問題、指示語の具体的内容に関する選択問題が出題された。 6
4. 漢文書き下し文〈「笑林」〉 返り点、漢文書き下し文についての話し合いの空欄に入る内容を現代語で記述する問題が出題された。 4
5. 漢字 読みがな2問、書きとり3問 5
6. 話し合いと資料の読み取り 話し合いをもとにした資料読解と資料作文(160~240字)が出題された。 9
過去3か年の傾向

小説は、中高生が主人公で、前向きな心情の動きをともなうものが多い。論理的文章は、自然・社会・哲学など、国語として一般的なテーマのものが、幅広く出題される。

古文は、注釈が少なくても読める難度のものが選ばれている。現代かなづかいや会話の主語の把握など、基本事項をしっかりと確認しておきたい。漢文書き下し文は、漢文に固有の表現には訳がつけられているので、古文と同じ感覚で取り組めばよい。返り点を補う問題は必ず出題されるので、対策をしておこう。

大問6の作文は、話し合い文や資料などをふまえて、自分の体験にふれながら、意見を述べるものとなっている。指定字数が長めなので、十分に書き慣れておく必要がある。

対策

小説・論理的文章・古文で出題される記述問題の対策をしっかりしておこう。小説では、字数指定のない記述問題が出題されることもあるが、解答欄の大きさから60字程度・80字程度など、目安を決めて書き始めるとよい。論理的文章では、本文の内容について40~50字程度で書く記述問題が出題されるが、抜き出しに近い形でまとめることができるので、本文中からポイントとなる箇所を素早く読み取る練習をしておきたい。

人物像や表現の特徴、文章の構成に関する設問もよく出題されるので、判断のポイントとなる部分を見分けるコツを身につけられるように心がけたい。

古文・漢文書き下し文は、必ず出題される仮名遣いや返り点などの基本問題に取り組み、短い文章を数多く読んで、全体のテーマをつかむ練習をしておきたい。

文法や言語知識の問題も多いので、確実に得点できるように、日頃からさまざまなパターンの問題に取り組んでおこう。

過去3か年の出題内容
分野 出題内容 17 18 19
国語の知識 漢字
文法
言語知識
現代文の読解 論理的文章
随筆
物語・小説
読解力・表現力 話し合い
資料の読み取り
韻文
短歌・俳句
古典 古文
漢文
作文 課題作文
資料作文
条件付き作文
読後作文
放送問題

講義動画を見てみよう

【高校受験】国語 山口県 公立高校受験対策
オリエンテーション(高校受験対策講座の進め方)

山口県公立高校の出題傾向を踏まえた
国語の攻略講座をもっと見てみよう!

「論理的文章の読解」「物語・小説の読解」「古文の読解」など必出テーマを解説!

もっとみる

理科

得点差がつきにくいため、ミスはゆるされない。苦手単元を早急になくそう!

試験概要

時間:50分 満点:50点

例年、全体の構成は大問が9つ。大問1~4、大問5~8で物理・化学・生物・地学の4分野から1つずつ出題されている。また、大問9は1つのテーマに基づいて複数の単元から出題される複合問題となっている。

小問数は、大問1~4が2問程度、大問5~9が5問程度となっており、問題数は決して多くないので、時間に余裕はあるだろう。

2019年度の問題構成
項目 内容 配点
1. 植物のつくりとはたらき 植物がデンプンをつくるはたらきと、維管束のつくりについての問題(語句記述2問) 3
2. 物質の性質 密度についての問題(記号選択1問、計算1問) 3
3. 気象観測 気温と湿度の測定についての問題(記号選択1問、計算1問) 3
4. エネルギーの変換 電池におけるエネルギーの変換についての問題(記号選択1問、語句記述1問) 3
5. 生物の成長とふえ方 生殖と発生についての問題(記号選択1問、語句記述1問、計算1問、短文記述1問) 7
6. 磁界・電磁誘導、物体の運動 電磁誘導と速さについての問題(記号選択2問、語句記述1問、計算1問、短文記述1問) 8
7. 化合・分解、質量保存・質量比 炭酸水素ナトリウムの熱分解についての問題(記号選択1問、化学反応式1問、グラフ作成1問、短文記述1問) 8
8. 太陽の動き 太陽の日周運動についての問題(記号選択1問、語句記述1問、計算1問、作図1問) 7
9. 総合問題 クエン酸と重そうを用いた簡易冷却パックの作成に関連する内容を問う問題(記号選択1問、語句記述1問、計算1問、短文記述2問) 8
過去3か年の傾向

出題形式は、記号選択、語句記述、作図、計算、短文記述などさまざま形式の問題がバランス良く出されている。

難易度は、ほとんどが標準的なものだが、一部に思考を要するものも含まれる。

各大問が1~2単元で構成されているので、物理・化学・生物・地学分野からそれぞれ3~4単元が出題されており、前年出題された単元は翌年出題されにくい傾向が見られる

対策

前年出題された単元は翌年出題されにくい傾向が見られるので、次年度に出題が予想される単元の中に苦手単元があれば、集中的に学習することが効果的だろう。難しい問題が少ないので点数の差がつきにくいと考えられ、苦手単元で点数を落とすことは避けたい

また、出題形式のバリエーションが豊富なため、基本内容の確認だったとしても、重要語句が書けたり、記号で答えたりする問題だけの練習では高得点には結びつかないだろう。基本的・標準的な問題を数多くこなし、様々な出題形式に慣れておこう。短文記述の問題については、自分の考えを書いたりするものは見られず、典型的なものが多いので、教科書にある理由・根拠などをしっかりと押さえておけば対応できる。

過去3か年の出題内容
分野 出題内容 17 18 19
物理 光・音の性質
力の性質
電流回路
電力・発熱量
磁界・電磁誘導
物体の運動
仕事とエネルギー
化学 気体の性質
水溶液の性質
状態変化
物質の性質
化合・分解
酸化・還元
質量保存・質量比
電気分解・化学電池とイオン
酸・アルカリ・中和
生物 植物のつくりとはたらき
動物の分類
ヒトの体(消化・吸収)
ヒトの体(血液循環)
ヒトの体(排出・刺激と反応)
生物の成長とふえ方
生物のつながり
地学 火山と地層
地震のしくみ
気象観測・大気中の水
天気の変化
太陽・星座の動き
月・惑星の動き
作図問題

講義動画を見てみよう

【高校受験】理科 山口県 公立高校受験対策
オリエンテーション(高校受験対策講座の進め方)

山口県公立高校の出題傾向を踏まえた
理科の攻略講座をもっと見てみよう!

出題が予想される「光・音の性質」「電流回路」「地震のしくみ」などのテーマを解説!

もっとみる

社会

バラエティに富んだ出題内容。突破には幅広い知識が必要!

試験概要

時間:50分 満点:50点

過去3年間の大問数は7で一定。小問数は40ほど。

試験時間に対する小問数は少なく感じるかもしれないが、短文記述を求められる問題もあるので、テンポ良く解答していかないと、時間が足りなくなることもあるだろう。確実に解答できる問題から進めていくといった柔軟さが必要。

作図を求められる問題も毎年出されているので、問題演習などで練習を積んでおこう。

2019年度の問題構成
項目 内容 配点
1. 日本史(総合) 資料で見る歴史(記述1題、選択2題) 3
2. 公民(総合) 政治・経済・国際の小問集合(記述2題、選択1題) 3
3. 地理(世界/全域) 地形・人口・農業(記述1題、選択2題) 3
4. 日本史(総合) 歴史新聞から(記述3題、選択3題、論述2題) 11
5. 公民(総合) 職場体験の内容から(記述3題、選択3題、論述1題) 9
6. 地理(総合) 世界の資源・エネルギー、日本の都市(記述3題、選択2題、論述1題、作図1題) 11
7. 融合問題(地理/歴史/公民) 山口県の塩づくりから(記述4題、選択3題、論述1題) 10
過去3か年の傾向

・大問7問中、2問が地理的分野から出題されている。
2問中1問は基礎的知識の確認になっているので、得点源にしておきたい。
世界地理も日本地理も特定の地域に限らず、幅の広い地域からの内容が出題されている。
→ 日本地理では地形図の読み取り問題も出されているので要注意。

・大問7問中、2問が歴史的分野から出題されている。
2問中1問は基礎的知識の確認になっているので、得点源にしておきたい。
写真を用いた問題が多くなっている。
グラフや表の内容を読み取ったうえで、論述させるような問題は難しいので対策が必要。

・大問7問中、2問が公民的分野から出題されている。
2問中1問は基礎的知識の確認になっているので、得点源にしておきたい。
政治・経済・国際の各分野から特定のかたよりなく問題が出されている。
→基礎的な知識の確認が中心となっている。

・大問7問中、1問が地理・歴史・公民的分野の融合問題になっている。
山口県が抱える課題や現代社会の課題などがテーマとなっている。
難しい問題はないが、地図・表・グラフ・模式図・写真などのさまざまな資料が用いられているので、読み取りをしっかりとできるようになっておかなければならない。

対策

・地理的分野
世界地理・日本地理とも、地図帳を利用するなどして、まずは地域別の特徴をしっかりと理解しておこう
資料集を活用して、雨温図や貿易・産業についての統計が示す内容をチェックすることも忘れずに。
地形図の基本的な読み取りについてもできるようになっておこう

・歴史的分野
年代を判断するような問題に強くなるには、まずは自分で写真やイラストなども用いた年表を作ってみることが効果的
世界史についても、日本史との関連が深い時代などは確実に理解できるようになっておこう。

・公民的分野
政治・経済・国際のすべての分野から出題されているので、かたよりのある学習は効果がない
教科書や資料集にある模式図や統計表を活用して、さまざまなことがらのしくみや特徴をしっかりと理解しておこう。

・地理・歴史・公民各分野の融合問題
三分野とも基礎的内容をしっかり理解し、単語を覚えるだけでなく、その意味を簡単な文で説明できるようになっておこう。

過去3か年の出題内容
分野 出題内容 17 18 19
地理 地球のすがたと人々の暮らし
世界の諸地域(アジア・オセアニア)
世界の諸地域(ヨーロッパ・アフリカ)
世界の諸地域(南北アメリカ)
日本のすがたと産業
世界と日本のつながり
日本の諸地域(九州・中国・四国地方)
日本の諸地域(近畿・中部地方)
日本の諸地域(関東・東北・北海道地方)
地理総合問題
歴史 原始・古代(大和時代まで)
古代~中世(奈良時代~平安時代)
中世(鎌倉時代~室町時代)
近世(大航海時代~鎖国まで)
近世(江戸幕府の発展)
近代(開国~明治維新)
近代(明治時代)
近代(大正時代)
近代(昭和時代〈第二次世界大戦まで〉)
現代(昭和・平成時代〈戦後〉)
歴史総合問題
公民 現代社会と人権・憲法
政治のしくみ
経済のしくみ
国際社会
公民総合問題
融合 融合問題(地理・歴史)
融合問題(地理・公民)
融合問題(歴史・公民)
融合問題(地理・歴史・公民)

講義動画を見てみよう

【高校受験】社会 山口県 公立高校受験対策
オリエンテーション(高校受験対策講座の進め方)

山口県公立高校の出題傾向を踏まえた
社会の攻略講座をもっと見てみよう!

「地球のすがたと人々の暮らし」「公民総合問題」「融合問題(地理・歴史・公民)」など必出テーマを解説

もっとみる