化学 硝酸銀 とはの検索結果

科目

学年

コース

27

第8講 アルデヒド・ケトン
  • 科目化学
  • 対象学年高3
  • コース高3 トップ&ハイレベル化学<有機編>

チャプターを表示

  • チャプター1: 水溶液を使うアンモニア性銀。これはある金の末端三重結合の検出法と全く一
  • チャプター2: ホルム反応の反応式を書きなさいって言われるんだけどその時に何が起こってるかっ
  • チャプター3: 化還元って言うのは意外に有機だったら登場するだからちゃんと自分で半反応式が書
  • チャプター4: 全部いいと言うのは顔を打つ位置がアンモニア性と反応する銀鏡反応と言うの

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第46講 電気分解(2)
  • 科目化学
  • 対象学年高3
  • コース高3 トップ&ハイレベル化学<理論編>

チャプターを表示

  • チャプター1: 今日は前回の講義で電気分解の式の作り方を確認したらその席が作れるかどうかそしてこ
  • チャプター2: 槽2が水溶液の電気分解で共に白金電極これが与えられてるデータだねまずは一番
  • チャプター3: に一番下が電解装備で水溶液を白金電極を用いて電気分解よってまずは一番最初に

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第41講 酸化還元(3)
  • 科目化学
  • 対象学年高3
  • コース高3 トップ&ハイレベル化学<理論編>

チャプターを表示

  • チャプター1: 前回の講義で酸化還元反応に関して最終的に自分で式を作れるところまで持っていたねそ
  • チャプター2: ここから見ていくのが実際に酸化還元滴定として代表的な実験の中身だねそれが演習し覚
  • チャプター3: まずはここに関して最初の一番操作1で水溶液これは一体何のために加えてい

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第5講 炭化水素(2)アルキン
  • 科目化学
  • 対象学年高3
  • コース高3 スタンダードレベル化学<有機編>

チャプターを表示

  • チャプター1: ア8人とアンモニア錯イオンを作る組み合わせ。そこでアンモニア性銀。アンモニア
  • チャプター2: オン有機でまだカルボン酸はやってないけど三塩基中和でもさ酢酸と水酸化ナトリウ
  • チャプター3: 結合とか三重結合とか持ってるんだろうね1 abc は同じ炭素数を持つ。全部

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第6講 アルキン
  • 科目化学
  • 対象学年高3
  • コース高3 トップ&ハイレベル化学<有機編>

チャプターを表示

  • チャプター1: て行くのはアンモニアを大量に加えた。水溶液。錯イオンで書くとこーでアンモニ
  • チャプター2: ある件でもある金でもシクロアルカンでも一切やってないよねよく有機を勉強してる

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第41講 溶解度積
  • 科目化学
  • 対象学年高1
  • コース高1 化学

チャプターを表示

  • チャプター1: 銀。この塩加減っていう沈殿に関しては基礎の教科書に載ってるぐらいよく登場するも
  • チャプター2: 0.1モルパーリットルの塩化銀水水溶液0.10%5ml を加えてよく混ぜまし
  • チャプター3: ていうテーマで扱ってるのは基本的に水中で沈殿を作ると無機で覚えていく組み合わ

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第41講 溶解度積
  • 科目化学
  • 対象学年高2
  • コース高2 化学

チャプターを表示

  • チャプター1: 銀。この塩加減っていう沈殿に関しては基礎の教科書に載ってるぐらいよく登場するも
  • チャプター2: 0.1モルパーリットルの塩化銀水水溶液0.10%5ml を加えてよく混ぜまし
  • チャプター3: ていうテーマで扱ってるのは基本的に水中で沈殿を作ると無機で覚えていく組み合わ

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第23講 固体の溶解度(2)/溶解度積(1)
  • 科目化学
  • 対象学年高3
  • コース高3 トップ&ハイレベル化学<理論編>

チャプターを表示

  • チャプター1: 前回の講義で確認した固体の溶解度その答えが育った場合には一体どうなっていくのかそ
  • チャプター2: めてみてねまずは鳥には。タニタせんべいに関して0.2モルパーリットルの水溶
  • チャプター3: ここからは少し問題の中身が変わってくるね今度は硫化銅という沈殿に注目してるかどう

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第3講 酸化還元反応・沈殿生成反応
  • 科目化学
  • 対象学年高3
  • コース高3 化学<無機編>

チャプターを表示

  • チャプター1: れが3つあるから-6トータルでプラマイゼロと言うことは窒素の酸化数は+5に水
  • チャプター2: ら何か。ちょっと有機になっちゃうんだけどアルデヒドっていうところで出てくる銀
  • チャプター3: れを酸化還元の計算に使っていたりするんだね計算2対ては理論の講座で扱ってるけ
  • チャプター4: がでやって水酸化鉄酸が沈むそれを消して行ったそして最後の格好4番。4番は

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第7講 アルデヒド・ケトン
  • 科目化学
  • 対象学年高3
  • コース高3 スタンダードレベル化学<有機編>

チャプターを表示

  • チャプター1: じゃあ4アルデヒド。これにアンモニア性。アンモニアを大過剰に加えた銀。これを
  • チャプター2: じゃあ次に見ていくのがアルデヒドの異性体ケトンケトンには還元性がないなあそのこと
  • チャプター3: 式が市であるまただの元素分析アナ二酸化炭素のデータから炭素の量もう慣れたカナ
  • チャプター4: 肢の始まりが死ん H 3 ca OH r この格好がついてる時は一つ前の炭

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第10講 エステル
  • 科目化学
  • 対象学年高3
  • コース高3 トップ&ハイレベル化学<有機編>

チャプターを表示

  • チャプター1: 蟹座今回の講義で確認していくのが前回行ったカルボン酸の異性体園エステルエステルと
  • チャプター2: えて温めたところ特有の匂いを持つ黄色沈殿が生じましたこの化合物の式を書きなさ
  • チャプター3: ら丸一番は間違いそしてマルニアンモニア性水溶液中で加熱すると銀が析出するア

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第9講 ベンゼン・芳香族炭化水素
  • 科目化学
  • 対象学年高3
  • コース高3 スタンダードレベル化学<有機編>

チャプターを表示

  • チャプター1: 今回見ていくのが全然ここから先はベンゼン環を持っている化合物総称して芳香族化合物
  • チャプター2: 無機の講座を見てみてねこれが松さんの本当の姿を予想して入試。硫酸と硝酸を混ぜ
  • チャプター3: 言えるこんな風に書いたら家。三塩基中和っていう基礎の分野でもよく登場するシュ
  • チャプター4: じゃここから見ていくのがアルキルベンゼンの酸化ベンゼンにアルキル基がくっついてた
  • チャプター5: 合物 a にアンモニア性を加えて温めると銀色になった。アンモニア性

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第6講 気体②
  • 科目化学
  • 対象学年高3
  • コース高3 化学<無機編>

チャプターを表示

  • チャプター1: て変化が起こって気体+水蒸気が出てきてしまう場合とか。水に溶けない気体はこう
  • チャプター2: が出てくるこれが塩素の製法反応式は今から解いていく問題の中できちんと作ってい
  • チャプター3: くる酸化還元反応式で袴といろクマ水溶液50ml 20分量の硫化水素を吹き込
  • チャプター4: になるでこれを使ってまずはええはもうaが b がいいは終わってそしてスモ

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第24講 溶解度積(2)
  • 科目化学
  • 対象学年高3
  • コース高3 トップ&ハイレベル化学<理論編>

チャプターを表示

  • チャプター1: 話。台日の濃度の食塩水10ml これも標準溶液水溶液を用いて適正した場合終点
  • チャプター2: でいくのが無機の沈殿生成反応によって産生にした時にりゅう肝炎などは溶けるでも
  • チャプター3: てそしてここに水溶液を滴下していく出会わせるすると溶解度積が小さい塩化銀が
  • チャプター4: んだ時しか行かないよって鉄の山+の検出法として無機でチオシアン酸カリウムを加

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第4講 錯イオン生成反応・分解反応
  • 科目化学
  • 対象学年高3
  • コース高3 化学<無機編>

チャプターを表示

  • チャプター1: して電子を2つ捨てるそんなもん自ら行うわけないよね例えば熱っていう単元でエネ
  • チャプター2: なにではないから沈殿生成だけで止まっちゃうここで終了やそして最後の格好三田
  • チャプター3: 含む水溶液に関して1からさんの問いに答えなさいどれか一つのイオンだけ含ま
  • チャプター4: プリミていくのが円周四角3番5種類の金属イオン a から e があってそのリスト
  • チャプター5: 2対て与えられた式から分子量は249それを0.5グラム秤とって過剰な
  • チャプター6: いけないんだよねよく出てくる品質の物はテキスト2反応式を書いてるこれからも科

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第12講 芳香族化合物の分離
  • 科目化学
  • 対象学年高3
  • コース高3 スタンダードレベル化学<有機編>

チャプターを表示

  • チャプター1: 今日は今回見ていくのが芳香族の分離と呼ばれる有機だと最後のテーマでセンター
  • チャプター2: 練習問題演習四角を与えられてるものと同じようなえそれを書いてみた今回エーテルの中
  • チャプター3: と予想するねそして化合物 b をアンモニア性水溶液を加えて穏やかに加熱した

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第43講 沈殿生成反応と錯イオン形成反応
  • 科目化学
  • 対象学年高1
  • コース高1 化学

チャプターを表示

  • チャプター1: 中に塩化ナトリウム水溶液を準備そしてここに水溶液を加えてやるともにイオン結
  • チャプター2: 次に見ていくのが二つ目の反応錯イオン生成反応はこれだけ見ると錯イオンができる反応
  • チャプター3: まずはでっかいを使って一番最初に来るのが金属。金の中心金属って言ったりするけ
  • チャプター4: ねじゃあ行くよまずはいい。アンモニア水を加えると沈殿を生じ過剰に加えるとその

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第43講 沈殿生成反応と錯イオン形成反応
  • 科目化学
  • 対象学年高2
  • コース高2 化学

チャプターを表示

  • チャプター1: 中に塩化ナトリウム水溶液を準備そしてここに水溶液を加えてやるともにイオン結
  • チャプター2: 次に見ていくのが二つ目の反応錯イオン生成反応はこれだけ見ると錯イオンができる反応
  • チャプター3: まずはでっかいを使って一番最初に来るのが金属。金の中心金属って言ったりするけ
  • チャプター4: ねじゃあ行くよまずはいい。アンモニア水を加えると沈殿を生じ過剰に加えるとその

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第14講 芳香族アミン
  • 科目化学
  • 対象学年高3
  • コース高3 トップ&ハイレベル化学<有機編>

チャプターを表示

  • チャプター1: 香族アミンなんでもいいこの形を見て今までの有機のいろんな反応を思い出しながら
  • チャプター2: は理論の講義でね H +を投げつけるH+を投げつけて脱水して酸素を引っこ抜く
  • チャプター3: 加えると青紫これはヨウ素アンモニア性を加えて加熱すると銀が析出するにこれは

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第9講 カルボン酸
  • 科目化学
  • 対象学年高3
  • コース高3 トップ&ハイレベル化学<有機編>

チャプターを表示

  • チャプター1: の時は銀鏡反応で必ず論述してくれるアンモニア性を加えて加熱すると銀が析出す
  • チャプター2: つく。よってメタンの出来上がり無機の気体の製法デメタンの製法って言うとこでも
  • チャプター3: でちょっとエネルギー図忘れかけてる人がいたら是非理論光の講座の熱に戻って

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。