生物 脊髄 勉強の検索結果

科目

学年

コース

23

【生物】第6講 刺激と反応
  • 科目理科
  • 対象学年中2
  • コース中2 理科(基礎)

チャプターを表示

  • チャプター1: 皆さんこんにちはのですねだい六甲ということで今回の学習テーマが刺激と反応と
  • チャプター2: の感覚器官と要は脳やを結ぶ神経これを感覚神経といいますいいですかですのでまず
  • チャプター3: の感覚神経と呼ばれる神経ですねこらまと繋がっていますで普通の意識して起こる反

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第29講 神経系
  • 科目生物
  • 対象学年高3
  • コース高3 生物

チャプターを表示

  • チャプター1: 中にとってこの脊椎っていうえでかくて良い神経持ってますよっていうだねはい
  • チャプター2: 中枢神経系についてしていきましょう中枢神経系は脳とに別れるって言う話で
  • チャプター3: 京都についてしておきましょうというのは脳のさらに下の部分にある神経
  • チャプター4: 本に出たの断面図を示して反射の経路模式的に示してあることになってますどう

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第30講 神経系
  • 科目生物
  • 対象学年高1
  • コース高1 生物

チャプターを表示

  • チャプター1: 行きましょう今回は神けいけんちでしてきます神経細胞が集まってましんけど大き
  • チャプター2: 次にについてしていきましょう積水は中枢神経系のもう一つのうともう一つの
  • チャプター3: 系は一度からなり多数の神経細胞から構成されていると中枢神経系って言われたから

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第30講 神経系
  • 科目生物
  • 対象学年高2
  • コース高2 生物

チャプターを表示

  • チャプター1: 行きましょう今回は神けいけんちでしてきます神経細胞が集まってましんけど大き
  • チャプター2: 次にについてしていきましょう積水は中枢神経系のもう一つのうともう一つの
  • チャプター3: 系は一度からなり多数の神経細胞から構成されていると中枢神経系って言われたから

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第24講 発生の仕組み(2)
  • 科目生物
  • 対象学年高1
  • コース高1 生物

チャプターを表示

  • チャプター1: るのかあったのもあるけどはしてきてると思うけど原口背唇部の予定脊索域っていう
  • チャプター2: 先生についてしていきましょう目が形成されるプロセスでは誘導が連鎖的に起きる
  • チャプター3: なってるのかこの段階あまりの中では知ることは少ないと思うんだけどこの段階もち

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第24講 発生の仕組み(2)
  • 科目生物
  • 対象学年高2
  • コース高2 生物

チャプターを表示

  • チャプター1: るのかあったのもあるけどはしてきてると思うけど原口背唇部の予定脊索域っていう
  • チャプター2: 先生についてしていきましょう目が形成されるプロセスでは誘導が連鎖的に起きる
  • チャプター3: なってるのかこの段階あまりの中では知ることは少ないと思うんだけどこの段階もち

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第9講 内分泌系と自律神経系
  • 科目生物
  • 対象学年高1
  • コース高1 生物基礎

チャプターを表示

  • チャプター1: 今回は内分泌系と自律神経系についてしていきます本内分泌系と自律神経系ってい
  • チャプター2: シグナル伝達自律神経系についてしておきましょう自律神経系は交感神経と副交感
  • チャプター3: 行きましょうはい最初は血糖値の調節の問題ですねまずといの一番については本文と頭痛
  • チャプター4: 何を見たいしましょう第2問は脳下垂体のない問題だねどういう一番は視床下部と脳下垂

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第9講 内分泌系と自律神経系
  • 科目生物
  • 対象学年高2
  • コース高2 生物基礎

チャプターを表示

  • チャプター1: 今回は内分泌系と自律神経系についてしていきます本内分泌系と自律神経系ってい
  • チャプター2: シグナル伝達自律神経系についてしておきましょう自律神経系は交感神経と副交感
  • チャプター3: 行きましょうはい最初は血糖値の調節の問題ですねまずといの一番については本文と頭痛
  • チャプター4: 何を見たいしましょう第2問は脳下垂体のない問題だねどういう一番は視床下部と脳下垂

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第9講 内分泌系と自律神経系
  • 科目生物
  • 対象学年高3
  • コース高3 生物基礎

チャプターを表示

  • チャプター1: 今回は内分泌系と自律神経系についてしていきます本内分泌系と自律神経系ってい
  • チャプター2: シグナル伝達自律神経系についてしておきましょう自律神経系は交感神経と副交感
  • チャプター3: 行きましょうはい最初は血糖値の調節の問題ですねまずといの一番については本文と頭痛
  • チャプター4: 何を見たいしましょう第2問は脳下垂体のない問題だねどういう一番は視床下部と脳下垂

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第12講 誘導と発生に関わる遺伝子
  • 科目生物
  • 対象学年高3
  • コース高3 生物

チャプターを表示

  • チャプター1: 今回は誘導灯 a 8000にかかる遺伝子についてしていきますまずは誘導発生
  • チャプター2: 誘導の代表的な例をしていきましょうまずは中胚葉誘導の話ですイモリの後輩を用
  • チャプター3: 明日に架かる遺伝子についてしておきましょうテキストを見てみるとすごいたくさ
  • チャプター4: なくてめんどくさいかもしれないけど悪いしてる以上はこの長い問題文を的確

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第26講 受容器 眼
  • 科目生物
  • 対象学年高1
  • コース高1 生物

チャプターを表示

  • チャプター1: 今回は刺激の受容と反応ということでが持ってるまあ一般的な性質外から刺激を受
  • チャプター2: 目の構造についてしていきましょう意外な働きについて知るためにはまず目がどん
  • チャプター3: がしたこと錐体細胞は黄斑にいっぱいある桿体細胞は周辺部にあるでももうはんには
  • チャプター4: 見ていきましょう問題読んで行きます光を受容する感覚器を視覚器といい人は人の目はカ

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第26講 受容器 眼
  • 科目生物
  • 対象学年高2
  • コース高2 生物

チャプターを表示

  • チャプター1: 今回は刺激の受容と反応ということでが持ってるまあ一般的な性質外から刺激を受
  • チャプター2: 目の構造についてしていきましょう意外な働きについて知るためにはまず目がどん
  • チャプター3: がしたこと錐体細胞は黄斑にいっぱいある桿体細胞は周辺部にあるでももうはんには
  • チャプター4: 見ていきましょう問題読んで行きます光を受容する感覚器を視覚器といい人は人の目はカ

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第22講 カエルの発生
  • 科目生物
  • 対象学年高1
  • コース高1 生物

チャプターを表示

  • チャプター1: ないウニの体の作り方をしていてもなかなかわかんないので背骨を持ってるはや
  • チャプター2: ってるわけだから先端が脳になって歌詞とかになってるとあともう一つ目の構造とし
  • チャプター3: ことになります先鳥の皮ようで少し難しいものだけど誘導体絶対発生のする上では避

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第22講 カエルの発生
  • 科目生物
  • 対象学年高2
  • コース高2 生物

チャプターを表示

  • チャプター1: ないウニの体の作り方をしていてもなかなかわかんないので背骨を持ってるはや
  • チャプター2: ってるわけだから先端が脳になって歌詞とかになってるとあともう一つ目の構造とし
  • チャプター3: ことになります先鳥の皮ようで少し難しいものだけど誘導体絶対発生のする上では避

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第23講 発生の仕組み(1)
  • 科目生物
  • 対象学年高1
  • コース高1 生物

チャプターを表示

  • チャプター1: こういった普段のでも心がけてほしいなと思います真ん中の中層ワークのチューハイ
  • チャプター2: 次に言うとについてしていきましょう誘導っていうのは発生のプロセスにおいてあ
  • チャプター3: っぽの方が脳になって右側の方はになってえーとまあそれでもいろんな神経物。

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第23講 発生の仕組み(1)
  • 科目生物
  • 対象学年高2
  • コース高2 生物

チャプターを表示

  • チャプター1: こういった普段のでも心がけてほしいなと思います真ん中の中層ワークのチューハイ
  • チャプター2: 次に言うとについてしていきましょう誘導っていうのは発生のプロセスにおいてあ
  • チャプター3: っぽの方が脳になって右側の方はになってえーとまあそれでもいろんな神経物。

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第28講 神経細胞
  • 科目生物
  • 対象学年高3
  • コース高3 生物

チャプターを表示

  • チャプター1: 今回は神経についてしていきます神経というのはた細胞の動物が持ってるまー体の
  • チャプター2: 側転の話をしていきましょう先ほどの興奮の伝導の所で巻くで1月が出てきたねえマクド
  • チャプター3: 全か無かの法則していきましょうえ動物の体の中でこの神経痛のが一本のニューロ
  • チャプター4: 程度見えてくるはずですに問題をしっかり研いてればねそれも自分の中の学的な

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第31講 動物の行動
  • 科目生物
  • 対象学年高1
  • コース高1 生物

チャプターを表示

  • チャプター1: 行きましょう今回は動物の行動についてしていきます動物の行動動物っていうのは
  • チャプター2: ますアイス前ここで挙げた例とは具体的にそういったどういうが出すのかなと。俺は
  • チャプター3: まだ見て行きましょうかこの一番から三田行きます。昆虫のある行動に関する次でなくて

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第31講 動物の行動
  • 科目生物
  • 対象学年高2
  • コース高2 生物

チャプターを表示

  • チャプター1: 行きましょう今回は動物の行動についてしていきます動物の行動動物っていうのは
  • チャプター2: ますアイス前ここで挙げた例とは具体的にそういったどういうが出すのかなと。俺は
  • チャプター3: まだ見て行きましょうかこの一番から三田行きます。昆虫のある行動に関する次でなくて

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。

第30講 動物の行動
  • 科目生物
  • 対象学年高3
  • コース高3 生物

チャプターを表示

  • チャプター1: できましょう今回は動物の行動についてしていきますこれまでのコーデは我々
  • チャプター2: 生得的な行動についてしていきましょう先ほどの生得的な方はもともと生まれなが
  • チャプター3: とかと同じようにとかそうせいと同じようにまた陽性の表れって言うの。こんなはこ
  • チャプター4: 問題を見ていきましょう問題はミツバチの八の字ダンスの話になってますね。本当にすま

※動画音声を自動解析しているため、実際の音声と異なる場合があります。