化学 ヘンリーの法則の検索結果

科目

学年

コース

9

第33講 気体の溶解度
  • 科目化学
  • 対象学年高1
  • コース高1 化学

チャプターを表示

  • チャプター1: 今回のテーマが気体の溶解度常に固体の溶解度ってやったね答えが水に溶ける限界。それ
  • チャプター2: 気体の溶解度の表し方一応副主として固体の溶解度の表し方って覚えてる水100 G
  • チャプター3: ゃ溶ける。これ以外の気体では成立するんだ。なちょっと無機のねき
  • チャプター4: マイナス3乗だから2.3かける10のマイナス3乗もるはいできた。

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第33講 気体の溶解度
  • 科目化学
  • 対象学年高2
  • コース高2 化学

チャプターを表示

  • チャプター1: 今回のテーマが気体の溶解度常に固体の溶解度ってやったね答えが水に溶ける限界。それ
  • チャプター2: 気体の溶解度の表し方一応副主として固体の溶解度の表し方って覚えてる水100 G
  • チャプター3: ゃ溶ける。これ以外の気体では成立するんだ。なちょっと無機のねき
  • チャプター4: マイナス3乗だから2.3かける10のマイナス3乗もるはいできた。

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第14講 気体の溶解度
  • 科目化学
  • 対象学年高3
  • コース高3 スタンダードレベル化学<理論編>

チャプターを表示

  • チャプター1: のかそれを考えていくときに使っていくのが気体の溶解度に成立するこれ
  • チャプター2: 演習問題の四角い家。まずは溶解度表で与えてきたね与えられた溶解の輪分圧1.01か
  • チャプター3: 何に気をつけなくてはいけないのかそれをここで確認しとくよ。から気体
  • チャプター4: テキストの演習問題演習四角さん与えられている溶解度は0度1かける10の5乗パスカ

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第25講 気体の溶解度(1)
  • 科目化学
  • 対象学年高3
  • コース高3 トップ&ハイレベル化学<理論編>

チャプターを表示

  • チャプター1: の量は x の分圧に比例する敵なら気体の溶解度で使っていくと呼ばれ
  • チャプター2: いくのが気体の溶解度はどのように表せていくのが溶解度の表記の仕方から表し方気体が
  • チャプター3: 後の確認事項。一番最初に平衡定数 k というものを変形してを導いた
  • チャプター4: 今回溶けている気体の全量もいいを持ちいたら表すことができるはずそれを足して8一

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第5講 気体①
  • 科目化学
  • 対象学年高3
  • コース高3 化学<無機編>

チャプターを表示

  • チャプター1: 何反応が起こるかが言えるから。いろんな無機の反応をここまでで学んできたそれら
  • チャプター2: ら反応そしてしギ酸に濃硫酸を加えて加熱するこのときの濃硫酸は触媒だった子濃硫
  • チャプター3: が。成立しないって思い数気体の溶解度っていうところでやるも

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第26講 気体の溶解度(2)
  • 科目化学
  • 対象学年高3
  • コース高3 トップ&ハイレベル化学<理論編>

チャプターを表示

  • チャプター1: つけてみると。そうするとよりもちろん2倍の気体がこの中に溶け込むこ
  • チャプター2: 財満の圧力の圧力と温度の乗件それがどうなってるかを確認しながら磨いていく演習問題
  • チャプター3: 気体の溶解度に関して最後の演習問題演習の資格4番。やっぱり気体の溶解度という問題

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第47講 気体(性質・乾燥剤)
  • 科目化学
  • 対象学年高1
  • コース高1 化学

チャプターを表示

  • チャプター1: れって5個で出てきたか覚えてる。気体の溶解度の時にさー塩化ナトリウ
  • チャプター2: 0円だからそして今からといてくれてるのがソーダ石灰これもよく見かける有機って
  • チャプター3: れが塩素の製法の特徴だったはず。れいこの反応式って今から私は一発で書いちゃう

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第47講 気体(性質・乾燥剤)
  • 科目化学
  • 対象学年高2
  • コース高2 化学

チャプターを表示

  • チャプター1: れって5個で出てきたか覚えてる。気体の溶解度の時にさー塩化ナトリウ
  • チャプター2: 0円だからそして今からといてくれてるのがソーダ石灰これもよく見かける有機って
  • チャプター3: れが塩素の製法の特徴だったはず。れいこの反応式って今から私は一発で書いちゃう

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第33講 酸と塩基(4)
  • 科目化学
  • 対象学年高3
  • コース高3 トップ&ハイレベル化学<理論編>

チャプターを表示

  • チャプター1: 今日は前回の講義で加水分解というのが出てきたねそれはいったいなんだったのかって言
  • チャプター2: ここから見ていくのが酸と塩基の反応の中で1つの重要なテーマ二段滴定と呼ばれるもの
  • チャプター3: てみたらどう。アンモニアってめっちゃ水に溶けるんでしょよってが成立

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

  • 1
  • 1