OTHERS

不正解だけど…むしろ天才なのでは!? 子どもたちの「珍回答」10選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SHARE

テストでは「不正解」となり点数はもらえないけれど、ついぷぷぷっと笑ってしまうような答えをひねり出すお子どもさん、いらっしゃいいますよね。その斜め上の発想に、叱ることも忘れ、つい感心したり、ほっこりしちゃうことも。ということで今回はそんな子どもたちの珍回答を国語編、社会編、英語編、番外編に分けてご紹介しちゃいます♪

国語(1)

≪問≫
松尾芭蕉は「はいじん」である。
「はいじん」を漢字に直しなさい。

≪答≫
廃人

これだと、何となく松尾芭蕉がネトゲばっかりやってるようなイメージになっちゃいますが…(笑)。 (正解は「俳人」)

 

国語(2)

≪問≫
「かわいい子には【 】をさせろ」
【 】を埋めなさい。

≪答≫
【族】

族…って暴走族…!? ちょま、ダメでしょ、それは!!(笑) でも一瞬、童顔で単車にまたがるをころがす少年の姿が思い浮かんじゃいました。 (正解は「旅」)

 

国語(3)

≪問≫
次の文章を読んで、あなたの思ったことを書きなさい。
「父ちゃんは、駅のホームで裸のままお札を差し出した。」

≪答≫
「父ちゃん」はヘンタイかもしれない

「裸のまま」という部分が「お札」ではなく「父ちゃん」にかかっているという解釈ですな(笑)。これはもう正解と言っても過言ではない! (正解は「父ちゃんのぶっきらぼうな優しさが伝わってきた」など)

社会(1)

≪問≫
黒船に乗ってきたペリーは何人でしょう?

≪答≫
1人

そう、ペリーは1人。何人もいるわけがない…てか何人もいたら恐い! これは「どこの国の人でしょう?」という質問にしなかった先生の責任だ! (正解は「アメリカ人」)

社会(2)

≪問≫
一番たくさんの都道府県と接しているのはどこか答えよ。

≪答≫

これも先生の問題の出し方が悪いんじゃないのシリーズ(笑)。正解は新潟・富山・岐阜・愛知・静岡・山梨・埼玉・群馬の8県と隣接しているあの県ですよっ! (正解は「長野県」)

社会(3)

≪問≫
【   】の中に適当な言葉を入れなさい。
「富国強兵政策に基づき政府は1873年に一般から兵を徴集する令を発布した。これが【   】である。

≪答≫
けっこうつらいの

確かにつらい。戦争に行かなきゃいけないかもだしね。「けっこうつらいのである」って言われると、切実さが伝わってきます。これは我々親の気持ちも代弁しているのかも! (正解は「徴兵令」)

英語(1)

≪問≫
次の英文を過去形にしなさい。
I live in Tokyo.

≪答≫
I live in Edo.

タイムスリップしちゃった(笑)。秀逸すぎ!
(正解は「I lived in Tokyo.」)

 

英語(2)

≪問≫
「long long ago」を日本語に訳しなさい。 

≪答≫
長い長いアゴ

瞬間、アントニオ猪木さんとか篠原信一さんのお顔が脳裏をよぎりました!
なぜか屈強な男たちばかり頭に浮かんでは消えていきましたよ!! (正解は「昔々」など)

英語(3)

≪問≫
「どういう意味ですか?」を【 】を埋める形で英語に訳しなさい。
【 】 do you 【 】?

≪答≫ 
【Sore】 do you 【imi】?

完全に日本語をローマ字表記しただけですが、気持ちはわからなくもない…(笑)。というか「do you」と「どういう」が空耳すぎるのがいけないのです! (正解は「【What】 do you 【mean】? 」)

番外編・家庭科

≪問≫
冷凍食品ばかりの食事で不足がちになるものは何でしょうか?

≪答≫
愛情

最後は一番ほっこりくる珍回答。子どもたちの受験勉強が大変なればこそ、家族間でコレを忘れちゃいけませんよねー!
(正解は「ビタミン類」など)

それは世界にひとつだけの個性

今回挙げた10の珍回答ですが、普通に「正解」を答えるよりもよっぽど難しいような気がしませんか?
むしろ「もしや天才では!?」と思ってしまうほどの柔軟な発想力とも言えますよね。

もちろん受験に向けたテストにおいては「正解」の答えを書いた方がいいのですが、「不正解」だったからといって、子どもたちの豊かな個性の芽を摘まないようにもしたいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SHARE

14日間無料で、授業動画4万本以上と
個別指導をおためしいただけます。