熊本県公立高校入試日程・内申点・入試問題(3か年)
・傾向と対策

入試問題のダウンロード・傾向と対策など
令和2年度(2020年)に受験を迎える方への情報をご案内します。

入試制度

最新の情報は熊本県教育委員会のホームページでご確認ください。

熊本県の入試日程
(令和2年度)

前期(特色)選抜

・出願期間…1月21日(火)~24日(金)の正午

・実施日…2月3日(月)

・選抜結果の通知…2月12日(水)

後期(一般)選抜

・出願期間…2月13日(木)~18日(火)の正午

・出願変更…2月19日(水)~25日(火)の正午

・学力検査…3月10日(火)・11日(水)

・合格者発表日…3月17日(火)

熊本県の入試制度
(令和2年度)

調査書

後期選抜においては、次の①~③の手順で総計点を算出し、総計点の高い順に順位をつける。

① 学力検査を行う5教科(国語、社会、数学、理科、英語)については、教科ごとに、第1学年及び第2学年の評定に、第3学年の評定を2倍したものを加えて合計し、さらに、その合計点を、学力検査の得点を用いて補正する。

② 学力検査を行わない4教科(音楽、美術、保健体育、技術・家庭)については、教科ごとに、第1学年及び第2学年の評定に、第3学年の評定を2倍したものを加えて合計する。

③ ①で補正した5教科の合計点に、②の4教科の合計点を加えて総計点を算出する。

前期(特色)選抜

普通科、専門学科、総合学科及びスーパーグローカルハイスクール指定校のうち、募集定員の50パーセント以内の範囲で当該高等学校長が定める。選抜方法については、調査書等の書類、学校独自検査(面接、小論文、実技検査など)の結果を資料として総合的な判断のもとに行い、学力検査は実施しない。

後期(一般)選抜

国語、社会、数学、理科、英語(リスニングを含む)の5教科、各50分・50点満点。数学と英語(リスニングを含む)については、県教委が作成した2種類の学校選択問題から、各学校が選択して実施する。入学者の選抜は、調査書等の書類及び学力検査の成績等を資料として、各高等学校、学科・コースの特色に応じて、その教育を受けるに必要な能力・適性等を判定して行う。なお、一部の学科・コースにおいては、学力検査の得点の特別処理を行う。

※得点の特別処理

・単独での選抜を実施する理数科及び普通科の理数コースにおいては、数学の得点を、英語科並びに普通科の英語コース及び国際コースにおいては、英語の得点を2倍にして処理する。

・職業教育を主とする学科においては、学科の特性に応じた教科の得点を2倍にして処理することができる。

・全日制の単位制高校(総合学科を含む)においては、次の a 、b のいずれかを選択することができる。

  a 5教科の中で、得点が高い方から2教科の得点を2倍にして処理する。

  b 5教科の中で、受検者があらかじめ申告した2教科の得点を2倍にして処理する。

入試問題 (3か年)

スタディサプリ会員限定

スタディサプリ会員になると
熊本県 公立高校の入試問題を
ダウンロードできます

14日間無料体験

出題傾向と対策(英数はB)

※平成31年7月時点の情報です

英語

基礎問題から総合問題まで幅広い力が求められる!

試験概要

時間:50分 満点:50点

例年、リスニング・文法や音声の集合問題・会話文・長文総合・英作文の大問5題構成で、小問数は35問程度。選択式・記述式の両方が採用されており、記述式では完文で書かせる英作文も見られる。

2019年度の問題構成
項目 内容 配点
1. リスニング 絵を選ぶ、応答文、対話文と質問、英文と質問が出題されている。 12
2. 音声、文法、長文読解〈植物と昆虫〉、会話文〈特別授業〉〈新しいレストラン〉 語の発音、適語選択、文整序、理由選択、適文選択、適語句補充が出題されている。 16
3. 会話文〈持続可能な開発目標〉 応答文選択、条件作文、内容一致文選択、要約文の適語補充が出題されている。 10
4. 長文総合〈掃除文化〉 理由説明、英問英答、適語句補充、内容一致文選択が出題されている。 8
5. 英作文 条件作文が出題されている。 4
過去3か年の傾向

リスニングは大きく変更はなく、短い説明文を聞いて内容に合う絵を選ぶ問題、応答文を選ぶ問題、対話文を聞いて適切な質問の答えを選ぶ問題、英文の質問に対するまとめの一部を書かせる問題が出題されている。

音声の問題では発音に加え、強勢や区切りの問題が出題される年もある。

文法問題では、適語選択や語形変化、正誤問題など年によって様々な形式で出題される。

会話文や長文総合では、まとめ文中の適語補充・英問英答・内容一致など内容を把握しているかが試される。内容説明文の一部を日本語で書かせる問題もよく出ている。

英作文では、テーマを与えられ、それについての自分の意見を述べる問題が出題されている。

対策

リスニングでは、英文の質問に対するまとめの一部を書かせる問題が特徴的である。英文の聞き取りとともに要点を把握する練習が必要である

近年、発音やアクセントの問題が単独で出題されている。英語の基本事項をしっかりと復習しておこう。

会話文や長文総合では、まとめ文中の適語補充・英問英答・内容一致など内容を把握しているかが試され、長文読解の総合力を養っておく必要がある。内容説明文の一部を日本語で書かせる問題もよく出ている。

英作文では、自分の意見や考えについて、あるいはあるテーマについて自分の言葉で説明できるように練習しておく必要がある。

過去3か年の出題内容
分野 出題内容 17 18 19
英文法・語彙 空所補充
語形変化
整序英作文
文法問題(長文形式)
語彙
和文英訳
長文読解 指示語
文整序・脱文挿入
長文中の空所補充(単語レベル)
長文中の空所補充(文レベル)
英問英答
日本語記述
内容一致
資料問題
要約
長文を踏まえての作文
英作文 自由英作文(問題意識を問う)
自由英作文(自分を問う)
自由英作文(交流)
イラストを用いた英作文
リスニング 短めの対話を聞いて答える
ビジュアル問題
書き取り
リスニング総合問題

講義動画を見てみよう

【高校受験】英語 熊本県 公立高校受験対策
オリエンテーション(高校受験対策講座の進め方)

熊本県公立高校の出題傾向を踏まえた
英語の攻略講座をもっと見てみよう!

「英文法・語彙」「長文読解」「リスニング」の様々なパターンを講座で解説!

もっとみる

数学

問題量が多く難問も含まれる。時間配分を考えて演習しよう!

試験概要

時間:50分 満点:50点

大問は6題、全問題数は30問程度で多め。問題文の分量も多く制限時間の50分が短く感じられるだろう。時間配分を考えて解くことが重要である

2019年度の問題構成
項目 内容 配点
1. 計算6題 数の計算2題、式の計算3題、平方根の計算 10
2. 独立小問6題 1次方程式、連立方程式の立式と解、2次方程式の解法の説明、作図、確率、水量の変化のグラフ 16
3. 資料の活用 最頻値、相対度数、ヒストグラムの読み取り、平均値 6
4. 立体図形(三角錐) 線分の長さ、体積、体積比と線分比、点と平面との距離 6
5. 関数と図形 比例定数、直線の式、三角形の面積比、四角形の面積 6
6. 平面図形(円) 相似の証明、線分の長さ 6
過去3か年の傾向

大問1は計算問題が6題で、出題される内容もほぼ固定されている。ミスの無いように全問正解を目指したい。大問2は各単元からの独立問題。作図が必ず出題されるほか、方程式、資料の活用、確率、関数などを中心に出題されている。やや応用的な問題も含まれるので、得意分野から効率的に解いていくようにしたい。大問3は数や図形の規則性をテーマにした思考力問題が2018年度まで出題されていたが、2019年度は資料の活用からの出題で、難易度が低めとなった。近年、大問4では立体図形、大問5では関数と図形、大問6では平面図形の出題が続いている。いずれも比較的よくあるパターンの出題で、取り組みやすいといえる。

対策

熊本県の数学の大きな特徴は、設問数が多いこと。したがって、日頃からスピードを意識した演習をしておくことが非常に重要である。特に、大問1の計算題と大問2の独立小問題だけで、設問数、配点ともに約半分を占めている。後半の応用問題にかける時間を確保するためには、前半の問題をいかに速く正確に解答するかが大きなカギである

大問3以降の関数や図形の問題にはかなりの難問も含まれている。各大問において、前半部分の基本的な問題は確実に正解しておきたい。難問に時間を費やさず、効果的に試験時間を使えるように、テスト形式の演習を数多くこなしておこう。

また、平方根の計算や三平方の定理を用いた計算がかなり複雑になる問題も多い。試験中の緊張から計算ミスをしないように、日頃から目標時間を設定して計算問題に取り組むといったトレーニングを積んで、自信を持って臨もう。

毎年出題される証明問題や文字を用いた説明問題の対策も重要である。単に問題を解くだけではなく、解く過程を丁寧にノートに記述する習慣を身に付けたい。記述問題では部分点も期待できるので、手つかずのままにはしないように。

過去3か年の出題内容
分野 出題内容 17 18 19
数と式 数の計算・平方根の計算
数の性質・平方根の性質
式の計算・因数分解
数の規則性
図形の規則性
方程式 1次方程式
1次方程式の文章題
連立方程式
連立方程式の文章題
2次方程式
2次方程式の文章題
関数 関数の基本
いろいろな事象と関数
関数と図形
図形 作図
面積・面積比
線分・角
円・円周角
証明
立体図形の計量
円錐・球
最短距離の問題
立体の切断
確率・統計 確率
資料の活用

講義動画を見てみよう

【高校受験】数学 熊本県 公立高校受験対策
オリエンテーション(高校受験対策講座の進め方)

熊本県公立高校の出題傾向を踏まえた
数学の攻略講座をもっと見てみよう!

「数の規則性」「図形の規則性」「関数と図形」など、必出単元で解法のコツを解説!

もっとみる

国語

過去問を通して、それぞれの大問の攻略法を学ぼう!

試験概要

時間:50分 満点:50点

大問は、国語の知識・話し合い・論理的文章・小説・古文の5問構成で、小問数は30問程度。話し合いや論理的文章の大問で作文が出題される。設問の難度は、古文が標準よりやや高く、それ以外は標準的である。

2019年度の問題構成
項目 内容 配点
1. 国語の知識〈「沈黙」遠藤周作〉 小説から、漢字の読み書き各2問、言語知識、漢字知識、文法2問などの基本問題が出題された。 8
2. 話し合い 資料に関する話し合いをもとに、言語知識、資料の読み取り、内容把握2問、資料作文(126~175字)が出題された。 12
3. 論理的文章〈「ゴリラからの警告『人間社会、ここがおかしい』」山極寿一〉 傍線部に関するまとめの空欄にあてはまる言葉を答える抜き出し問題、内容把握・脱文挿入・段落の働きに関する選択問題、内容把握に関する25~35字の記述問題が出題された。 11
4. 小説〈「最後の卒業生」本田有明〉 同意表現の抜き出し問題、心情把握・空欄補充・描写や表現についての批評に関する選択問題、登場人物の心情に関する記述問題2問が出題された。 11
5. 古文〈「耳囊」根岸鎮衛〉 現代かなづかい、理由を説明する記述問題、内容把握の選択問題、文章についての会話文の空欄に入る言葉を答える選択・記述問題各1問が出題された。 8
過去3か年の傾向

2017年度までは作文が単独の大問として出題されていたが、2018年以降は作文が大問2の話し合いや大問3の論理的文章の大問の中で出題されるようになった。大問数は1問減っているが、全体的としての出題内容にあまり変化はない。

大問1は、文学作品を引用して、漢字・言語知識・文法事項のみが出題され、内容読解については問われないのが特徴である。

大問2は、話し合いの内容に沿って複数の資料を読み取る問題である。

大問3の論理的文章は、幅広い話題で、標準的な抽象度の文章が出題される。大問4の小説とともに、内容・形式ともに標準的で、基本的な読解力を問うものとなっている。

大問5の古文は、親しみやすい笑話や教訓などが取り上げられているが、語釈は少ない。2018年度は、話し合いの形で文章の内容を要約し、理解度を確認する問題が出題された。要旨を自分の言葉でまとめることが求められるので、古典の背後にある伝統的な価値観に親しんでおくとよいだろう。

対策

漢字・言語・文法などの基礎知識はいろいろなパターンで出題されるので、まんべんなく学習しておきたい。

作文は、論理的文章の読後作文として文章の内容を踏まえて自分の考えを書くものや、話し合いの内容をふまえて資料を参考に自分の考えを書くものなど、年度によって出題される大問やパターンが異なるので、さまざまな形式に対応できるように練習をしておきたい。

話し合いの大問では、複数の資料を照らし合わせながら、読み進めることになるので、必要な情報を素早くおさえる力を身につけておくことが重要になる。

小説・論理的文章では、内容に関する読解だけでなく、段落の働きや表現の意図、人物描写や表現の特徴などについても理解を深めるように心がけたい。

過去3か年の出題内容
分野 出題内容 17 18 19
国語の知識 漢字
文法
言語知識
現代文の読解 論理的文章
随筆
物語・小説
読解力・表現力 話し合い
資料の読み取り
韻文
短歌・俳句
古典 古文
漢文
作文 課題作文
資料作文
条件付き作文
読後作文
放送問題

講義動画を見てみよう

【高校受験】国語 熊本県 公立高校受験対策
オリエンテーション(高校受験対策講座の進め方)

熊本県公立高校の出題傾向を踏まえた
国語の攻略講座をもっと見てみよう!

「論理的文章の読解」「物語・小説の読解」「古文の読解」など必出テーマを解説!

もっとみる

理科

「なぜ?」を追究する力が得点につながる!

試験概要

時間:50分 満点:50点

例年、全体の構成は大問が4つ。大問1は生物、大問2は地学、大問3は化学、大問4は物理からの出題で、どの分野も2単元以上から出題されている。

小問数は30~35問程度ではあるが、記号選択と語句記述の両方で正解といった完答の問題も多く、記号選択、語句記述、計算、作図、グラフ作成、短文記述とあらゆるパターンでの出題形式になっているため、時間的に余裕があるテストとはいえない。

2019年度の問題構成
項目 内容 配点
1. 植物のつくりとはたらき、動物の分類 1. 花のつくり、細胞の染色体、光合成についての問題、2. 筋肉のつながり方、セキツイ動物の進化についての問題(記号選択1問、語句記述4問、作図1問、短文記述2問) 13
2. 惑星の動き、大気中の水 1. 惑星の特徴、金星・火星の動きについての問題、2. 洗濯物の乾き方、湿度についての問題(記号選択4問、語句記述2問、作図1問、短文記述1問) 12
3. 状態変化、酸化・還元 1. 水・エタノールの状態変化についての問題、2. 鉄の酸化、濃度についての問題(記号選択5問、計算1問、短文記述2問) 13
4. 物体の運動、光・音の性質 1. 水平面上の物体の運動、物体と木片の衝突についての問題、2. 音の性質、伝わり方についての問題(記号選択2問、計算4問、作図1問) 12
過去3か年の傾向

すべての大問が、各分野の2単元以上から出題されているため、出題範囲が幅広い。 設問は教科書にあるような実験・観察をテーマにつくられており、基本的事項をしっかりと押さえていれば対応できる問題が多い。

ただし、出題形式のバリエーションが豊富で、解答に時間のかかる問題もあるため、速く正確に解答していく必要があるだろう。

作図やグラフ作成の問題では典型的なものが多く見られるが、短文記述の問題で、理科で学習する原理・原則をしっかりと理解していないと書けないものや、考察力が必要となるものが見られる

対策

出題範囲が広いため、単元のかたよりなく学習し、苦手単元をなくしておく必要がある。前年度の出題単元を避けて出題される傾向が見られるため、前年度に出題されていない単元に苦手単元があれば、まずは、そこから克服していってもよいだろう。

また、基本的な問題が多いものの、出題形式のバリエーションが豊富なため、重要語句を書いたり、記号で答えたりする問題の練習だけでは、得点に結びつかないだろう。基本的・標準的な問題を数多くこなし、様々な解答形式に慣れておくことが重要である。

短文記述の問題では、原理・原則の理解や、考察力が必要となる問題もあるため、「なぜ?」を常に頭に置きながら理科という教科を学習していこう。

過去3か年の出題内容
分野 出題内容 17 18 19
物理 光・音の性質
力の性質
電流回路
電力・発熱量
磁界・電磁誘導
物体の運動
仕事とエネルギー
化学 気体の性質
水溶液の性質
状態変化
物質の性質
化合・分解
酸化・還元
質量保存・質量比
電気分解・化学電池とイオン
酸・アルカリ・中和
生物 植物のつくりとはたらき
動物の分類
ヒトの体(消化・吸収)
ヒトの体(血液循環)
ヒトの体(排出・刺激と反応)
生物の成長とふえ方
生物のつながり
地学 火山と地層
地震のしくみ
気象観測・大気中の水
天気の変化
太陽・星座の動き
月・惑星の動き
作図問題

講義動画を見てみよう

【高校受験】理科 熊本県 公立高校受験対策
オリエンテーション(高校受験対策講座の進め方)

熊本県公立高校の出題傾向を踏まえた
理科の攻略講座をもっと見てみよう!

「電流回路」「電気分解・化学電池とイオン」「地震のしくみ」など要注意単元を解説!

もっとみる

社会

小問数が多めなうえに作図問題もあり。時間配分には要注意!

試験概要

時間:50分 満点:50点

過去3年間の大問数は6で一定、小問数は43~45。

小問数が多めなうえに、短文記述を求められる問題も多いので、テンポ良く解答していかないと、時間が足りなくなることもあるだろう。確実に解答できる問題から進めていくといった柔軟さが必要。

完全解答を求められる問題も多いので、確実な知識を身につけておきたい

2019年度の問題構成
項目 内容 配点
1. 地理(世界/全域) 地図からわかること、アメリカ合衆国(記述1.5題、選択4.5題、論述1題) 9
2. 地理(日本/地域別) 中国・四国地方(記述0.5題、選択4.5題、論述1題) 8
3. 日本史(古代~近世) 人物と歴史(記述1.5題、選択4.5題、論述1題) 8
4.. 歴史(総合) 日本の近代化・金栗四三と歴史(記述3.5題、選択3.5題、論述1題) 9
5. 公民(総合) 決まり・国際社会・政治のしくみ・人権(記述2題、選択4題、論述2題) 8
6. 公民(経済) 社会保障・税・企業活動(記述2.5題、選択1.5題、論述3題) 8
過去3か年の傾向

・大問1で世界地理が、大問2で日本地理が出題されている。
世界地理では、幅広い地域についての総合的な問題が多いが、一部地域に限定した問題も出されている。
日本地理では、特定の地域にテーマを絞った出題が多い。
→ 世界地理か日本地理のどちらかで雨温図や気候に関するグラフの判断を求められる問題が毎年必ず出されているので対策を立てておこう。

・大問3・4は歴史的分野からの出題となっている。
大問3では、日本史を中心に古代から近現代までの幅広い時代の内容が問われる。
大問4では、近現代の歴史の内容を中心に出題され、特に世界史の知識が必要な問題についても出されることがある。
大問4では必ず年表を用いた問題が出されていることが一つの特徴といえる。

・大問5・6は公民的分野からの出題となっている。
政治・経済・国際の各分野から特定のかたよりなく問題が出されている。
→統計やグラフを読み取る必要がある問題が出されており、作図問題が出された年度もある

対策

・地理的分野
地図帳をうまく利用して、世界・日本ともにさまざまな地図からわかることを整理しておこう。
特に各国・日本各地の雨温図をうまく区別できるようになっておこう。
日本地理では、地形図の読み取り問題も毎年必ず出されているので基本的なルールはおさえておきたい。

・歴史的分野
年表を使った問題に強くなるには、まず、自分で年表を作成してみよう。その際に写真やイラストなどを加えてみると、整理がしやすくなるので試してみよう。
世界史についても、日本史の内容と関係することがらをしっかりとチェックしておこう。

・公民的分野
政治・経済・国際のどの分野もよく出題されているので、かたよりのある学習は効果がない
教科書や資料集にある統計表や模式図を活用して、さまざまなことがらのしくみや特徴をしっかり理解し、簡単な文章や図にまとめられるようになっておこう

過去3か年の出題内容
分野 出題内容 17 18 19
地理 地球のすがたと人々の暮らし
世界の諸地域(アジア・オセアニア)
世界の諸地域(ヨーロッパ・アフリカ)
世界の諸地域(南北アメリカ)
日本のすがたと産業
世界と日本のつながり
日本の諸地域(九州・中国・四国地方)
日本の諸地域(近畿・中部地方)
日本の諸地域(関東・東北・北海道地方)
地理総合問題
歴史 原始・古代(大和時代まで)
古代~中世(奈良時代~平安時代)
中世(鎌倉時代~室町時代)
近世(大航海時代~鎖国まで)
近世(江戸幕府の発展)
近代(開国~明治維新)
近代(明治時代)
近代(大正時代)
近代(昭和時代〈第二次世界大戦まで〉)
現代(昭和・平成時代〈戦後〉)
歴史総合問題
公民 現代社会と人権・憲法
政治のしくみ
経済のしくみ
国際社会
公民総合問題
融合 融合問題(地理・歴史)
融合問題(地理・公民)
融合問題(歴史・公民)
融合問題(地理・歴史・公民)

講義動画を見てみよう

【高校受験】社会 熊本県 公立高校受験対策
オリエンテーション(高校受験対策講座の進め方)

熊本県公立高校の出題傾向を踏まえた
社会の攻略講座をもっと見てみよう!

「地球のすがたと人々の暮らし」「中世」「経済のしくみ」など必出テーマを解説!

もっとみる