生物 沈殿 難しいの検索結果

科目

学年

コース

18

【生物】第2講 消化と吸収
  • 科目理科
  • 対象学年中2
  • コース中2 理科(基礎)

チャプターを表示

  • チャプター1: 皆さんこんにちはああのですねだいに行こうということで今回の学習内容は消化と
  • チャプター2: それではチャプター2に入りますこのチャプター2だよねテキストの2番養分の消化でこ
  • チャプター3: 完食の殿が発生したということは頭が。言うことがわかるんですねということはですね
  • チャプター4: それはチャプター4に入りますこのチャプター4ではですねその3番ですねえー養分の吸

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第35講 免疫系(2)
  • 科目生物
  • 対象学年高3
  • コース高3 生物

チャプターを表示

  • チャプター1: でを選択してるのにこの二つの言葉どっかで聞いたことはあるんだけど区別できてな
  • チャプター2: ュウ酸カルシウムとクエン酸カルシウムが殿しちゃいますこの声登録できる。液晶から
  • チャプター3: 御行わの生存に非常に重要な気候ですと人を全て哺乳動物においては名駅は細胞性免

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第23講 固体の溶解度(2)/溶解度積(1)
  • 科目化学
  • 対象学年高3
  • コース高3 トップ&ハイレベル化学<理論編>

チャプターを表示

  • チャプター1: 溶解度の中の析出とはもちろん無水物のことでも実際はすいわぶつが出てきちゃう
  • チャプター2: ないそれが溶解度積だったね。一般的に殿だと覚えてるもの難溶性物質の場合には溶解
  • チャプター3: ここからは少し問題の中身が変わってくるね今度は硫化銅という殿に注目してるかど

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第6講 アルキン
  • 科目化学
  • 対象学年高3
  • コース高3 トップ&ハイレベル化学<有機編>

チャプターを表示

  • チャプター1: だからすぐに形を変えてアセトアルデヒドになるなぜはアセトアルデヒドただいった
  • チャプター2: いずれにしても c はこいつそしてマルコフニコフを考えたら修正はこれま近衛ノ

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第8講 アルデヒド・ケトン
  • 科目化学
  • 対象学年高3
  • コース高3 トップ&ハイレベル化学<有機編>

チャプターを表示

  • チャプター1: り除くことよだってが34安心と火星ということは取り除くのは簡単よ元気を加
  • チャプター2: 合がぶっ壊れ。そして左側はヨードホルムに。黄色殿ヨードホルムそして右側はカルボ
  • チャプター3: 同じ星が生まれてきてるからよと言うことはすでに b はまっすぐ並んでるしー骨
  • チャプター4: 側はカルボン酸のナトリウム塩に変わる。ポカそしてここから微が黄色殿 x と

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第22講 固体の溶解度(1)
  • 科目化学
  • 対象学年高3
  • コース高3 トップ&ハイレベル化学<理論編>

チャプターを表示

  • チャプター1: ーの中に殿が沈んでる時その硫黄に電話止まってるように見えるねただ実際にはその硫
  • チャプター2: ろんここでの答えは殿殿を作る難溶性物質ではなく適応性物質のことでこれが一体ど
  • チャプター3: 固体の溶解度に関する演習の資格には。最初に溶解度とは何なのかということを与えてく

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第5講 炭化水素(2)アルキン
  • 科目化学
  • 対象学年高3
  • コース高3 スタンダードレベル化学<有機編>

チャプターを表示

  • チャプター1: 正が何になるか考えてみてねじゃくつけてみるよ三重結合の部分に雲が H +と
  • チャプター2: 適性問題演習四角市アルケンとアルキンの総合演習このでこれから黒板上で構造決定をし
  • チャプター3: テキストの演習問題演習四角に abc これは不飽和炭化水素って言ってるから二重結

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第15講 糖類(二糖・デンプン)
  • 科目化学
  • 対象学年高3
  • コース高3 スタンダードレベル化学<有機編>

チャプターを表示

  • チャプター1: 今回のテーマが二糖類二糖類ていうのは担当が二つグリコシド結合でつながったものはこ
  • チャプター2: む水溶液にフェーリング液を作用させると酸化銅11モルが完全に殿するものとする。
  • チャプター3: ド基の濃度が小さすぎるからセーリング液を加えても赤色殿は出てこないということは
  • チャプター4: リング液を加えて加熱すると a と b で赤褐色の殿が見られました。フェーリン

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第10講 エステル
  • 科目化学
  • 対象学年高3
  • コース高3 トップ&ハイレベル化学<有機編>

チャプターを表示

  • チャプター1: 蟹座今回の講義で確認していくのが前回行ったカルボン酸の異性体園エステルエステルと
  • チャプター2: 示す化合物 d が生じましたのどれかわ銀鏡反応陽性だったんだってじゃあこの中
  • チャプター3: させると特異臭を持つ黄色殿析出するそうの反応溶液に塩酸を加えて酸性にするとカル

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第12講 フェノール(1)
  • 科目化学
  • 対象学年高3
  • コース高3 トップ&ハイレベル化学<有機編>

チャプターを表示

  • チャプター1: フェノール***を加えると白色殿ができるそしてもう一つ意識してもらうためにカイ
  • チャプター2: は。カルボン酸のナトリウム塩とアルコール。ただ今回ベンゼンが入ってきてるから

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第40講 酸化還元(2)
  • 科目化学
  • 対象学年高3
  • コース高3 トップ&ハイレベル化学<理論編>

チャプターを表示

  • チャプター1: から0じゃないものに変化してるはずやねん単体がどちらか反応物火星かどちらかに
  • チャプター2: 次に見ていくのが酸化還元反応の反応式の作り方。入試で一番良く書かされてるのが無機
  • チャプター3: 酸化還元反応式を作らされてる演習資格4番ここみたいに化学反応式を書くだけで一つの

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

【化学】第4講 中和とイオン
  • 科目理科
  • 対象学年中3
  • コース中3 理科(基礎)

チャプターを表示

  • チャプター1: これ水に溶けませんですので白色の殿として表示。置いといていただければなと思いま
  • チャプター2: うのは硫酸バリウム PSO 4と呼ばれる白色の殿これは水に溶けませんですの
  • チャプター3: それではチャプター3に入りますこのチャプター3はですねとの2番ですね中和とイオン
  • チャプター4: それではチャプター4に入りますこのチャプター4ではですねテキストの練習問題よくで

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第48講 電気分解(4)
  • 科目化学
  • 対象学年高3
  • コース高3 トップ&ハイレベル化学<理論編>

チャプターを表示

  • チャプター1: の結果陽極は均一に消費されて265.0グラムが減少しその下には金属が殿という
  • チャプター2: じゃ最後に見ていく工業的製法それが軽金属の製法に関して。軽金属の作り方。軽金属と
  • チャプター3: 次に見ていくのが酸化アルミニウムの融解塩電解アルミニウムの工業的製法入試で一番よ
  • チャプター4: 与えられた化学市四季の変化が起こるんだってただの形見てみてよ気づくよ。ほとん

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第9講 カルボン酸
  • 科目化学
  • 対象学年高3
  • コース高3 トップ&ハイレベル化学<有機編>

チャプターを表示

  • チャプター1: ほとんどというか示さないんだよね。赤色殿は出てこない。だからよく二酸化還元力を
  • チャプター2: じゃあ次に見ていくのが信用二重結合に対して吹奏の隣西共有電子対という形を持ってる
  • チャプター3: 使ってアミド蚊を起こしてるだけアミド。但是生学のちょっと怖いなって思ったらで

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第6講 アルコール・エーテル
  • 科目化学
  • 対象学年高3
  • コース高3 スタンダードレベル化学<有機編>

チャプターを表示

  • チャプター1: 今回から見ていくのが炭素と水素の他に酸素が入ってくるアルコールエーテルこれがこの
  • チャプター2: じゃあ次に見ていくのがアルコールの異性体エーテルアルキル基とアルキル基が酸素で繋
  • チャプター3: 怒ってもひっくり返したら同じものよって脱水性アイ。ここに二重結合ができるかこ

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第4講 炭化水素(1)アルカン・アルケン
  • 科目化学
  • 対象学年高3
  • コース高3 スタンダードレベル化学<有機編>

チャプターを表示

  • チャプター1: ここから有機化学の官能基ごとに反応を見ていく反応言われたら可能決め官能基女を言わ
  • チャプター2: ちがほとんど出てこない副生成物どちらがたくさん出てくるんですか修正になる方法
  • チャプター3: ドホルムっていう殿がね色が黄色なのまた毛豚っていうテーマが出てきたときやるから

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第14講 芳香族アミン
  • 科目化学
  • 対象学年高3
  • コース高3 トップ&ハイレベル化学<有機編>

チャプターを表示

  • チャプター1: は。である水を反応物からすでに取り除いた状態で反応は初めて行くよってカルボン酸
  • チャプター2: 8月花芳香族アミンアニリンの製法に関してみりんも一発でこんなことができたら素敵ね
  • チャプター3: アルデヒドそして炎フェーリング液で赤色殿もアルデヒドの検出アニリンは糸葉そして

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第7講 アルコール・エーテル
  • 科目化学
  • 対象学年高3
  • コース高3 トップ&ハイレベル化学<有機編>

チャプターを表示

  • チャプター1: 京都炭化水素が終わって今回の講義から酸素原子が入ってくる化合物に関してそれのテー
  • チャプター2: じゃあ次に見ていくのがアルコールの異性体の関係にあるエーテル2対てこれはこの講義
  • チャプター3: から d まずはこれらを脱水した星を書き出してみヨウ化もうこれは末端 OH

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

  • 1
  • 1