化学 芳香族 意味の検索結果

科目

学年

コース

15

第14講 芳香族アミン
  • 科目化学
  • 対象学年高3
  • コース高3 トップ&ハイレベル化学<有機編>

チャプターを表示

  • チャプター1: アミンなんでもいいこの形を見て今までの有機のいろんな反応を思い出しながら
  • チャプター2: 8月花アミンアニリンの製法に関してみりんも一発でこんなことができたら素敵
  • チャプター3: アミンアニリンに関する演習問題テキストの編集四角18有機化合物に関して次

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第12講 芳香族化合物の分離
  • 科目化学
  • 対象学年高3
  • コース高3 スタンダードレベル化学<有機編>

チャプターを表示

  • チャプター1: 今日は今回見ていくのがの分離と呼ばれる有機だと最後のテーマでセンター
  • チャプター2: れてるからね。最初の主役を加える操作1で2個と2個に分かれたのでの分離って
  • チャプター3: 次に見ていくのがテキストの演習問題演習四角にここでやっぱりエステルの構造決定って

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第15講 芳香族化合物の分離
  • 科目化学
  • 対象学年高3
  • コース高3 トップ&ハイレベル化学<有機編>

チャプターを表示

  • チャプター1: 今回のテーマがの分離が混在する時どうやって分けていくのかこれがテー
  • チャプター2: の分離に関する演習問題まずは1台目の収支額194種類の化合物 a
  • チャプター3: じゃあ分離が少し絡んでくるま総合問題かな円周の近くに謎の最初に化合物

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第9講 ベンゼン・芳香族炭化水素
  • 科目化学
  • 対象学年高3
  • コース高3 スタンダードレベル化学<有機編>

チャプターを表示

  • チャプター1: 今回見ていくのが全然ここから先はベンゼン環を持っている化合物総称して化合
  • チャプター2: 無機の講座を見てみてねこれが松さんの本当の姿を予想して入試。硫酸と硝酸を混ぜ
  • チャプター3: 言えるこんな風に書いたら家。三塩基中和っていう基礎の分野でもよく登場するシュ
  • チャプター4: ていうカルボン酸の出来上がりが残った炭素は5個に行ったのかはこんな風に連な
  • チャプター5: みていくのがに関する一代目編集四角1炭素水素酸素からなるベンゼン-11巻

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第11講 アニリン
  • 科目化学
  • 対象学年高3
  • コース高3 スタンダードレベル化学<有機編>

チャプターを表示

  • チャプター1: 今日は今回見ていくのがアミンアミンて言うのはアンモニアのお友達のようなも
  • チャプター2: っと理論の分野になっちゃうんだけどさ。凝固点降下度とか浸透圧とか言われる希薄
  • チャプター3: 次に見ていくのがテキストの演習問題演習四角に告れの構造決定のまとめと言う

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第16講 有機演習
  • 科目化学
  • 対象学年高3
  • コース高3 トップ&ハイレベル化学<有機編>

チャプターを表示

  • チャプター1: ウム水溶液を加えて完全に加水分解すると5種類の化合物 a から e の3が
  • チャプター2: が起こり酸無水物を生じましたここで一番真っ先に思い浮かべるのはフタル酸なん
  • チャプター3: ダーツギガスモール b ベンゼン環の隣り合う炭素原子を繋いだ環状構造をもつ分子式

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第2講 不飽和度 Du・有機化合物の立体構造・異性体(1)
  • 科目化学
  • 対象学年高3
  • コース高3 トップ&ハイレベル化学<有機編>

チャプターを表示

  • チャプター1: 分な手を2つ持ってるから不飽和度は。そしてちょっと先になるけどという単元で
  • チャプター2: れはと言う話の入り口でちゃんとを使って行くからねまー今回は普段の表記に合わ
  • チャプター3: わされる化合物 xrd 組成式が cH これを奪いしてやると実際の息子の

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第9講 カルボン酸
  • 科目化学
  • 対象学年高3
  • コース高3 トップ&ハイレベル化学<有機編>

チャプターを表示

  • チャプター1: っていけばに入ってフェノールとかアミンって言う時には自分で応えれるようにな
  • チャプター2: るものがくっついていくエステル化アミド蚊アミドかって言うのはになってでやっ
  • チャプター3: 応性が高く穏やかな条件でアニリンと反応して化合物 s になるこれがで触れて

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第8講 カルボン酸・エステル
  • 科目化学
  • 対象学年高3
  • コース高3 スタンダードレベル化学<有機編>

チャプターを表示

  • チャプター1: ルボン酸の酸がどのぐらいの強さなのかそれが大事ベンゼンていう所でスルホン酸
  • チャプター2: わほわと言う名前を作ってやるだけちょっとになっちゃうけどさ。カルボン酸の名
  • チャプター3: て水素が入ってないと言う事はエステル結合やこれがそのまま一番の海藤家一番
  • チャプター4: からもう郡県会を鹸化。まこれが一番の回答なんだけど鹸化だよね選択肢。変化が起
  • チャプター5: 見ていくのがテキスト演習問題集これは脂肪族の集大成だからさ少し構造決定としては難

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第10講 フェノール
  • 科目化学
  • 対象学年高3
  • コース高3 スタンダードレベル化学<有機編>

チャプターを表示

  • チャプター1: る化合物それが別に OH 以外がついててもいいんだよ4ナンバー環七だったら
  • チャプター2: じゃあ次に見ていくのが5つ目の反応フェノールっていうの OH 思ってるからある意
  • チャプター3: と c と d だったんだってこの日に関してはベンゼン環を持ってる。化合物は
  • チャプター4: じゃあ次に見ていくのがフェノールの製法フェノールって正方だけで問題になったりする

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第13講 フェノール(2)
  • 科目化学
  • 対象学年高3
  • コース高3 トップ&ハイレベル化学<有機編>

チャプターを表示

  • チャプター1: のアミンっていうところで出てくるからそこまで置いといてくれる塩化ベンゼンジ
  • チャプター2: さっきまでフェノールの製法と言うのを確認され村てフェノールは医薬品の材料であると
  • チャプター3: じゃあフェノールに関する演習問題演習の四角17最初の導入で化合物はベンゼ

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第12講 フェノール(1)
  • 科目化学
  • 対象学年高3
  • コース高3 トップ&ハイレベル化学<有機編>

チャプターを表示

  • チャプター1: 今回の講義のテーマはのフタツメ族+置換基を持っているフェノールの仲間
  • チャプター2: つ持ってん。そしてそれ以外の部分に炭素は8個。しっこ曲の中に不飽和が2つかく

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第11講 ベンゼン
  • 科目化学
  • 対象学年高3
  • コース高3 トップ&ハイレベル化学<有機編>

チャプターを表示

  • チャプター1: 今日は今回の講義から toto ベンゼンに関して使って行こうと思うよ全然
  • チャプター2: つくそれはある県と同じある県ではこんな奴がなかった参加解除。またの演習問題
  • チャプター3: じゃあベンゼンは正確にはアルキルベンゼンに関する構造決定演習問題の四角15まずは

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第5講 炭化水素(2)アルキン
  • 科目化学
  • 対象学年高3
  • コース高3 スタンダードレベル化学<有機編>

チャプターを表示

  • チャプター1: ことはアセチレンからベンゼンを作る前から医薬品を作ることができるのすべてに繋が
  • チャプター2: オン有機でまだカルボン酸はやってないけど三塩基中和でもさ酢酸と水酸化ナトリウ
  • チャプター3: 結合とか三重結合とか持ってるんだろうね1 abc は同じ炭素数を持つ。全部

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第26講 合成高分子化合物(1)
  • 科目化学
  • 対象学年高3
  • コース高3 トップ&ハイレベル化学<有機編>

チャプターを表示

  • チャプター1: いうのはもちろんビニル基を持ってるもの。だから有機のある件って言うとこで言っ
  • チャプター2: の。その材料がそのままここに書いた物ジカルボン酸テレフタル。そして c ナン
  • チャプター3: 初においてみた酢酸ビニルの作り方はさすがにもう大丈夫でしょう有機のある金って

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

  • 1
  • 1