EDUCATION / STUDY

理科・社会のレボリューション!?“新学説”を小・中学生向けにやさし~く解説♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SHARE
理科・社会のレボリューション!?“新学説”を小・中学生向けにやさし~く解説♪

子どもが「理科とか社会って退屈だよねー」と言っていたら危険信号!そのまま放っておくと勉強嫌いな子どもになってしまうかもしれません。

この事態を回避するためには、新しい刺激を与えることが重要ですよね。そこで今回は勉強への興味を失った子どもを再び熱中させる方法の1つとして、小・中学生の理科や社会の教科書には載っていない“最新学説”をご紹介しますよぉ!

雑談の面白小ネタとしてもバッチリな“新学説”5つ!

プロトケラトプスのえり飾りは…モテるため!?

ティラノサウルスと並んで子どもに大人気の恐竜トリケラトプスの仲間プロトケラトプス。彼らのフリル(えり飾り)ってなんのためにあるか知ってますか?

実のところ、トリケラトプスたち角竜のフリルは「敵の攻撃を防ぐ盾になる」、「体温調節機能を備えている」など諸説ありましたが、何のためにあったかというのはよく分かっていませんでした。

そこで新たな説として登場したのが「モテるため説」。このフリルが立派なほど他の恐竜よりも偉く、メスからモテたというわけです。

フリルの大きなプロトケラトプスは「この自慢のフリル、どう?イケてるっしょ?俺と付き合ってよレディ♪」と自信満々に見せびらかしていたのかも?人間だろうと恐竜だろうと見た目を気にするのは一緒だったなんて、何だか恐竜に俄然親近感が湧きますよね(笑)。

ヒト属に新たな仲間が見つかりました!

ホモ・サピエンスやホモ・エレクトスなど、いわゆるヒト属と呼ばれる我々の祖先がどのように進化してきたか。これは人類史上最大の謎といわれる問題で、人類がどうやって直立二足歩行になったのか、確たる証拠をあらわす化石はまだ見つかっていません。

そんな中、昨年9月、新たに「ホモ・ナレディ」という種類がヒト属の仲間入りを果たしました。このホモ・ナレディという新種は脳が類人猿並みに小さく、体は小柄な現代人ほど。上半身はサル寄りで下半身は人間寄りという奇妙な特徴を持っており、木登りが得意だったと考えられています。

いつ頃生まれ、いつ頃絶滅したかはまだ不明ですが、おそらく200万年前~300万年前に存在していたヒト属の起源に近い種族なのではと言われています。この発見が二足歩行進化の謎を解く鍵になればいいですね!続報に期待です!

史上2番目の大量絶滅に「金属とけちゃった説」

多細胞生物が地球上に誕生して以降、地球では5度の大量絶滅が起きています。ビッグファイブなんて呼ばれ方もしていますね。

絶滅の理由は氷河期、火山の大噴火、隕石落下などいろいろ。その中でなんと全生命の85%が死滅してしまったという、史上2番目の規模の大量絶滅(4億4500万年前~4億1500万年前にかけて)が起こった理由に“新説”が生まれました!!

その理由は「海にあった金属が溶けちゃった」から。

もともと海底には金属が沈んでいますが、ある時代に海中の酸素濃度が減って金属が溶け出した結果、海にいた生き物に悪影響が出て死滅してしまった…というわけです。当時生き物のほとんどが海中で暮らしていたので、そのあおりをモロに受けちゃったんですね…。

血液型「RHマイナス」は宇宙人の陰謀!?

200人に1人の確率で生まれる血液型「RHマイナス」(マイナス以外の人は全員「RHプラス」)。そもそもなぜ血液型にプラスとマイナスがあるのか自体わかっていないんですが、ここにきて「宇宙人由来説」が飛び出しちゃいました!!

「そんなのオカルトでしょ、バッカみたい」と思うかもしれませんが、一部の科学者たちもこの説を主張しているんですよ。

はるか昔に地球に降り立った宇宙人が、未発達だった人類を遺伝子操作によって今の人類に進化させた。その名残が「RHマイナス」なんだ!…というのが彼らの主張ですが、理由として挙げているのが「マイナスの人にプラスの人は輸血できないけど、その逆は可能」という点。

本来、生物学上ではプラスの血液とマイナスの血液は絶対に代替不能らしく、プラスの母親からマイナスの子どもが生まれるはずもないんだとか。そう考えると、宇宙人がやってきて都合のいいように操作したと考えるのもうなずけ…るのかな?(笑)

ツタンカーメンのアレは“付けヒゲ”!

ツタンカーメンの顔って想像できますか?

おそらく、立派なヒゲをこさえて目鼻立ちのはっきりした青年を思い浮かべるかと思います。

それ、マスクですからぁ!!残念!!(古い)

そんなツタンカーメンのご尊顔に“新説”です。もともとツタンカーメンの風貌に関しては様々な説があり、出っ歯だったり、足が湾曲していたりと多くの人が抱いている「美少年ツタンカーメン」のイメージとは程遠いものばかりでした。

しかし、今回の新説は元のイケメン像に少し近づくものかもしれません。

それは…「本物のツタンカーメンにヒゲは生えてない」、です!!

じゃあなんでヒゲが付いてるんだよ!?と疑問に思うかもしれませんが、古代エジプトにおいて、上向きに沿ったヒゲは冥界の神オシリスとエジプト王が同一人物である証と考えられていたんです。

だからツタンカーメンも自分の神性を証明するために、偽物のヒゲを付けていたというわけなんです。若い頃に即位したのでまだ生えなかったんでしょうね。ちなみに、上向きじゃないヒゲを生やしているのは身分が低い人となるそうです。ヒゲの上向き下向きにそれほどの差があるのかはよく分かりませんね(笑)。

地球には謎がいっぱい!だから勉強は面白い!

地球上にはまだまだ謎が多く、教科書で教わった内容も数年後にはガラッと変わっていたりします。そんな謎を知るのも勉強の醍醐味ですし、謎を理解するためにもしっかり勉強しないといけません。

もし子どもが勉強への熱意を失いかけていたなら、今回ご紹介した新説を教えてあげてください。「え、なにそれどういうこと!?」と食い付いてきたら作戦は大成功ですよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SHARE

14日間無料で、授業動画4万本以上と
個別指導をおためしいただけます。