EDUCATION / STUDY

「総合的な学習の時間」の授業って何!?遊んでるだけ…と思った大間違いな実例5つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SHARE
「総合的な学習の時間」の授業って何!?遊んでるだけ…と思った大間違いな実例5つ

小学校から高校まで、授業の1つとして設置されている「総合的な学習の時間」という科目をご存知でしょうか。どんな授業かというと、「変化の激しい社会に対応して、自ら課題を見付け、自ら学び、自ら考え、主体的に判断し、よりよく問題を解決する資質や能力を育てる」授業ですよ♪

…え?わからないって?

超簡単に説明すると「自分の好きなことを学ぶ」授業のこと!

学年別にテーマを設定がされていて、そのテーマの中で自分の課題を見つけて研究したり、先生ごとに講座という形でテーマを設定して希望者を募ったりと内容は学校によってまちまちですが、生徒が自主的に課題を見つけて取り組むという点は共通しています!

とは言っても、実際にどんな内容について学んでいるのかはやっぱりイメージしにくいですよね。ということで、今回はいくつか実例をご紹介します!

「授業なのにこんなに自由でいいの!?」な実例集

図書館やフィールドワークで町の歴史を調査

「町の歴史を調べるというテーマで図書館に行って町史を読んだり、お城の跡地にフィールドワークしに行ったり、歴史に詳しい人に話を聞きに行ったり…ともかく自由に動き回りました(笑)。住んでいる町が大好きでもっとよく知りたいと思いこのテーマにしましたが、いろんなところに行けて楽しかったなぁ。調べたことを模造紙にまとめて発表もしましたが、発表会に来ていた学外のおばあちゃんに『よく調べたね』と褒めてもらったのが最高に嬉しかったです!」(中2女子)

教科書には載っていない自分の故郷の歴史について学べるのも総合的な学習の時間ならでは!授業中に外に出るというのも特別感があってワクワク♪

ラジコンを自作してレーシング大会を開催

「車が好きだったのでラジコンを自作しました。専用のキットを購入して組み立てたんですが、半田ごてを使ったり、パソコンで簡単なプログラミングをしたりとけっこう大変。最後の発表会ではサーキットを作ってタイムトライアルもしたんですよ!『挑戦者求む!』っていう張り紙を出して友達と勝負しまくりました(笑)」(中3男子)

趣味の延長ではありますが、技術で習った半田ごてやプログラミングを実際に試す機会はそうはありません。その時、作ったラジコンはきっと一生の宝物になるでしょう!

作物を育てることで農家の気持ちを理解する

「家が農家だったので、選んだのは作物の育て方について研究。実際に花壇を使わせてもらってキャベツやニンジンなど作物を作ったんですよ。友達は毎年違うテーマでやっていましたが、自分は3年間を通して野菜に専念!収穫した作物は家に持ち帰って料理したり、家庭科の調理実習で使ったりしました。みんな『形は悪いけど味はいいね』と食べてくれて、農家の人たちの気持ちが少し分かった気がします」(高1男子)

小・中学校で花を育てるところは多いと思いますが、じっくり作物を作るのは珍しいですよね。大きな意味での食育にもなって、より一層食べ物に感謝できるのでは!?

グローバルな人材を目指しLet’s speak English♪

「英語が話せるようになりたくて、英語スピーチコンテストを目標にして英会話の学習に挑戦!英語の先生やALT(アシスタントランゲージティーチャー/外国語指導助手)の先生に見てもらいながら進めたんですが、徐々にスムーズに言葉が出てくるようになるのを実感して英語がもっと好きになりましたね。残念ながら賞を取ることはできませんでしたが、ゆくゆくは海外に留学して本格的に英語を学びたいです」(中3女子)

グローバル化を迎えた今、英語を話せるのは大きなアドバンテージになります。日本内外を問わず世界で活躍する人材になってほしいですね♪

楽器素人が楽団を結成して講演会を開く

「学校にある楽器を借りて演奏会を開きました。最初は全員ほぼ素人だったんですけど、動画を観たり先生に指導してもらったりして何とか形にしましたよ。文化祭の有志の発表に参加したり、老人ホームに行って出張演奏会を開いたりできて貴重な体験ができたなぁ。その時の経験を生かして高校ではバンドを組んだんです。夢はメジャーデビュー!!」(高2男子)

総合的な学習の時間を通して将来の夢が決まったという人も少なくない模様。音楽を通して人と触れ合うというのも一般科目の授業だけでは決して得られない体験ですね!

自身で学び、成長できるのが「総合的な学習の時間」

今回取り上げた実例では個人が自由にテーマを設定して研究しています。各々が伸ばしたい分野や挑戦したい目標をテーマに設定することで社会を知ったり、人生について考える機会を得られたりと、伸び伸びと取り組んでいることがわかりますよね。

「遊んでいるだけじゃないの?」という指摘もあるかもですが、それは大間違い!お子さまは本気も本気、超本気なのです!♪

もし機会があれば、お子さまがどんなテーマで研究しているのか聞いてみてくださいね。それをきっかけに将来の話や何に興味があるのかなど、普段はお子さまが恥ずかしがって話してくれないようなことも話してくれるかもしれませんよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SHARE
短時間で、ギュッと。スタディサプリ 会員数64万人短時間で、ギュッと。スタディサプリ 会員数64万人

14日間無料で、授業動画4万本以上と
個別指導をおためしいただけます。